1. Top » 
  2. 2009年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

あちこちキムラちゃん。

増刊号で流れた、キムラちゃんの映画撮影エピソードと
大道具の高木さんの話が面白すぎて、2回リピして見ちゃった
小生でありますが。
中居さんの、せっかく飛行機のファーストクラスに乗ったのに
12時間爆睡(しかも離陸前から)したって話も、密かにツボで
ありましたのよ。
ヤマト実写化においてのハードルの高さってのは、キムラちゃん
本人も強烈に感じていること、覚悟していることはよくわかったよ。
(気軽に「やった~~!」ってことではないのは、貴方の性格
からしてわかってるつもりではあったけど、でもなんであえて
ものすごい荒波にわざわざ突っ込んでくのさ?と思ってた。)
小生もすっごく五月蠅い一人だと思う。新作のアニメのほうの
絵のタッチですでにブーブー言ってるぐらいだから(苦笑)。
でも、もう撮影が始まったんだからしょうがない。黙って
見守りますわ。←何様。

あ、そういや、ICWRのDVD!
映像特典と封入特典が追加されとりましたな。
(カメ情報だろうと思うけど、知らんかった。)
木村拓哉・イ ビョンホン両仕様共通の特典ディスクに、
釜山国際映画祭のプロモーションの様子が入るのと、
木村拓哉仕様のみ、撮影現場秘蔵フォトカードが付くという、
この2点。
販売側も頑張ってますな!(笑)
特典ディスク、もんのすごく楽しみ。

土曜、HERO特別編があってたのに気づいておらず、
ハイスクールサムライを途中まで見てたという。
…ハイスクールサムライは、ちょっと…展開に飽きてきた。←をい。
小生はサムライよりミムラちゃんが一番謎なんだけど。
なんであのコはあんなになんでもお見通しさんなんだ?
…来週は劇場版HERO、んで武士の一分も近々あるんだっけ。
なんだ?なにげにキムラちゃん祭りやんか。
明後日は、手に汗握るFNS(笑)。
あ~~、あっという間にお正月だわ…。


さて。マイコーのTHIS IS ITがここまで、こ~こ~ま~で~
自分にドドーン!と来ると思ってなかったこの11月。
まさかまさかのマイコー貧乏で、結局カムイのフィギュアは
諦めてしまいましたよ。←予約キャンセルしちった…。
その代わりではないですがね、docomoのパンフをしっかり
もらって来たり、そういうのでデヘデヘやってるワケですが。
今度はいつ頃になったら最新ケンちゃんを見られるのでしょうかね。

とまあ、松ケンの話題は今は途切れた状態になっとりますが。
(あ、ピクトアップは最新号が出たんだっけかな。
って、いろいろうろ覚え過ぎる自分。)
12月はマイコー関連の番組と、スマ絡みな特番チェックで
大忙しですわよ。
まあ、世はあらしちゃん祭りなんで、その分助かってるけどね。

そうそう、マイコーとスマのコンサートのことで
語りたかったことがあったんだった。
ここに書くと長くなっちゃうんで、別記事で近いうちにUPしますわ。


/MARU

スポンサーサイト

Michael Jackson『THIS IS IT』DVD & Blu-ray

マイケル・ジャクソン 『THIS IS IT』
メモリアル DVD BOX【完全生産限定盤】


2010/01/27 発売(品番:BP-515 )
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
販売価格:¥9,975(税込)

●DVD2枚組(本編DVD+特典DVD)
【完全生産限定盤】 ※在庫がなくなり次第終了
①DVDマイケル・ジャクソン『THIS IS IT』デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
②日本未発売の特製Tシャツ
③特製ブックレット(24ページ)

[収録内容]
Disc.1
・本編(約111分)
・特典映像(81分06秒)
 カムバックにかける想い(2種)
  冒険の始まり / ショーを超えて(39分48秒)
 キング・オブ・ポップの衣装について(15分11秒)
 マイケル・ジャクソンの想い出(16分19秒)
 オーディション風景 最高のダンサーを求めて(9分48秒)
 オリジナル劇場予告編
 予告編集
Disc.2(50分12秒)
 コンサート製作の舞台裏(3種)(50分12秒)/
 ダンサーについて(26分08秒) / バンドについて(12分03秒)
 / ボーカリストについて(12分01秒)

     

↑メモリアルDVD BOXは、アマゾンでは瞬殺だった
みたいですな…(汗)。



マイケル・ジャクソン 『THIS IS IT』
デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

2010/01/27 発売 (品番 SDL-69320)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
DVD2枚組(本編DVD+特典DVD)
販売価格:¥3,990(税込)

※DISCの内容はメモリアルBOXと同じです。

     



マイケル・ジャクソン 『THIS IS IT』
コレクターズ・エディション(1枚組)


2010/01/27 発売(品番:TSDD-69320)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
DVD1枚組
販売価格:¥2,980(税込)

     

※内容は2枚組の「DISC1」と同じです。


マイケル・ジャクソン 『THIS IS IT』(Blu-ray disc)
2010/01/27 発売(品番 BRS-69320)


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
本編Blu-ray disc1枚/特製ブックレット(24ページ)
販売価格:¥4,980(税込)

