1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 土曜の松り『銭ゲバ』。
  4. 松山ケンイチ » 
  5. 土曜の松り『銭ゲバ』。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

土曜の松り『銭ゲバ』。

はい。この1月期、毎週一番の待ち遠しい番組に
なってる『銭ゲバ』。
スマ特番が終わってからすぐ見ましたよ、第三話。
(実はCM中に気になってちょっと銭ゲバにチャンネル
合わせたら、瞬間的に見入っちゃってチャンネル戻すの
忘れかけましたのよ……。あぶねえ…。風太郎の
吸引力、 ハンパねえ…。)
以下、ドラマそのものの感想とはちょっと違うノリだとは
思いますが、初めて長々書いてみますよ。

風太郎は、まるでデスノートの月のごとく「もう後へは
戻れない」人。心の支えであり、自分が唯一守りたい
人だったお母さんが亡くなったあの瞬間から、彼の
人生の歯車は完全に来るってしまった。本来なら、
それでもまだ立ち直るチャンスがあったはずなのだ。
幾通りも。
でも、子どもの彼が受けた傷は、人が思い計るよりも
はるかに、左眼に残った傷よりも深く大きい、
修復しようのない傷だった。
彼の壊れた心は、尖った破片となって周りを傷つけ、
その怒りはすべてお金に向けられた。

なのに、ことの原因のひとつである「父親」は
殺せない。どんなにひどい父親であっても、風太郎には
たった一人の肉親であり、今の風太郎には苦痛でしかない
「父親らしくしてもらった」記憶が残っている。
食卓を家族で囲んで笑っていた、幸せだった記憶が、
今だに風太郎を苦しめ続ける。完全に鬼になりきれない
風太郎のアキレス腱は、このどうしようもない、でも
風太郎にとっては唯一無二の存在である父親だという
ことは間違いない。

…なんて格好良く書いてみた(つもり)だけど、ほんっと
蒲パパには本気でムカつきますわ~(桔平さん、あ~た
上手すぎますぜ)。
ただ、酒浸りのいい加減なオヤヂにしては、やっぱり
垢抜け過ぎてる気がするなあ。いや、あのオヤヂの息子
だからこそ、風太郎も見た目(パパよりかなり怪しいけど…
髪が鬼太郎系だし)が良いのかもしれんけど。
それを考えると、キャスティング的には納得するんだよな。
美人のママにダンディーなパパ…。
しっかし、松ケン扮する風太郎は歯車が狂いまくった
人間なのに、なんて強烈に人を引きつけるキャラであることか。
小生は今回の風太郎というキャラは(彼のやってることは
さておいて)どストライクなもので、余計に吸い込まれ
まくっとります。
今回もまた、見た後は朝まで眠れなかったもの。
ホント土曜放送でよかったわ、このドラマ。翌日休みで
ないと、身体がもたん。
どこかのブロガーさんが「松ケンはメイクすると色気が
増す」と書かれてたのを読んだけど(メイクしなくても
凄いことも多々あるんだけど、まあそれは置いといて)、
確かにそれもわかるんす。
松ケンの色気というより、これは「風太郎」の色気なんだ
よなあ。この色気があるからこそ、茜が急速に風太郎に
惹かれていった理由も納得なんすよ。
同じように顔にコンプレックスあって、気持ちわかるよ、
ぐらいではねえ、まだ説得力に欠けるもの。
茜に話しかけるときのあの声色や口調とか、微笑み方とか、
どこか切なげとか、可愛い焦らし方とか(なんだあの舌は。
なんなんだあのべ~はっ!けしからん。三国家内で着てる
服さえもけしからん。)恥ずかしいから耳塞いで愛を語る、
勝手に名付けて『ボクはシャイだからこうするよ攻撃
(実は本音の毒吐き攻撃やけど)』だって、一見若い
カップルの微笑ましいイチャイチャっぷりなワケですよ。
ありゃたまらんですよ。あんな甘い口調で、優しげに
微笑んで、綺麗な手で顔を包まれ(耳おさえられ)…
あんな顔近づけて(本音本当は聞こえてるだろ!と
ツッコミたくなるけど。「結婚しよう」ぐらいは唇の
動きで読みとれるだろ!とツッコミたくなるけど)。
キスの角度まで、先ず後ろからだぜ、後ろから、
ノソ~っだよ?
あんなんされたら、腰砕けなちゃうよねえ、茜ちゃん。

Lの時は松L特有の色気(素の松ケンでは味わえない
独特の雰囲気での色気)があったし、なんつ~か、
醸しだすものまで役で変えてくるこの男は一体何なんだと、
ますます松山ケンイチに目が離せなくなってしまった小生。
ほんっと面白い役者さんです。

ストーリーに関してのまともな感想は、やっぱり全部
見てから語りたい…かな。
やっぱり原作読もうかな…って気になってますよ。
でも、買いたくないんだな…。←わがまま。

あ、書きたいツボがあったんだった。
二話なんだけど、三國家に呼ばれて、三國パパが風太郎と
ご対面、印象最悪だったシーン。トイレに行くと部屋を
出て、立ち聞きしてた茜の後ろ姿をめっけた瞬間の
風太郎の表情。
あれで、咄嗟に茜に援護射撃をさせようとその場で思いつく
様子がよくわかりますね。(元から緻密な計算の上じゃなく、
風太郎はけっこうその場で必死に頭を働かせて悪巧む
人であることがうかがえます。)
あの、不利な立場を逆転できるかも、な思いつきの
表情、ほんの一瞬のシーンだけど、あの表情だけで
風太郎の策略の意外な大まかさ(笑)がうかがえて、
「上手いな」と関心させられたのであります。
そう、松ケン自身もインタビューかなんかで言ってたけど、
風太郎はべつに天才でもなんでもないんですよね。
狂った歯車を戻せないまま、精一杯考えをめぐらして
生きてる、必死な人間。許される行為ではないのに、
どこか彼を応援したくなるような衝動に駆られてしまうのは、
(風太郎の過去を知ってしまったってのあるけど)
その彼の必死さがストレートに伝わってくるからだろうな。
…と、僅かあの一瞬のシーンだけでいろいろ考えさせられ、
役者と演出に感心させられた小生でありました。


いよいよ来週、『デトロイト・メタル・シティ』の
DVDが発売されます。
15日は久しぶりに鑑賞会をやる予定。
DMCの特典映像も4時間越えるらしいからメインはそれ
だけど、他にもいろいろ、カメレオン兄ちゃんの映像が
見れたら楽しい…かな。
散歩者くん、他に見たいのあるけ?←ここで聞くな。

え?シャワーシーンに触れてない?
言わずもがな(笑)。


/MARU

関連記事
スポンサーサイト

Comment

見たいの

スマで何かあったんだけど、思い出せないし
特典が4時間以上もあるんだったら
もう、そっちだけでいいや~(笑)
食べものは、チーズタルトとなすびでOKデスカ?

  • 散歩者 [#CS26Kst2] |
  • URL |
  • 2009 02/05 (Thu) 09:28
  • Edit
Re: 見たいの

確かにスマでなんか見ようって言ってたのが
あったよねぇ……なんだったっけ……。
メモしてなかったから忘れた(汗)。
あ、みるめは見よう。人セクのみるめ。
全編見る時間が無くても、例のあの人に見えるシーンとか。
で、チーズタルトとなすびて(笑)。

って、何故コメで鑑賞会の中身の相談をやっとるんだ(笑)。

  • MARU [#-] |
  • URL |
  • 2009 02/05 (Thu) 11:07
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Page Top

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。