1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 松ケンのお仕事鑑賞履歴書(ドラマ・映画)08/11/01版。
  4. 松山ケンイチ » 
  5. 松ケンのお仕事鑑賞履歴書(ドラマ・映画)08/11/01版。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

松ケンのお仕事鑑賞履歴書(ドラマ・映画)08/11/01版。

これは、松山ケンイチ氏が出演したドラマや映画を
小生がどんだけ見て、どう思ったかを簡単にまとめてみた
ものであります。
見た作品が増えたり、新たに書き加えたい事があるたび
更新していきます。
たぶん、ネタバレに関しては大丈夫ではないかと思います。
(作品のレビューをってことではないのでね…)

今は、2008年11月1日現在のものとなっております。
長いうえ、改行などがケータイで見るには不向きでは
ないかと思いますので、ご注意下さいまし。

【テレビ】
NTV 「ごくせん」(2002年4月クール)

 OA時未見(2~3話ぐらいは、ながらで見てたかも)。
 今はいつでもレンタルできると安心しすぎて未見。
 あ、卒業SPだけはレンタルで見た。
 どこ~どこ~、あ、いたいた~。←安心して終わり。

NTV 「東京庭付き一戸建て」第1話出演(2002年7月)
 未見。VHSでは出てたみたいだけどDVDにはなってないんだっけ。

NTV 「メッセージ」第7話ゲスト出演
 未見。どんなドラマなのかさえも全くわからん。

TBS 「キッズウォー スペシャル」 黒田役 (2003年)
 気になってたんで、中古DVD買ってみた。ちょい役だろうと
 思ってたら、けっこう出番があってびっくり。
 不良グループのリーダー?の役で、悪い悪い(笑)。
 お芝居はまだやりなれてない感があって、それはそれで
 いい味になってる。やっぱりなんだかんだ言っても、
 キレイなコだなと思った。

TBS 「BE BOP HIGH SCHOOL」 川端純役 (2004年)
 見た。最近CSで見た。主役の取り巻きメンバーの一人って
 感じ。リーゼントだリーゼントだ(笑)。

東海テレビ系 「リターンマッチ~敗者復活戦~」 (2004年)
 未見。ドラマだったのね、これ。

フジテレビ ディビジョン1「彼氏宣誓!!」 (2005年7・8月)
 未見。これもドラマだったのね。

フジテレビ 「1リットルの涙」 (2005年10月)
 見た。といってもほんのチラッとだけど。バスケ部の先輩やった。
 今年再放送されたんだけど、1話見てあ、出てる…という
 確認だけで終わった。

フジテレビ 翼の折れた天使たち 第2夜「ライブチャット」 (2006年2月)
 レンタルで見た。その後DVDを中古で購入。主演は堀北真希ちゃん。
 これは好きだなあ。話すと完全ネタバレなるから内容に
 触れられないんだな。

NHK 「マチベン」 第一話ゲスト (2006年4月)
 レンタルで見た。放火犯の浪人生(だっけ)役。
 居そうよね、こういうタイプ…ってな感じ。
 この頃から手のアップが…すんばらしい域に達してるな。
 まだデスノ公開前なのにな。
 ゲスト出演って扱いだからか、出番はけっこう多いっすね。
 犯人だからね。裁判されるからね。

NHK 5夜連続ミニドラマ「その5分前」
 ~1夜目「或る夜の出来事」~ (2006年12月)

 …低画質の動画で見た。これは綺麗な映像で、ちゃんとテレビで見たかった。
 レンタルビデオ屋の兄ちゃん役がキュートすぎる。原田知世も
 かわいいんだなこれが。5分ドラマながらもマギーさんの粋な脚本も良い。
 このシリーズ、DVDにしてほしい。無理なら、12月からのNHK
 オンデマンド配信で見られるようにしてほしい。
 ちゃんとした画質で、大きさで見たい~~!