・映像特典
 ショートフィルム①
  “スリラー”(3分33秒)※
 ショートフィルム②
  “スムーズ・クリミナル”(3分47秒)※
 メイキング・オブ・ショートフィルム②
  “スムーズ・クリミナル”(11分07秒)※
 カムバックにかける想い(2種)/
  冒険の始まり/ ショーを超えて (39分48秒)
 キング・オブ・ポップの衣装(15分11秒)
 マイケル・ジャクソンの想い出(16分19秒)
 オーディション風景 再考のダンサーを求めて(9分48秒)
 “ダンシング・マシーン”
   振付師が語るマイケルのダンス(15分49秒)※
 コンサート製作の舞台裏(3種)(50分12秒)
  -ダンサーについて(26分08秒)
  -バンドについて(12分03秒)
  -ボーカリストについて(12分01秒)
 フォト・ギャラリー※
 オリジナル劇場予告編
 BD-LIVE※
 PS3専用壁紙※(PS3のみで利用可能)

※印=Blu-ray discのみの特典

     

★Amazon限定スチールブック仕様/完全数量限定のBlu-rayは
価格が¥5,166です。

     



追記:こんなんも見つけたんで付けておきます。
(最近いろんなとこから出てる便乗DVDは興味ないけど、
これは別っすよ!)

『マイケル・ジャクソン IN ソウル・トレイン』DVD
2010/01/27 発売(品番 B002YWYYC2)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
販売価格:¥3990

【収録 パフォーマンス】
・1972年 / マイケル14歳
1) Lookin’ Through The Windows ジャクソン5
2) I Want You Back ジャクソン5
3) Corner Of The Sky ジャクソン5

・1973年 / マイケル15歳
4) Dancing Machine ジャクソン5
5) Get It Together ジャクソン5
6) With A Child’s Heart ジャクソン5
7) Don’t Say Goodbye Again ジャクソン5
・1974年 / マイケル16歳
8) Whatever You Got, I Want ジャクソン5
9) If I Don’t Love You This Way ジャクソン5
10) What You Don’t Know ジャクソン5

・1975年 / マイケル17歳
11) Just A Little Bit Of You マイケル・ジャクソン
12) Forever Came today ジャクソン5
13) One Day In Your Life マイケル・ジャクソン
14) All I Do Is Think Of You ジャクソン5
15) We’ve Got Forever マイケル・ジャクソン

・1978年 / マイケル19歳
16) Push Me Away ジャクソンズ
17) Things I Do For You ジャクソンズ
18) Shake Your Body(Down To The Ground) ジャクソンズ

・1993年 / マイケル34歳
19) Remember The Time

・1995年 / マイケル37歳
20) Dangerous~Smooth Criminal~Dangerous
21)You Are Not Alone

【映像特典】
・父親解説で贈るロス自宅でのパーティー映像
  ジャクソン5「It's Too Late to Change The Time」
・ジャーメイン・ジャクソン「That's How Love Goes」
・ジャクソン5「Hum Along & Dance」
・ジャーメイン・ジャクソン「Daddy's Home」
・ジャーメイン・ジャクソン「Your Are In Good Hands」
・ジャクソンズ「Shake Your Body (Down To The Ground)」
・マイケル・ジャクソン「Ease On Down The Road」

     


/MARU

増刊号楽しみ&マイコーDVD。

ワッツ聴いてたら、明日の増刊号が楽しみになりましたよ。
放送終了後もちゃんといらしたのね、キムラちゃん。
1日レギュラー体験やっちゃったのね。
テレショごと、まるっと全部のコーナーに出演したのって、
いいとも史上初なんだってさ。
それも、助っ人で出るのが決まった後で、テレショが
回ってきたとか言ってたっけか。
地味に凄いよ(笑)、キムラちゃん。


げ。来週はもう『FNS歌謡祭』でっせ!
………年末………。←やっと実感。
なんか今年は輪をかけて何もせんまま、年越しそうな予感。
というか、年明けてもずっと(実家の)掃除に明け暮れて
そうだな…。
開かずの間(すなわち物置)を開けるのが、
ものすごくコワイ。


昨日のマイコー映画の最終日、都会を中心に満席続出、
追加上映でオールナイト状態になってしまってた映画館も
あったようで。
スタンディング・歓声OKってとこもあったんだよね。
いや~~、楽しかったろうなあ……。
地元の映画館もレイトショーが追加されてたけど
どうだったのかなぁ。

1月末発売『THIS IS IT』のDVDの完全限定版には、特典DISCが
2枚付くようです。ブルーレイも限定ってことになるのかは
知らないけど、ブルーレイにはDVDに収録されない映像特典が
含まれてるとか。
ソースがハッキリしたらちゃんと書こうとは思うけど、
とにかくDVDまたはブルーレイを購入予定の人は、
受付開始になったら必ず早めに予約しとかないとイカンですよ。
…自分もな~~。

松ケン主演『ウルトラミラクルラブストーリー』のDVDが
発売から1日遅れで本日到着。
今夜はゆっくり陽人に浸ろうっと…。
ふふふふふ、ふふふふふ。


/MARU

12月 マイコー関連特番(MTV・WOWOW・追記:M-ON!)

