1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 結局はヴァルディアでした。
  4. 雑記 » 
  5. 結局はヴァルディアでした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

結局はヴァルディアでした。

下の記事にもチラッと書いたけど、新しいDVDレコを購入しました。
本体とは明日、日曜の夜にご対面予定です。

ええ、ブルーレイではありません。うちのテレビがまだ分厚いヤツって
こともあるし(テレビは、壊れるかアナログ放送終了年まで粘って使う気)、
現在進行形の画質重視のブルーレイのよりも、小生は今まで撮ってきた
ディスクにも優しく付き合ってくれるレコが欲しかったから。
(というか、ハイビジョンまでの画質を自分が求めてないんですよ。
 家がそういうハイクオリティーな環境でも全然ないし。
 そこそこ見られればいい。それより、自分が見たいと思う映像を
 自由に見て遊べたほうがいいので、そっちを重要視してしまうんです。)

ここ何日間か、一番馴染みのあるパイオニアの、去年生産終了した機種を
探して状態のいいものを購入するか、ブルーレイ(この場合はSONY)に
するか、それともHDDとディスク相互の編集機能を充分残している
TOSHIBA VARDIAの最新機種にするか、ネットで調べたりパンフ見たりで
検討しまくりました。←電器屋の兄ちゃんにも聞いてみたけど、ありきたりな
回答しかなくて(調べてくれる気無しだしさ)、「もういい、自分で探す」
と思いましたよ…。
ブルーレイは元々そんな購買意欲が無かったこともあって(もうちょっと
後でいいやと思って)すぐ却下したけど、パイオニアとTOSHIBA VARDIAは、
ギリギリまで悩みましたよ…。
パイオニアが、去年までの機能をそのまま継承している機種をまだ出して
いれば、それに飛びついたんだけどね……。やっぱり中古のレコは、
美品といっても後々故障を起こしたときに面倒だなあと、最終的に躊躇。
ちゃんとした中古販売のところは、1ヶ月~半年の保証はあるけどね。
半年って、すぐじゃん(笑)。
それに、小生の望む機能を備えてるパイ機種は、時期的にギリギリ
「ダビ10」ハズレ組なのだ。コピワンなのだ。

結局、パイオニアほどのサクサクな便利感と丈夫さは欠けるにしろ、
編集マニア向けの機能を維持した VARDIAの最新機種を購入することに
したのであります。←予算的に一番上のランクを買うの無理やったけど。
まあね、自作-Rのバックアップはパソでもできるからね。
そこは妥協しましたよ。

…現在VARDIA使いの方に聞いてみたいことが。
小生は今までVARDIAで-R(ビデオモード)を作成したことがあまり
無かったので、先日ちょっとやってみて気づいたんですが。
HDD上で(CMを切るなどの編集をしてプレイリストを作って)
-Rに焼いたとしますね。
……出来たーRを見ると、編集点がズレて、切った部分の一部が残って
見えてたりするんですが……、これをキレイに切るにはどうすれば
いいんでしょうか?
編集点がズレる理由はわかってるんです。VRとビデオモードでは
編集点の単位が異なるから、必然的に0.5秒前後にズレてしまうんです。
ダビする前に、HDDでプレイリストを作る時点で、そのズレを
調整できる(最初からビデオモードの編集点で要らない部分を切る)
術はないのでしょうか?

…なんか、こういうことを書いてると、パイももう一台確保
しておきたくなるマニア心でありました…(そんな金なんかもうねえよ)。

これでようやく現レコを修理に出せますわ。
…あ、HDDに溜まってるのは、どうすんべ……。


最近、ケータイ依存症の話をよく見聞きするけど、小生はレコ依存症だなや…。
ケータイは見るときは見るけど、どうかしたら何処に置いたかも
忘れて半日過ごすこともありますでね…。

小生のレコ遍歴
SONY(レコ1号機・HDDなし)→パイオニア(80G)→
パイオニア(160G・現役)→Victor(250G・VHS付き
昔の映像の保存作業用)→TOSHIBA VARDIA(600G・現役故障中)→
TOSHIBA VARDIA(500G・新入り)


/MARU
関連記事
スポンサーサイト

Comment

一応ヴァルディア使いです(笑)

 今日初めてレコ選び顛末を知って、まだコメントがついていないようなので、出てきました。
 「ヴァルディアにはならないだろーな」って思ってたので、以外でかつとてもうれしいです。何しろ私は、ダビング10対応機としてもヴァルディアを購入したので、現在ヴァルディア2台使用中なのです。RD-S601で、-Rに地デジ画質で落とす機能は付いてないやつです。以前マルさんにも指摘されましたが、画質が良くても将来的に互換性のないディスクになるの恐くて…。

 ところで、本題の-R作成時のゴミですが。
ごめんなさい、実は地デジはvideoモードで-Rに焼くことができないので、もっぱらVR画質で-RAMに落とす専門で、私自身録画したもので-Rは作ったことがないのですが、アナログで録画したものを焼くのですか? 以下の方法でできませんか?
知ってることだったらごめんなさい。

 マジックチャプター/本編を「入」にして録画する。
編集ナビのチャプター編集で、クイックメニューからチャプター境界シフト→GOPシフトモードを選ぶ。
チャプター境界を移動して保存。
プレイリストを作る。

以前、マルさんは「チャプター境界シフト機能」は使っていないとのことだったので、もしやと思って…。

 なお、チャプター境界シフト作業は、慣れるまで結構大変です。こつは、1番下の画像のどれかを選択中は、チャプター変更に対してはコマキーだけが有効で、画像から抜けると変更確定になることです。

 それでは取り急ぎ報告まで。

  • みゆき [#ij3X3XsI] |
  • URL |
  • 2008 12/10 (Wed) 08:16
  • Edit
>みゆきさん

どもども、丁寧なレス、誠に誠にありがとうございます。
小生が-R(ビデオモード)で落としたいという映像は、現テレビ番組では
なくて外部ラインで録画したものや、すでにVRモードで保存されている
ディスクの映像を書き戻したものです(いずれもコピーフリーの映像)。

なので、もともとチャプターがすでに付いているか、手動で
チャプターを打つことになるんですが、フレーム単位でチャプターを
打つもので、それをビデオモードでダビングすると、少しズレが
生じて、出来上がった-Rで見てみると、消してたはずのCMのカスが
残ってたりするのです。

「チャプター境界シフト機能」ってのは選択しなくて、
再生させたその場でチャプターを打つことが多いので、
ちょっとその辺の機能をいじってみようと思います。
ひとつのことをやるにも、何通りかあるのがヴァルディアの
面白いところですよね。

参考になりました。また結果報告しますねん。
ありがとうございました!

  • MARU [#5mDArN1A] |
  • URL |
  • 2008 12/10 (Wed) 18:32
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Page Top

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。