NTV 「セクシーボイスアンドロボ」主演 (2007年4~6月)
 見た。これは本放送時には全部見きれなかった(そこまでハマッて
 なかった)けど、後からジワジワ。ロボとニコは1話ごとに何か
 たいせつなものを教えてくれるんだよ。ただ、雰囲気には好みが出るかなと
 いう気はするけど。BOX買って損はなし。
 ただ、「この二人のどこがスパイ?」という疑問は最後まであったな(笑)。
 原作とはかなり違うのでしょうな。きっと。
 ちょうどOA時に起きた某事件とシチュエーションが似てるからと、
 第6話だったかのOAが見送られたのが残念だったけど、DVDにはしっかり
 収録されてるから嬉しい。
 そしてLとは180度キャラが違う松ケンのロボぶりがツボる。

【映画】
「アカルイミライ」 黒沢清監督(2003年)

 レンタルで見た。出演:オダギリジョー、淺野忠信。
 後半に、不良高校生グループの一人として金髪松ケン登場。
 台詞は殆どゼロだけど、エンディングで集団で道路を歩いていく
 姿はなんだか印象的。
 個人的には、このテの淡々とした、登場人物の心理が読みにくい映画は苦手。
 だけど、秀作と評価が高い作品なんだよね。

「完全なる飼育 秘密の地下室」 水谷俊之監督(2003年)
 未見。たぶん、一番悪い松ケンが見れる映画ではないでしょか。
 でもなんか借りにくくもあり(笑)。

「偶然にも最悪な少年」 グ・スーヨン監督(2003年)
 どこに出てたんだろう…。てなほど、わかんない(笑)。

「KAMACHI」 望月六郎監督(2004年)
 レンタルで見た。悪い松ケン第二弾(ワンシーンのみ)。
 でも、本当に悪いことしてる場面は描かれておらず。
 若くして亡くなった実在の人物をモデルにした映画だけど…
 お涙ちょうだいにしてない作り方は評価に値すると思うけど、
 う~ん、何がいいたいのか、これ見て何を受け取ればいいのか、
 伝わりにくい。

「渋谷怪談2」 堀江慶監督(2004年)
 レンタルで見た。堀北真希ちゃんと共演。
 恐い映画なんだけど、松ケンは可愛い(笑)。
 カラオケで「33回転」歌ってるシーンが見られるけど、
 ここもまた恐いシーンなんで、カラオケシーンだけ見たいなら
 レンタル版に入ってる特典映像のメイキングを見ることを
 おススメしやす。インタビューも入ってるんで、当時の
 心境が知れてオイシイ。

「茶の味」 石井克人監督(2004年)
 最近やっとレンタル。CSでも散々放送されながらも見る機会が
 なくてやっと。ちょろっと出てくる赤いTシャツ着たマツカン先輩(笑)は、
 横顔の口のとんがり具合で「あ、松ケンだ」と確認できるのがなんか
 楽しかった。
 後輩(役の子)を容赦なくベチベチ叩いてたのが笑える。
 ついでに。つよっさん(草なぎ剛)もカメオ出演してたりして。
 つよっさん出演シーンのアニメが最高にバカバカしくて良い(笑)。
 それも、それを作ったのがあの人(一応伏せとく)ってことに
 なってるのが余計に可笑しい。

「ウィニング・パス」 初主演 中田新一監督(2004年)
 近所のレンタル屋に無かったもんで、ネットでレンタルして見た。
 ……松ケンが初々しい。ものすごく可愛い。こんな可愛かったんだって
 ほど、可愛い(笑)。いや、ホント可愛い(←もういい)。
 で、監督もどっかのインタビューで言ってたけど、このコは
 やっぱり目がええです。
 こりゃDVD買いだろ!…です。
 この車椅子バスケで共演した人たちとは、今だ連絡取りあってる
 らしいと雑誌で読んだ記憶が。
 DVD買っちゃおうかな。映像特典は無さそうだけど。
 
「リンダ リンダ リンダ」 山下敦弘監督(2005年)
 ほんの何分かの告白シーンに「マッキー」役で登場。
 ものすごくたどたどしくハングルを喋って、なんとか愛を
 告白しようとする高校生ぶりが……可笑しい。 

「NANA」 ベーシスト シン役 大谷健太郎監督(2005年)
 半額で新品DVDゲット(笑)。原作ファンのイメージからは
 程遠いんだろうな、な松ケンシンちゃんだけど、NANA役の
 中島美嘉ちゃんがシンちゃんを絶賛していたからイイのだ!
(コメンタリー参照。)それに、原作の可愛さとは違うだろうけど、
 松ケンシンちゃんはとても美人さん(に見える)。
 ライブシーンは格好良すぎる。個人的には満足。
 でも、映像特典の舞台挨拶のときの松ケンの服装は理解不能(笑)。

「不良少年(ヤンキー)の夢」 花堂純次監督(2005年)
 DVD持ってるんだけど、まだまともに見てない。
 見たいのに。若い頃のヤンキー先生をどう演じているのか…。
 ながらでなくて、ちゃんとキチッと見たい作品。
 リーゼントキャラ、二人目だね。それも今回は主役。
 とてもウィニング・パスの可愛いコと同一人物とは思えない(笑)。
 近いうちに必ず見るぞ。