Michael Jackson 関連番組を抜き出してみましてん。

【MTV 12月の番組表より】

12/21(月)~12/25(金) 10:00~10:30, 27:00~27:30
     『クラシックMTV:マイケル・ジャクソン』
12/26 (土) 17:00~17:30
     『マイケル・ジャクソン:来日特番2006』
12/26 (土) 19:00~19:30
     『マイケル・ジャクソン:Human Nature』
12/26 (土) 19:30~21:00
     『マイケル・ジャクソン Top10ビデオ』
12/26 (土) 21:00~22:00
 『マイケル・ジャクソン:影響を受けたアーティスト特番』

12/27 (日) 13:00~14:00
     『マイケル・ジャクソン:ビデオ特番』

12/30 (水) 26:00~27:00
     『クラシックMTV:マイケル・ジャクソン』

※マイケル関連有り?
12/30 (水) 12:30~13:30
     『VIDEO MUSIC AWARDS 2009 Pre Show』
12/30 (水) 13:30~16:00
     『VIDEO MUSIC AWARDS 2009』


地元のCATVガイドの小さな番組表を参照したので、
もしかしたら見落としがあるかもしれません。
MTVのサイトでマメに確認してみて下さい。
5日間1日2回ずつ放送される30分番組『クラシックMTV:
マイケル・ジャクソン』は、全部の放送日時に初出マークが
付いてたんで、全て内容が違うってこと…かな?たぶん。
他の番組は、MUSIC AWARDSを除いて、同月にリピート有りです。


【WOWOW 12月の番組表より】

12/13 (日) 15:50~17:55 (12/31 18:00~リピート放送)
 『マイケル・ジャクソン HIStoryツアー イン ミュンヘン 1997』

12/31 (木) 15:35~16:25
 『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの伝説』(再)
12/31 (木) 16:25~18:00『ムーンウォーカー』←WOWOW初。


HIStory TOUR は、セル版になってないので貴重な映像ですな…
って、なんでライブDVDって1枚しか出てないのだよ…。


追記:
【MUSIC ON! TV】

12/23 (水) 22:00~23:00
12/27 (日) 18:00~19:00
12/31 (木) 20:00~21:00
    『Artist File International』

※マイコーのビデオクリップ特集だそうです。

マイケル・ジャクソン『KING OF POP』。

ここんとこずっとマイコー絡みの記事ですみません。
松ケンくんは今はdocomoのCMで金髪姿を拝むぐらいしか
楽しみないし(はい、気づいてない方も多いかもしれませんが、
あの金髪青年はケンちゃんです。予想外に可愛いんですけど!)、
スマも毎年恒例の特番を除いては別になんてTV情報ないよねぇ。
仰天もオーナーのも見ましたよ。マイフェアレディ(再現ドラマの
女優さんがゲストの回)、面白かったなあ。

とにかく、マイコーの映画でヘタすりゃ人生観まで変わるんじゃ
ないかというような感銘を受けたのは確かな話で。
今まであまり何とも思わなかったけど、英語がわかれば~~と
今頃になって心底「英語出来ない自分」をもどかしく思ったり。
どなたかがブログに『THIS IS IT』は人生の哲学書と書かれてたけど、
思わず頷いてしまったもの。
実をいうと、昨日を合わせて計4回(考えてみりゃ週一ペースやん)、
マイコーに会いに行ってしまってました。テヘ。
昨日は小生のお隣に杖をついた上品なおばあさまが座ってらして、
見終わった後(拍手がおこった!)、泣きそうな顔をされて
「…よかったですねぇ…」とおっしゃってた。
そういう、明らかにマイコーの年齢よりかなりご年輩の方から
サラリーマン、そしてギャルまで、自分込みで、なんつ~
めちゃくちゃな客層なんでしょう(笑)。マイコーらしいや。
最終日の今日は…、もうさすがにもう行けないけどね(ははは)。
しっかしこの『THIS IS IT』。見てるとライブ感覚の楽しさはもちろん、
とても澄んだ空気の中にいるような、心地よい気持ちになるのは何故。
映画館で見て良かった。本当に見て良かった。
DVDではあの映画館の迫力を再現するのは完全に無理だけど、
もちろん買いますわよ。
発売が思ったより随分早い(だって2ヶ月後だよ?)けど、
…特典映像、ちゃんと付けてくれるんだろうか………。
(特典:劇場予告編…だったらヤサグレちまうぞ。)

帰りにショップでCDを買いました。
ファン投票でランキングされた曲を集めた、
『MICHAEL JACKSON KING OF POP』っていうCD。
え~と、これのジャパンエディションってのは、コレ。↓



赤いジャケが目印です。

収録されている曲目は、

1. Billie Jean (Single Version)
2. Man In The Mirror (Album Version)
3. Smooth Criminal(Radio Edit/ Album Version)
4. Thriller (Single Version)
5. Beat It (Single Version)
6. Bad (Album Version)
7. Black Or White (Album Version)
8. Heal The World (7”Edit)
9. Rock With You (Single Version)
10. Human Nature (Album Version)
11.We Are The World (demo)
12. Say Say Say (Album Version)
13. Scream (Album Version)
14. Remember The Time (Album Version)
15. Off The Wall
16. Ben (Single Version)
17. Thriller Megamix (Radio Edit)

