1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. アニソン話:(78年)宝島/小さな船乗り
  4. 映画とかアニメとかゲームとか » 
  5. アニソン話:(78年)宝島/小さな船乗り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

アニソン話:(78年)宝島/小さな船乗り

まだLDってのがギリギリ主流だった頃、中古ショップの
高い棚の上に置いてあった『宝島』のLD-BOXを買おうか
買うまいか、ものすごく悩んだことを憶えています。
結局当時のふところ具合の都合もあって、泣く泣く
諦めたのですが、今思えば、こんなあっさりDVDに浸食され、
今現在はBlu-rayが広まりつつある時代、買わなくて
正解だったって言っていいかも。
といっても、今まで未来少年コナンのLD-BOXやら、
スマのライブLDやら、散々買ってはいたんですが。
(スマはDVDで買い替えましたが、コナンはさすがに…
買い替えはできとりません…。)
…本機がもう無いから、見ようがないという……。
なんだかな~。保存版にしようと思って思い切って
買うのに、破損や劣化ではない、メーカー側の理由で
見れなくなるんじゃほんっと意味ねえよ、と
ブツブツ言いたくなる時代を乗り越えて今日に至ります。
(…レコードはソノシートから、「撮る(録る)ことに
関しては、テレビのスピーカーに向かってラジカセの
録音マイクを向けて、家族に絶対しゃべるなと威嚇
しながら音だけ録ってた時代から生きております。
今や音楽はCDどころかダウンロード時代、映像は
HD画質でHDDかブルーレイ保存。嗚呼、時代って!)

…って、アニソンの話にまだ入ってねえよ!

えーと、今回は1978年10月から翌年4月まで、日曜日の
夕方に放映されていた作品です。
東京ムービー新社制作、作画監督・杉野照夫氏、演出・
出崎統氏の、あの、CMの前やエンディングで「カーッ!」と
絵が静止するヤツですよ。←わかるのか?この説明で。
前作『家なき子』の流れを汲むアニメ作品で、人の解釈と
情熱とアニメの技術でこうまで化けるんか!と思わせられる、
「宝島」なのに実に面白い(あ、なにげに毒)、名作アニメと
なっちまいました。
78年ですよ?テレビシリーズですよ?
な~のに、クオリティがハンパないです。
って、作品を詳しく紹介するコーナーじゃねえっつーに。
アニソン、アニソン!(汗)

今の人気アニメって、すぐ主題歌(タイアップが多いけど)が
コロコロと変わっちゃう印象があるけど、この頃は
ずっと通してってのがまだ多かった時代です。
OP曲が「宝島」ED曲が「小さな船乗り」(どちらも
作詞・岩谷時子 作曲/編曲・羽田健太郎)。
町田よしとさんが歌っておられました。
町田よしとさんはあの角川映画『野生の証明』の
「戦士の休息」を歌った、あの町田義人さんと同一人物で
あります。歌唱力は間違いないです(笑)。

OPは、アニメ版宝島の世界観や冒険心を見事に表現した
壮大で勇ましい、希望にあふれた曲に仕上がってます。
もう、イントロのイントロ、出だし1音で
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!」と
言っちゃうほど気持ちが高揚しちゃいますわ~。
スケールがハンパないですわ!
(コーラスが児童合唱団なのが、スケール大きいながらも
アニソンらしくてええですわ!)
でもさすが羽田健太郎センセ、サビ前にしっかり
ちょっと切ないメロディーラインを入れてらっしゃる
ところがニクイ。
小生の中では間違いなく上位にランキングするアニソンです。

OPが前に向かってひたすら突き進もうとする夢と希望の
歌だとしたら、EDは、主人公のジムが夕暮れの砂浜で
ちょっと故郷に思いを馳せてるようなイメージ。
(EDの映像もそんな感じだったですな。)
これまたアレンジも、シンプルに仕上げてるのが
いいんですよ。

歌詞は↓参照。(うたまっぷにリンク。PCのみ対応)
これまた、よ~~でけた詞です。
♪ただ~ひとつの~~…のところが特にシビレますわ。
『宝島』の歌詞

EDの歌詞は、残念ながらうたまっぷさんには無かったので、
『アニメソングの歌詞ならここにおまかせ』さんに
リンクさせてもらってます。↓
『小さな船乗り』の歌詞
※歌詞ページのリンクが切れてる場合は、トップページにアクセスして
アニメタイトル「宝島」で検索すると歌詞が出てきます。


これはアニソンの宝庫・日本コロムビアからレコード
発売されたものなので、今でもCDという形で手に入ります。
ちなみに、カラオケでも入ってるところが多いです。
(キーを合わせるのが難しいけど、OP曲は歌いきると
気持ちええです!)
手っ取り早く聴いてみたいって方は、やっぱり
ようつべなどで検索してみてくださいまし。
たぶん映像付きで見られるんじゃないかと思います。

この作品は、87年に劇場用アニメ(再編集版)としても
公開されたのですが、ジムとシルバーの声優さんが
変わっちゃって、残念なことになってました。
なんか理由があったのかは忘れたけど、何もなければ
テレビ版のキャストのままでよかったのに…。
やはり最初の声に擦り込みされてるんでねえ…。
ジムの声。野沢さんは大好きだけど、ここは清水マリさんだろ!
ジョン・シルバー。羽佐間さんは…ちょっと違う~!
ここはやっぱり若山さんだろ!!

そんなこんなで、テレビ版が一番です。

たぶん、今見たほうがもっと感じるものがあるかも、
そんな思いにさせられる、主題歌・本編ともに
ほんによ~でけた作品です。

OPもEDも、大好きなアニメソングであります!

「宝島」OP・ED収録のCDは以下の通り。

    
↑このアルバムには、町田よしとさん歌唱の宝島の
挿入歌も収録されとります。

    
↑小生が先日買ったうちの1枚がこれ。
 OP・EDともに収録。
 高品質CDだそうです。
 音のひずみが少ないのでしょ~ね。


/MARU

関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Page Top

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。