「カスタムメイド10.30」 ANIKI監督(2005年)
 レンタルで見た。木村カエラ&奥田民生出演。ライブドキュメントと
 ストーリーが混在した面白い作りだけど、映画として本当に
 面白いかというと、そうでもないなあ(笑)。
 二人のファン向けかな?
 ここでも松ケンはリーゼントやんか(笑)。おもいっきり
 脇役だけど、主役のカエラちゃんにチュウされてたな
(ロングショットだったけど)。
 メイキング版もレンタルされてたから見たけど、こっちには
 全く松ケンの影もなく。

「男たちの大和 YAMATO」 佐藤純彌監督(2005年)
 DVDを中古で買っておきながら、先日テレビでやっと初見。
 内容が内容だけに見るのが辛いんだけど、実質、これは松ケン
 扮する神尾が主人公だったんですな。年老いた神尾を
 仲代さんが演じてるのことに一番ビビッた。
 鼻のホクロは成長とともに取れたのか?などとくだらないことを
 考えてごめんなさい。そうでもしないと見れなくて。
 この映画で、松ケンは中村獅童&反町隆史に懐いたもよう(笑)。
 
「親指さがし」 熊澤尚人監督(2006年)
 松ケンが出演したホラー2作目。といっても、渋谷怪談ほどの
 恐さはない。情緒的っていうか。短髪メガネの、ちょっと神経質そうで
 地味な出で立ちの松ケンが見れる。ちょうどと言っては何だけど、
 この時の松ケン、ちょっと肌荒れを起こしてるのが役にマッチしてて
 かえって良い効果に。そこまで計算してはいないだろうが…
 (してたらホントに恐ろしい子だ。)
 これをきっかけに、V6の三宅くんと仲良くなったんだったね。

デスノート」前編・後編 金子修介監督(2006年)
 公開前に原作読んでた。最初WSで見たときに、あまりに見事なLの
 三次元化ぶりにびっくり。ここでやっと松ケンの存在を認識した
 という記念すべき、ちゃんと映画館に足を運んだ作品。
 映画版オリジナルの演出とエンディングは見事!よくまとめた!と、
 思わず拍手したくなったほど。
 主要のキャスティングは全て気に入ってる。
 そして松Lは、見た瞬間より後からのほうがジワジワくる。
 いろんなシーンを思い返しては、またどうしても見たくなる。
 当時は、松ケン表紙の雑誌とか見つけたら(まだファンってワケでも
 なかったのに)吸い寄せられてたなあ(笑)。←今は、その時素直に
 買っておけばよかったと後悔しまくってるけど。
 DVDのコンプリセットは発売日に購入。
 ALL PLAYで出現する冒頭のコメントや、特典映像での
 藤原&松山の面白コンビぶりが可笑しい。

「ユメ十夜」10夜目 山口雄大監督(2006年)
 公開時、たぶん地元に来てなかったんじゃないかな、この
 オムニバス映画。
 全然知らずに松ケンにハマってからレンタルした作品。
 食事中の人には勧められない内容ではあるが(笑)、着流しパナマ帽の
 松ケン庄太郎は、一見の価値有り。こいつは本当に化ける、そう
 確信させられた作品でありやす。
 夏目漱石の「夢十夜」が原作だけど、全く別物と思って見たが楽しめる。
 DVDほしい。

「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」 澤井信一郎監督(2007年)
 中古の豪華版を購入。本編はどのキャラにも感情移入できないまま…
 個人的には面白くもなんともない映画に思えた。
 松ケンのジュチも思ったより出番少なく…、馬に乗って矢を射るシーンは
 本編では見事にカットされてたという悲しい現実が。
(豪華版DVDの特典ディスクでカットシーンが拝めまする。)
 特典ディスクやメイキングDVDで、先輩俳優の間で揉まれる松ケンを
 見るのが楽しかった。

「神童」 萩生田宏治監督(2007年)
 限定版DVDを購入して初めて見た。
 人によっては淡々として捕らえどころのない作品に感じるかも。
 でも全体的に「音の流れ」を感じるような間の作りが、なんか好き。
 試験でピアノを(うたが乗り移ったように?)実力以上の力で弾く
 和音(ワオ:松山)のシーンと、ラストの連弾のシーン(表情)が
 すばらしい。
 和音の吹き替え&指導を担当したピアニストの清塚さんと松ケンは
 これが縁で親友になっちゃったのね。
 松ケンは共演をきっかけにお友達を作る率が高い気がする。