16・17曲目は、日本盤のみ収録。

が、しかし。
小生が買ったのは…これ。↓

     MJKOP1

ジャケ、白い。
しかも2枚組。
収録曲は、見づらいけど下記のとおり。

     MJKOP_2

…輸入盤なんすね。
よって歌詞・訳詞などは入っておらず。

米ものかと思ってよく見てみると。

「AUSTRALIA」って。

……オーストラリア盤?
……へーーーー。
国でいろいろ違うんか。

ベンのテーマは入ってないけど……
まあそれは別盤で買えば良し。

2枚組だったんでもちろん日本盤よりもちと高かったけど、
(1枚計算すれば安いが)ちょっと得した気分…かな。


/MARU

好きでよかった。

昨日のスマスマの『THIS IS Michael Jackson』。
あとでよく考えたら、凄い面子が普通に登場してたな~なんて、
海外ミュージシャンに詳しくない小生でもびっくりましたが。
マイコーのVはできればDVDで見れない映像を頑張って
流して欲しい気がしたけど、それはいろんな事情で難しかったんかな。
いやいや、それは贅沢な不満というものだけど。
まさかライオネル・リッチー氏と幼きマイケル(ジャクソン
兄弟)との枕投げエピソードや、地声ネタまで聞けるとは
思いませんでしたよ。ウィルは好きだなあ。この人好きだなあ。
(自宅がスタジオそのものなんだね。さすがだ。)
でもダメなんすよ…。「Smile」を聴くともうダメ。ダム決壊。
この歌の歌詞の内容を知らない方は読んでみて。読んでみて~~。
この曲をマイコーは一番好きだったと、小生もなんかで読んで
ました。マイコーのカヴァーも聴きました。
…すっごく優しい声で歌うんですよ。なんだろ、あの究極に
優しく切ない感じは。最初を聴いただけで涙が出てしまう。
なので、昨日も小生は大変でした。

…そういえば、木村さんのドラマ『空から降る…』の主題歌にも
なりましたな、この「Smile」って曲(エルビス・コステロがカヴァー)。
でもこの時はドラマのイメージでそのまま聴いてたんで、ちがう
感覚だったよなあ。
オリジナルのチャップリンのも好きだけど、小生は
マイコーのカヴァーと、追悼式での「Smile」を聴くと泣けて
しまうんだよ……。

今までに出てなかった話も聞けたし、「マイケル好きでよかった」と
何度も言っていた中居さんに愛おしさを感じつつ(笑)、
でもいくら日本語が通じない人たち相手だからって、
「マジで!?」連発はないだろうとツッコミもしつつ
(まあ、連発に感じたのは編集のせいでもあろうが。笑)、
この企画に深く感謝する小生なのでありました。
スマスマさんきゅう~~~~~。

小生は「スマ好きでよかった」と、ず~っと思ってるさぁ。
それと、『THIS IS IT』観に行ってよかった、ってのをプラス。

昨日だっけ。
紅白の出演者が決まったのは。
…中居さんを人質にとられちゃ、出るしかあるまいすまっぷ。
…なんて、小生は紅白に関してはネガティブシンキングなんで、
あまり何も言いますまい。

いいともの木村ちゃんは、あの髪型は古代仕様ということで
よろしいのでありましょか。
ああ、本当に撮ってるんだ……本当に。以下自粛。
ちょっと顔つきが違って見えたのはそのせいなのかな。
テレショ、よく喋ってましたな~。
きっとターロウにいい刺激を受けて帰ってきたんだろうな。
1/100アンケートが成功すると、幸せな気分になるのう。
後半は……まだ見てないっす~~。
あ、あのオネエすぎるお坊さん。なんだかんだ言っても
さすがお坊さま。いいことおっしゃる………。
そうだよね。側に一人でも理解者やがいてくれれば、
それだけで心は健やかに育つんだよな……。

しっかし今年は(今年から?)年末年始はあらしちゃん
一色な感じだぁね。
小生は年末年始はマイコーに浸ろう。
あ、そうか、実家の引っ越し準備があるんやった。
(小生の私物が仰山あるからど~にかせんと。)
のんびり過ごせないんやった。あはははは。

あ、もうすぐ松ケンのウルミラDVDが出る!
これも楽しみ。
…さんスマ、今年は12/13なのか。
日曜日に放送って、今まであったっけ?

/MARU

27日までです、マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』。

↑の上映期間は、映画館によってはもう終了している
ところもあるんで、最寄りの映画館で確認してくださいましね。


今日のいいとも、キムラちゃんだったのに、
デジタル撮りを忘れてた…トホホ。
(アナログで見れるだけ良しとしようじゃないか…)

先週の木村佳乃ちゃんからの紹介の時に出た写真が、
例年稀に見ぬほどのイケてない写真だったのが
ドツボでしたよ(笑)。(2006年のだっけ、あれって)

そういや、あっという間に舞台は千秋楽だったんすねえ、
慎吾くん。なんかちょっと貫禄付き続けてるんじゃないか?
な感じに見えたスマステでありますが(笑)、笑顔が
とてもよろしかったんで、良しとさせていただきますわ。
ここ何日かターロウのブログ読みに行ってない。確か
更新は今日までで、あと数日かは読めるんでしたっけ?
消える前に目を通さないと。←怒濤の更新だったみたいなんで、
追いつけるかわからんけどね…。

今夜はスマスマで『THIS IS IT』。
楽しみだな。
…映画のほうは、今週で上映終了です。
便乗でも、周りに強引に勧められたって理由でも、
暇つぶしでも、ただの興味本位でもなんでも構いません。
どんな形であっても、少しでも気になる方、
そして、ちょっと無理すれば映画館へ行けなくはない
けど…って方、DVDになったら見るなんて思ってる方、
この映画は映画館で見ることで意味を成します。
ただのリハーサル編集映像ですが、そこに描き出される
ものはハンパないです。
よほど音楽に全く以て興味ない方以外は、必ず琴線に
触れるモノがあると思います。
中には金儲けだの、今さらマイケル誉め出しても…なんて
マイナスに捉える方もちょっとだけいらっしゃいますが、
ちゃんと見てから言ってほしいです。
ただのリハ映像なのに、こんなに愛情を感じるというのは
どういうことか。このプロフェッショナルぶりに感銘を
受けるのは、どういうことか。
そして。
人って昔々から、事の大小はあれど、失ってから気づくって
ことって多いですよね。
これは物語ですが、フランダースの犬だって、ネロが取り返しの
つかない事態になってから、彼がどんなに誠実で真面目で
優しい、才能に満ちあふれた子だったか、大人はやっと気づきます。
小生しかり、あとから気づくってことは小さいことも含め
多々あります。
小生は、マイコーが亡くなってなお人格を誤解をされたままで
いるより、この映画により彼の誤解が解けて、彼が残したものに
(自分を含め)沢山の人が注目していくことのほうが、彼の
名誉を回復できることを考えたら、遅くったって良いと
思うのです。
マイコーの遺志を、ほんの1ミクロンでも、世界中の誰かが
(この場合は「自分たちが」ですね)継いでいけたら、
それは無駄なことではないとも思うのです。

