1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 『ウルトラミラクルラブストーリー』。
  4. 松山ケンイチ » 
  5. 『ウルトラミラクルラブストーリー』。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

『ウルトラミラクルラブストーリー』。

ようやく見てきましたよ、『ウルトラミラクルラブストーリー』。
福岡まで列車で行ってきましたよ~~ん。

以下、ネタバレ無しっす。

面白かったっすね~面白かったすね~面白かったっすね~!
2回見てきましたよ。ビバ!水曜レディースデ~~~!!!
なんつ~、攻めな映画なんだろう。新人監督の強みってのを
思いっきり見せつけられたような、特にエンディングに向かうに
つれ奇想天外さを増し、よりによって最後の最後に、見る側に
挑戦状を叩きつけて、まるでこの映画の主人公の陽人のように、
笑いながら走り去られちゃったって感じで、見てる者が
その場に取り残されたような感じで終わるのであります。
画面が暗転して、100Sが歌う主題歌「そりゃそうだ」に合わせて
スタッフロールが流れる間、最後の数分の展開に関しての解釈に
脳みそがフル回転するか、または人によってはあまりの
シュールさに脳回路がシャットダウンされ、「呆ける」ことに
なるだろうなこの映画(笑)。
小生はおおいに気に入りました。

といっても、全てを納得するには、横浜監督の頭の中を覗く
しかないと思う部分もあります。常識として起こりえないことが
陽人の身に起こるんだから。
ファンタジーとして見るには周りの人たちがあまりに普通で、
陽人の奇行にも慣れたもんでどこか淡々としていて。
(それが長年陽人を見てきた人たちの、付かず離れずの距離感が
絶妙でリアルなんだよね。)
それに、根本にはシュールさが漂っており、ラストでそれが
全開になるから、後半でもうお手上げ~な人もいらっしゃる
ことでしょう。
普通の恋愛ものとして見ると痛い目に遭います、はい(笑)。
自分でいろんな穴埋めをしつつ線を繋げていく作業が必要なのは、
ついこの前見たICWRと同じタイプの映画と言っても過言では
ないかも。

特に、ラスト数分が秀逸(逆に思う人もいるでしょうけど)。
何故こういうラストを用意されてたのか。
解釈は一つに留まりませんのよ。それがまた面白いですよね。
あ~だからこうだったんじゃないか、そ~思ったからこうなったんじゃ、
とか、本当にディスカッションしたくなる映画。
気に入りましたよ。

で、この全編津軽弁(ちがうのは町子先生だけ)の映画。
方言が聞き取れないのではという若干の不安はあったけど、
(確かに地元の園児のほんまもんの津軽弁はちょこちょこ聞き取れ
なかった部分はあれど)、映画見るうえでは殆ど支障ないっす。
すぐ慣れますよってに。
あの女の子二人組の園児さんには、助演女優賞を差し上げたい気分。
で、陽人役の松ケンくん。
………この人が演じたからこそ、この映画は余計に輝きを増した、
そう確信しとります。
監督の松山ケンイチ起用は大正解だったと思います。
ありゃ欲目無しで、この人しかできないわ…(@陽人)。
陽人みたいなコがすぐ側にいたら、しょっちゅう振り回されてる
気がしそうだし、自分のエネルギーを全部吸い取られてるんじゃ
ないかってほど疲れそうだけど(笑)、可愛い(見た目がという
意味ではない)し、どこかほっとけない。
あの津軽弁のイントネーションで「お~ね~が~い~!」なんて
言われたら………やってあげるしかなくなるやんか(笑)。
本当にこの俳優はどこまで魅力的な演じ方をするんだろう。
なんでこんなに地に足がついた、確かにそこに存在する
個性ってのを彼は生み出せるのだろう。
なんか変だけど、ストーリーと関係ない部分で感動して
泣きそうになることがあるんですよ、役に、その息づく
キャラの存在に感動して。活きたキャラのその存在が
嬉しくて。
だからして、彼の演じるその役を、わざわざ遠方まで交通費を
払ってでも、映画代を払ってでも見たくなるのですわ。
金を払ってでも観たい俳優、それが松山ケンイチ。
役以外ではもっさい、バカ正直で不器用そうな兄ちゃんなのになあ(笑)。
沢山引き出しがある俳優ってんじゃなくて、その都度新しい
引き出しをトンカントンカン作っていってる俳優だと小生は思いますわ。
きっと、脳内引き出し職人なんだな、彼は。

麻生さんとのコンビネーションもよかった。
(しっかし町子先生は耳がいいのか、最初から方言をしっかり
ヒアリングできてたなあ。すげ~。)
また近いうちに共演してほしいなあ。

とりあえず、見た勢いのまま書いてみやした。

あ~、早くDVD出てほしい。
というか、遅れてでいいから地元の映画館で上映されないかな。

あ、その昨日見た映画館の話もしたかったんだった。
ということで、またあとで。

いや~、映画って本当に面白いものですねっ!
横浜監督はこの調子で、守りに入らず作っていってほしいですね。
…見た目は全くこういう作品作っちゃうような感じじゃない
ところがまた………面白いです。


P.S.
Mr.BRAIN関連で、キズナ食堂の前の天気予報でも
出演者が登場してる情報、ありがとうございました。
そんなところにも出てるんすか!(笑)
さすがにその枠はローカルの天気予報に切り替わるので、
こっちでは流れてないようです。残念!

/MARU
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Page Top

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。