「ドルフィンブルー ~フジもういちど宙へ~」 前田哲監督(2007年)
 限定版DVDを購入。松ケンのフォトブックも付いててラッキー。
 (このDVDは、松ケンをアイドル扱いしている気がする…笑。)
 若き獣医役だが……ほっそいなあ~~~~~。←感想これかい。
 元が実話なんで、内容がどうとかってより、イルカの名演技と、
 自転車こぎまくったり、イルカ相手に本当に自然に笑みがこぼれてる
 松ケンに癒されまする。

「サウスバウンド」 森田芳光監督(2007年)
 レンタル。なんか賛否両論な作品のようだけど、小生は面白かったな。
 破天荒な役をやらせたら、トヨエツの右に出るヤツぁおらんな(笑)。
 沖縄編になってやっと登場する松ケンのお巡りさんも楽しめた。←年齢不詳(笑)
 セル版欲しい。

「椿三十郎」 森田芳光監督(2007年)
 豪華版を予約購入。DVDで鑑賞。
 オリジナルを知らないで森田版を観てしまったけど…、オリジナルの
 ままだという脚本がすばらしい!(やっぱ黒澤監督って、すげ~のね。)
 若侍松ケンもよございました。
 松ケン、もっと「和」ものに出てほしい。体型はイマドキの人なのに、
 和服がとても似合う。

「人のセックスを笑うな」 井口奈己監督(2008年)
 予約購入。映画、来なかったから待ってたんだよ。
 その割には、本編見たのはだいぶ後という…。
 ユリにぞっこんの みるめくんがリアルで、ケータイの前で
 自分の気持ちと葛藤するシーンはかなり見もの。
 でも、ときどき「L」がいる(笑)。
 いちばんびっくりだったのは、あがた森魚さんが出てたこと。
 この映画の、気怠い、長回しがちでアドリブチックな独特の
 雰囲気は、好き嫌いに分かれるところだな。
 
「L change the WorLd」 中田秀夫監督(2008年)
 デスノ前後編がとても好きだったから、その延長という感じで
 楽しみにしてたけど、けっこう軽い気持ちで公開から約1ヶ月
 経ってから映画館へ…。映画館へ…、映画館へ…(笑)。
 行くたび、涙の量が増えてったっけ。
 ……まさか、これきっかけに役者・松山ケンイチにもハマって
 しまうとは………。まさかまさかだったなあ。
 いや、すでに予備軍だったことに自分が気づいてなかっただけかも。
 ……これきっかけに、松ケン載ってる本は買いまくり、動画を
 見まくり、DVDも買いまくり……。あっという間に即席ヲタへ。
 でも公開前の企画イベント的なものは素通りしてしまってたのが残念。
 ローソンのグッズ付き前売りとか、公開前のPR番組とか。
 ジャンプに載ってたという、小畑さんのL撮影現場レポは
 読みたかったなあ。
 とにかく、この作品で松Lウイルスにすっかり感染して
 やられちまった~(笑)。
 DVDも、発売決定時からとにかくワクワクして待っていたし、
 DVD発売とともに友んちでLパーティーをやって、串刺し
 スイーツに初めて挑戦してみたりしたし(楽しかった~)。
 そしていまだ松Lにときめいとります。
 作品自体にはツッコミどころは多々あるけど、いいんです。
 松Lが全てっす。
 そして、その松Lのおかげで松山ケンイチの魅力に気づくことが
 できて良かった。
 気づかないままだったらホントもったいなかった。
 でかした、自分。←相当嬉しいらしい。

デトロイト・メタル・シティ」李闘士男監督(2008年)
 地元の試写会1回、映画館に足を運ぶこと3回。
 行くと必ず満席だったのには驚き。
 原作は全く知らなかったけど、制作側の余りにも見事な
 前夜祭的お祭り企画ぶりに、小生も楽しく便乗。原作も
 レンタルで全て読んだし、ドキュメント(メイキング)DVDも
 購入。←大のお気に入りDVDなのだ。
 そしてとうとう福岡まで生松ケンに会いに行ってしまったという。
 (つきあってくれた友に感謝。楽しかった!)
 小生には原作はちょっとキツく思えたんで、映画のテイストが
 自分に合っていた。監督と脚本のセンスが良かった。
 よくあの原作を一般映画向けに仕上げたと思うし、
 松ケンクラウザーさんをはじめ、キャストが最高だった。
 DVD化が待ち遠しい。

(2008/11/1現在)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Page Top

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。