…真面目に書いてしまったけど、深いことを考えないまでも、
ただマイコー(やダンサー)のパフォーマンスを見るだけでも
最高な気分になれます。
こんだけの「超一流」のリハーサル映像なんて、滅多に
見れるもんじゃないし。
…二度と見れないものだし。

とにかく、見に行けないことはないけど…って方は、
ど~にかして見に行ってください。
滅多に人に「見に行け」なんて言わないけど、これは
できれば見に行ってほしい作品なんで。
(見に行って結局何も感じなかったとしても、それは
個人の感性の問題なので責任持ちませんがね。)

そうそう、あるブログさんを読んでコメント書かせて
もらいたかったのだけど、そのブログさんはコメント設定
されてなかったんで…残念。
そこには、マイケルのコンサートに関して(正確な表現では
ありませんが)環境破壊を訴えてる割には派手なステージを
する…と、「矛盾」を指摘されてました。
いやいや、それを言ってしまうと、エコだといってエコバッグを
大量に生産するのや、キャンペーンで(捨てちゃうかもしれない)
グッズを作って配るのも「矛盾」だと思いますよ。
そうやって派手な動きをして、多くの人へある意志や現状を
訴えることを「矛盾」と安易に言ってしまうのはどうでしょうね。
無謀で後先を考えない無計画なことはもちろんやってほしくないですが、
自ら行動を起こして少しでも多くの人に関心を持ってもらい、現状を
良くしようという意志は、尊敬に値するものだと思います。
このブログの方がきちんと自分なりに行動を起こされてるのでしたら、
小生は一理と思って受け止めたい意見ではありますが。
マイコーのように、周りへの影響力がハンパなく大きくてカリスマ性の
ある人が、自分の(超一流の)パフォーマンスの中で、平和と環境に
ついて歌を通してオーディエンスに訴えることは、大きな意味があると
小生は思います。
皮肉にも、彼は志半ばでこの世を去ってしまいましたが…。
が、未完成でありながらも彼の意志がしっかりうかがえる映像が、
映画という形で、たぶんコンサートを実際やった場合よりも
多くの人が見ることができる環境で、実際に多くの人が感銘を
受けて関心を持ったということは、不幸な中でも良かったことでは
ないかと個人的には思います。

いろんな感想を読ませてもらったけど、若い、中高生の方が
映画を通じてマイコーの歌やダンス、人となりに関心を
示されてる記事も多く、小生はちょっと嬉しくなって
しまいました。
中高生なんて親の影響がない限りは、もうせいぜい
名前ぐらいかゴシップしか知らない世代ですからね。
そういう若い人達までも、あのただのリハ映像(笑)1本で
虜にしてしまうマイコーってどんだけなのだよ(笑)。
(あ、ギターの金髪美人・オリアンティさんファンも増えたみたいで。)

まあ、偉そうなことを散々書いた小生も立派なにわかファンの
部類でありますが、自分で早々と前売りを買って早い時期に
見に行った自分と、ここ10年あまりのいろんなゴシップ
(だけしか流れてこない時世)の中、ファンでなかったにしろ、
マイコーを嫌わなかった自分をちょっとホメときたいと思います。
ええ。そう思って救われたいというのが正直な気持ちですが。
なんか軽~い文で語ってしまいましたが、この『THIS IS IT』を
見て以来、彼の生き様を考えずにはいられない日々を過ごして
いるのは確か。

あのダンサーの方々も含めてですが、
ずっとずっとマイコーを信じ、彼のファンであり続けた
人たちに、尊敬の念をおくります。

まだ書きたいことがあったけど、長くなりすぎなんで(汗)
今日はこのへんで。


あ、日曜劇場の「JIN」……金八さんに魅せられた…。←役名ちがうから。
いいドラマだ。


/MARU

容量を心配しつつ、SBパンフに「ひゃっ!」となる。

今日のいいともは中居さんだったとか。
月曜のいいとものテレショは木村さんだとか。
帰ってから録画チェックが楽しみだが、昨日は
つい眠気が先行して、HDDのチェックをしないまま
寝てしまったことに、朝になってから気づいてしも~た。
…容量足りてるだろか………。ちょっと心配。

もう少しで仕事終わります。
終わってから、マイコーのライブに行って来ます。
3度目です。
やはりどうしても行きたくなってしまいましたのよ。
Tihs is it! これが本当に見納めじゃ。

ということで、 Mステでスマのデビュー当時のVが
流れるそうなんすけど、それはチェックしてなかったんで
見逃しになりますわ。まあ何度も見たとは思いますが…
しかたねえな。ちっ。

今日やっと電器屋さんで、SBの新パンフをゲット。
何日か前に行ったときはわんさかあったパンフなのに、
今日は2冊…だけ。2冊?2冊だとぅ???
いや、ちゃんとショップには沢山あるようだったけど、
小生のケータイはSBじゃないから、わざわざショップに寄るのは
ちょっと…行きにくいというか…ねえ。
電器屋だとうろうろしやすいので、パンフも取りやすいので
あります。
いや~~、表紙しか見てなかったもんで、裏表紙に気づいた時、
鼻血吹きそうになりましたよ。
(小生の一番好きな横向き5人ショット!!!)
今夜、さっそく待ち受け画像にせねば!

