1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. HEROは。(ネタバレなし)
  4. 映画とかアニメとかゲームとか » 
  5. HEROは。(ネタバレなし)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

HEROは。(ネタバレなし)

するめ映画です。

1回より2回、2回より3回。

公開初日、王様のブランチの生出演を見てから映画館へ出かけ、
12:45からの席を取ろうとしたらもう殆ど席が空いてなかったという。
続けて2回見てきやしたが、2時間10分ってこんなあっという間
だったっけ?な印象。
久利生の法廷シーンの長台詞も、ここは見せ場だって気負いが
無いまま本当に自然に聞き入り(いつのまにか長台詞のシーンに
なってたという)、泣きそうになる自分がいましたよ。
それも2回とも。

本当に小気味良い、最後は(慎吾くんじゃないけど)おっしゃ!と
拳を作りたくなるような気持ちになれました。

テレビのテイストそのままなことを悪く捕らえる人もいるかも
しれませんがね、「映画」でないと130分ノンストップで
見れないでしょ。
あんな大勢(の観客)と一緒にクスクス笑えないでしょ。
そういうことにしても「映画の意義あり」と思えましたよ。
映画にしてくれてありがとうだよ。

ただひとつ。
やはりテレビシリーズと去年のSPは、できれば見ておいたほうが。
特に滝田さんのシーンは去年のSPの流れから来てるんでね。
久利生と滝田の関係性をちゃんと知ってると、あのシーンの
重要さが身に染みるから。
見れてない方は、あれはDVDにもなってないし、再放送も
(今のところ)されてないんで、公式サイトのABOUT THE MOVIEの
ページでストーリーだけでも読んでってくださいましな。
親戚・お友達が録画したものを持ってるようなら、是非
見せてもらってください。
あそこだけは、知らないともったいない気がするんだよなあ。
ホントに。

映画館から帰ってきてパンフを見てたら、いろんなシーンが
脳内で再生されて……また見たくなったってどうよ。
西遊記はドラマより数段スケールアップしたアクションシーン&
悟空萌えでまた見たかったけど(笑)、HEROはストーリーの流れや
台詞の掛け合いをまたじっくり見たい衝動にかられますな。
で、イ・ビョンホン氏。
ご本人も言ってたように、登場シーンはほんの少しなんですがね、
存在感と洗練されたカッコよさは流石だと思いましたよ。
それと、ペク・トビンさん。この方のほうが出番が多かったんですが、
もともと日本語が喋れたワケではなかったんですね。
すげ~!

余談だけど、ほんの少しといえば「ジャンゴ」の慎吾。
あの存在感もなかなかのものらしく、どっかの雑誌で褒めてましたよ。
スケールのデカイ人は、出演時間に関係なく存在感を残せるんだな
きっと。

本当はすっげ~細かく語り合いたい@HERO
でもネタバレしまくりになるのでこのくらいで。
本人はこういう言い方はしてほしくないのかもしれないけど、
木村さんのこまっかい演じ方がね、目線ひとつにしろ、
口の端の上がり方にしろ、立ち止まる角度にしろ、台詞の
間合いにしろ、ちょっとした指の動きにしろ、
「計算されてる自然な言動」ってのに、ものすごく興味を
そそられる役者だと、あらためて思いましたよ。
そもそもこの人が演じてるのを初めてテレビで見たとき、
あまりに自然に演じてるのに驚いて(台詞を台詞だと感じない)、
「この子誰?」になったんだってことをまた思い出しましてね。
一度でも演じるってことをしたことある人だったら
わかると思いますが、これって大変なことなんすよ。
そういや、一昨日買ったキネ旬で、私と、全く同じドラマで
全く同じ感想を持った方が記事を書いてらしたのには驚きやしたわ。
と同時に、ものすごい喜びを感じてしまいました。
まあ、そんないい記事を、いい特集を沢山組んでくれるキネ旬も、
映画評となると辛点評価しそうですけどね(笑)。
だって、キネ旬の映画評やってる人の好みのタイプの映画では
ではないでしょ。実際のところ。西遊記しかり。
ドラマ版を見てた人がいるとも思えないですしね。
わたくしは両方とも違った意味で大好きですが。
そうそう、日経エンタテインメントで樋口真嗣氏の言葉に
共感しましたよ。
ほんっとそう思うし、自分にもありがちなことなんで
気をつけてはいたいと思うことでもあるんですがね、
「先入観にとらわれて見るのはつまらない」
全くそのとおりだと思います。
狭い視野のままだと何見ても何も新発見できませんよね。
頭の中が凝り固まってるってことですから。
私は映画批評でありがちな、「やたら上から目線」の文が
嫌いっす。やたらマイナスのことしか書いてない評も。
そんなん、参考にもなりゃしない。