……あ、うちの複合機、気を失ったままだったわ……。

正気に戻ってくれることを祈って。

マイコー再放送も(本放送の時も録画したけど)見る!
高画質で撮るんじゃ!


/MARU

マイケル・ジャクソン特番(再放送)。

マイコー番組関連です。

今夜(11/20(金)深夜)25:20~26:20(60分)
NHK総合で
『マイケル・ジャクソン“KING OF POP”の軌跡』
が、再放送されます。

ジャクソン5時代からのパフォーマンスやライブ映像の
紹介、「スリラー」「BAD」のSF(ショートフィルム)を
ノーカットで放送とのことです。

本放送を見逃した方、興味のある方は是非!

ポックリポックリ…。

スマスマ。
PCをいぢってたもんで、ながら見になってしまい、
感想らしい感想が書けまへん……。
そんな中、新コーナー、コーラスマラインはね……。
正直、イライラしたぞーーーーーーー!!!!!(笑)
(なにせ、小生は全部わかったもーーーん)
1コぐらいは当てろやーーーーーーー!!!!!
音程さえもわかってなかったつよっさんは論外だわ。
論外だわーーーーーー!!!!
(吾郎さんはまずメロディーに詞をのっけなさい。)
木村さんはメロディーは憶えてても歌詞はうろ覚え。
いつか正解する日がくるんすかね、これ。
しっかし日本の童謡、もちょっとみんな憶えてても
いいと思うんだが………。なんか寂しいねぇ。
キムラちゃん、ぱんつの替えはあったんかいな。

来週はスマスマ(中居さんの)特別編。
THIS IS ITだ、マイコーだ。
正座して見ます。

/MARU

マイコーOA情報。

すでにご存知の方も多いとは思いますが。
なんと、WOWOWでマイコーのライブが放送されまする!
見られる環境の方、セルDVDになってない貴重な映像なんで、
必見ですぞ~~~~!!!

『マイケル・ジャクソン HIStoryツアー・イン・
ミュンヘン 1997』
12月13日(日)15:50~
曲目:SCREAM、THEY DON'T CARE ABOUT US、IN THE CLOSET、
WANNA BE STARTIN'SOMETHING、STRANGER IN MOSCOW、
SMOOTH CRIMINAL、YOU ARE NOT ALONE、I WANT YOU BACK 他

ずぇったい、ずぇったい見るっ!!!

また、大晦日は、ドキュメンタリーの「キングオブポップの
伝説(再)」をはじめ、「ムーンウォーカー」、そして
HIStoryツアーのリピート放送の3本立てでOAされるようです。

ライブの放送はとにかく嬉しい。
WOWOW、ありがとうWOWOW!

/MARU

ちっちゃなウンメイ。

13日のMステ見てたら、ミッチー初登場の時のVが流れて、
ちょっと幸せな気分になった小生。
ミッチーいいな、ミッチー。
あらしちゃんのあの伝説のシースルー衣裳は、
いまだ小生は凝視できまへん(心がいたたまれなくなる…)
光ゲンジの裸にG短パンよりまだいいんでしょうがね……。
でもVで残ってる限り、何かとあのVを流されるんだろな…。
そういや、スマは歌番組でこういう露出ってのはなかった…よね?
何の違いだろ(笑)。

さて、土日も夜中はマイコー三昧が続いてましたが。
(たぶん今夜もね……)
MJ_C
画像は、BADのアルバムが出てた頃に買った、
輸入もののカセット。歌詞は付いとりません。
空調の良い場所に保管してたから、まだちゃんと
聴けるとは思う。……とはいえ、長いこと再生して
いないからして、ちょっとコワイけど(笑)。

金曜の深夜。スマステの予約録画のレートを上げておこうと、
レコを立ち上げてEPGを覗いてたら、マイケル・ジャクソンの
名前をめっけて「ん?なにこれ」と確認したところ…。
もうすぐ深夜の映画放送枠で「Wiz」が始まるところだった。
……タイトル聞いたことあるけど、なんだったっけ?
始まってからうろ覚え程度に思い出したのだけど、
これ、ダイアナ・ロスが主役の「オズの魔法使い」を
モチーフにしたファンタジックなミュージカル映画で、
案山子役として若きマイコーが取って付けたような
(コントのような)特殊メイクで出演してた、
レアな作品なのだった!!(調べたら1978年作品だって!)
録画しながらも、ついつい最後まで見ちゃったよ。
内容としてはそうかぶりついて見るより、ゆる~く見て
丁度いい感じなんだけど、やはりダイアナ・ロスと
マイコーの歌とダンスは見ものだった。
小生、ダイアナ・ロスさんがこんな踊れる人だったとは
知らなんだよ。←名前ぐらいしか知らないもので…(汗)。
マイコーはまだスリラーも出してない頃なんだよなあ。
つぶらな瞳が可愛い。あー可愛い。
いや~~、これ見れてよかった。
深夜1時に放送あるのに気づいて、始まったのが
1時20分からだったんすよ。運命だよ、運命。←何の。


昨日の日曜は久しぶりに友とカラオケへ。
…スマ曲でまともに歌ったのは結局1曲。
なんかアニメソングばっか歌ってたような(笑)。
いいの、楽しかったから。
でもさすがに、ほんっとしばらくぶりだったから、
声帯がワラうワラう(膝がわらうのと似た感じ)。
ノドがくたびれるのが早かったですわ。
今度はそんな間を空けずに、またカラオケ行きたいっすね。
ちょっと、レパートリー増やしたい欲が出てきやした(笑)。

そういや、某所で新しい(坂本)龍馬の銅像を拝見したんすけど。
その銅像のお顔見て、一瞬「大沢たかお!?」と思ってしまって
すんません。
大沢たかおさんといえば、今は「JIN」。
このドラマはほんっと、つい見入ってしまう。
それだけ面白いということでしょうけど。
毎週楽しみになってきた。
(原作のほうでは、南方センセにはヒゲがあるみたいだあね。)
他のドラマはというと……。
東京わんこは脱落。サムライ高校生は、ミムラちゃんのとこと
小太郎がサムライになったとこだけは楽しみなんで、
ゆる~く見とります。

あ、NYの慎吾くんの映像も見ましたよ。
おお~~、踊ってる歌ってる!
出だし好調なようで良かった。
怪我なく、元気に最後までやり通せますように。
(歯は大事にな!歯は。)
いつのまにやらターロウのブログが始まってましたな。
又兵衛ブログと同じく期間限定なんで、忘れず見なきゃ。

/MARU

きむらちゃん。

今日は昼からどしゃ降りになりました。
あちゃ~~、水が染みる靴を履いてきてしまった…。
あら、今日は13日の金曜日だって。
あ、今夜こそワッツ聴かなくちゃ。
…………って、今日は、
きゃっぷてんの誕生日じゃーーーーーーーーん!!!

小生がキムラちゃんの存在を知ったのは、彼が
20歳を迎えた頃だったかな。
小生が、すまっぷというか、ジャニーズのタレントさんに
てんで興味がなかった頃。
何度かブログにも書いたことあるけど、ドラマを見たのが
きっかけ。高校3年生の「先輩」役だった。
キムラちゃんの、台詞に感じない演技に強烈に惹かれた
あの日から…はや17年!!!

一番尊敬すべき点は、ずっとスタンスを変えないこと。
これって凄いことだって、どんだけの人が気づいている
だろうか…って、えらぶって語ってしまって申し訳
ないですがね(笑)。
この方をどう好きかなんて語り出したら字数が恐ろしい
ことになるんでやめときますが(言っておきますが、
見た目だけじゃ~こんなことになっとりません)、とにかく、
これからも少年のように好奇心旺盛なキラキラした目や、
負けず嫌い精神や、負けず嫌いなのに素直なところや、
だからしてウソがつけなくて全部顔に出ちゃうところや、
曲がったことが大嫌いなっところや、でもちょっと
コソッとなんかしたりとか(←何)、ミーハーなところや、
テレビっ子なところや、うひゃひゃ笑いや、観察・洞察力に
長けてるところや、ものまねや、エロっぽさや、
おちゃめさんなところや、かくれ天然なところや、
オタク気質なところや、斜に構えてると思いきやサービス
精神旺盛なところや、職人好きなところや、実はすごく
人好きなところや、けっこう常識的なところや、話す声や、
クネクネダンスや、髪質(笑)や、マメにメールしてそうな
ところや、でも機械オンチなところや、吾郎さんの腕が
好物なところや………
……キリがないからもういいや(笑)。

どんどん、カッコいいオッサンになってってください。
小生にとってはきっと、これから先も
永遠のグラビアクイーンだろうけど(笑)。

はっぴーばーすでー。


/MARU

なんだかんだで、マイコーが関わってくる話。

朝から、慎吾くんとミタニンと小西さんの会見を
(とくダネでだけ)チョロッと見て仕事場へ。
いよいよですなあ。
あれ?左顎(エラ部分)が…?と気になってたら、歯ぁ
抜いたって言うとるじゃありませんか。
どこにプレッシャーが行っとるんだ、キミは。
小生は…悲しいかな、国内での公演も見る予定はないけど
ケガや体調不良など起こさず、無事に乗り切ってくれる
ことを心より祈っとります。
この人が同じ演目を何度も演るってことがどんなに
大変かよくわかってるつもりであります故(…笑)。
いや、これでまた舞台の魅力を再認識してくれたら
いいなとも思うのですけどね。
良い舞台を!
……WOWOWとかで見れんのかね、これ。←往生際悪し。


『THIS IS IT』見て以来、マイコー三昧してる毎日。
いや、そりゃハマるって!(笑)
あんな凄いの見せられて、ハマらないはずないじゃないですか。
でもって、リハを見ることができて、マイコーの人柄が伝わって、
他のを見返したくならないワケないじゃないですか。
で、連動してスマコンVまで見たくなるスマヲタの性を
知るってもんなのですよ!(笑)。
…いつもマイコー鑑賞で時間食って、結局スマ見ようと
思ったらいいかげんに寝ろよ!な時間になってるのの
繰り返しなワケですが…。はははははは。

メールやコメントで、映画見てきたよ報告もいくつか
いただきました。ありがとうございました。
本当に感動ですよね。とにかく「釘付け」なんだもん、
リハなのに。リハなのにぃぃぃぃぃぃぃ。
こんな心揺さぶられるリハがあっていいもんじゃろかーーー。
フィルムコンサート扱いで、スタンディングも声だしも
OKってのをやったほうが良くないかいってくらい。
…あ、また語り始めようとしている…。イカンイカン。