スマステは、そこにいないアベちゃんが一番存在感が
あったような(笑)。愛されてますなあ、アベちゃんってば。
いいなあ、城西支部の人たちって。
映画ヒーローねえ。
わたくしは…DVDまで買っちゃったって意味では、やはり
マトリックスのネオかなあ……。う~む。
リターナーの金城武氏の役も良かったよね。
アニメヒーローだったらどんどん出てくるんだけどなあ(笑)。

しっかし、久利生というキャラはじわじわくるキャラですな。
見てしまった後から、湿布のようにじわじわくる。
やっぱりするめですね、久利生は。
次はどんな事件に関わっていくのだろうと、この先を
いつのまにか期待してしまう気持ちがある。
結果、また会いたくなる。
とりわけ、特殊能力があるワケでもなし、決め台詞が
あるわけでもなく、アクションがカッコいいってことでも
ない。でも、ここは普通妥協するだろ、なところに
こだわりがあり頑固。
それも、ひょうひょうとしてて固持してるふうには
見えないんだけど頑固。でも頑固だけど柔軟。
好奇心旺盛。気になることは納得するまで追及する。
どこへ飛ばされてても変わらない久利生検事。
それどころか、本人知ってか知らずか、
周りにプラスの影響を与えていく久利生検事。
それが「カッコイイ」んだろうなあ。
んで、それにひけを取らない城西支部メンバーのそれぞれの個性。
本当に、愛すべき人たちです。

あ、そんでラストシーンですが。
どよめきはおきませんでしたよ(笑)。
ネタバレ王子が前日も活躍しとりましたが(さすがに金曜の
夜は若干殺意をおぼえましたぜ。笑)。
そういうせいもあるのでしょうかね。
自分もサラ~と見てしまいましたよ。
僕音でHEROのメインテーマを52人のオーケストラで演奏してるのを
見たときがMAXにテンション上がりましたよ。
うわ~、この曲の生演奏を見たい!と思いました。
感動しまっせこれは。
鳥肌立ってしまいましたわよ。
(木村さん&お松さんのトークも良かったなあ。木村さんは
お松さんを信頼しきってるね。よいコンビだ。)

それと、今日の映画館の客層ですが。
学生から70代ぐらいに見える方まで、老若男女さまざまで
びっくり。
学校帰りの男子高校生3人組も見かけましたよ。
もっと女性の比率が多いかと思ってたのに4割ぐらいは男性で
嬉しい驚きでありました。
1回目見たときのお隣が、ちょっと足が悪くて杖をついてやってきた
上品そうな70前後ぐらいのご婦人でして。
少しだけお話したんですが、どうしても見たくて一人で映画館まで
来たとのことでした。

あと前売り1枚。
いつ使おうかなっと。

あ、メイキング番組はこっちでは今月下旬に放送予定で
まだ見れてまへん。
楽しみにしておこうと思いやす。

P.S. トランスフォーマーかヱヴァかも見ようかなと思ってたけど、
  自分の都合と上映時間がうまく合わずに断念。
  このへんがいつも問題だなあ…。

/MARU
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • - [#] |
  • |
  • 2007 09/11 (Tue) 19:05
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Page Top

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。