なんか話し出すと止まらない気がしてきた。
マイコーについてはまた別に書きたいと思いやす。


『マイフェアレディ』が、以前より少し見やすくなったかな。
今まではとにかくテーマが嫌いで、吾郎さんのビジュアル
チェックだけして(だからしてチラ見)、中身は見ない
パターンが続いてたもの。
だから、ひな壇トークみたいなのは、(決して好みとまでは
いかないまでも)ホッとしますよ。
整形とか、許せない女をブーブー言い合うのとか、なんか
負の力が働く内容ってのは、ど~も嫌……。
あ、吾郎さんが女芸人さんを呼び捨てする声が…
好きだなあ…。


docomo新作CMの発表会…だっけかな。
ちょっとだけ久しぶりに松ケンくんを見れましたが、
髪が幾分伸びて無造作な感じになってるのが…良いです。
また顔つきが違ってきてますな。
ガンツ仕様?ガンツ仕様なんか????←ワクワク!
いや~~~~~なんか凄くいい感じ。
CMのほうはなんと金髪ケンちゃん登場!!!
これが予想外に可愛いんすけど。
SBのお父さんに負けず劣らず可愛いんですけど!←何故犬と比べる?
可愛いんすけど。可愛いんすけど!!!←…いつもの発作です。

ああ、この歳になって確信しましたよ。
小生はホント、「キュン」とさせられるものに弱いのだ。
それは、見た目が可愛いものとはまた違う「キュン」であり…
例えば性格とか考え方とか、物事に対する反応だとか、
喜んだり困ったりの表情だとか、話し方とか仕草とか、
動きとか……とにかく醸し出すものの中に「キュン」が
あるのだよね。
でもそこにまさかMJが入ってくるとは思わなんだけど!

とまあ、「キュン」で忙しい毎日を送ってます。
………めでたいヤツだと、我ながら思いますが(笑)。


人を誹謗中傷するのは簡単。
でも、人に感動を与えたり、人に笑顔をもたらすのは
大変難しい。
MJは、後者の最高峰にいた人だと、残されたSFやライブの
映像など見せてもらうたびに改めて思うのだけど、
スマも松ケンも、本当に素晴らしい感動や楽しみ、喜びを
与えてくれてる、小生にとっては大事な人たち。
まあ、生まれ育った世代は多少違えど(笑)、彼等と
同じ時代に息吹いていられることに感謝したいなと、
『THIS IS IT』を見てから強く思うようになりました。
ええ、楽しくもあり、切なくもあり、だだのリハの
記録映画と思う事なかれ、人として学ぶことの多かった
映画でありました。
ええ、世の誤解の怖さってのも………学んだよね。
その代償はあまりにも大きかった気はするけどね…。
この映画に愛と尊敬が詰まってるだけに。

って、また話の方向がズレていってしまっとりますが。
(脈絡無視しとるし。←いつもだが。)

そーいや松ケンくん、世代違うのに、マイコーを好きだと
どっかで言ってた記憶が。彼はチャップリンも好きなんですよ。
で、小生もチャップリンは小さい頃から大好き。
でもって、マイコーもチャップリンが好きだったと…。
………チャップリン繋がり(笑)。ちょっと嬉しい。

某所の動画サイトで、マイコーが歌った「SMILE」が聴けたのですが…。
…声がきれいで優しくて、なんだか泣けてきました。

って、結局マイコー話で終わってんじゃん!


/MARU

カラオケな話になってしまいました。

松ケン情報がないと書いた矢先に、docomoで
動きがありましたのね。
WSとかでは、昨日大きな出来事が2件起きてるんで、
その話題中心であまり流れてない…かな?
松ケン公式その他、情報系サイトで動画がUPされとるそうで。
昨夜は自宅のPC使ってたっつ~に、まだ何も見て
おりませんのよ。
今夜のぞいてみようっと。

昨夜はうちのPC、急にマウスがきかなくなって、
(コードレスなんで)電池切れかなと思ったけど、
動かすと赤い光は元気に点くし、もしかして何らかの
原因でIDが解除されちゃったんかなと思って再度設定
ボタンを何度も押し直すも、まったく反応無し。
どうしようもなくなって、とにかく電池を替えてみようと
新しい電池を探すも、たまたまストックが切れてる始末。
とりあえず、最近替えたばかりのリモコンの電池を奪い取り
セット。
………動いた。
なんだよ。電池切れてんなら、いつも通り赤い光も点かなく
なれよ!!!紛らわしいっ!!!
ということで、今日は単三電池を忘れないうちに購入。
…充電タイプの電池をそろそろ買おうかなあ。
最初は何千円かするから高いと思ってついつい、百均の
電池ばっか買ってしまってきたけど。
電池って、けっこう使用済みを捨てるのもおっくうだったり
するもんね。エコの面から考えてもね、そうしよう。

この前、久しぶりにカラオケ行く約束をしたのだけど。
ホント、小生はどれくらい久しぶりなんだろうか~~。
カラオケ自体もだけど、歌うという行為もかなり久しぶり。
以前住んでた家は、木造のボロ家だったけど、周りの民家と
ちょっとだけ離れてたこともあって、家の中でCDかけて
一緒に大声で歌うとかザラだったから、カラオケに行って
なくてもけっこう毎日のように歌ってた気がする(笑)。
今の家は、一軒家ではあるけど民家がムギュッと密集
しているうえに、あきらかにが薄くて防音もやってないと
思う壁だから(苦笑)、たぶん普通に歌うと周りにダダ漏れ
してしまうだろう…ってなこともあって、あまり歌わなく
なったし、いつのまにやら家族でカラオケに行くことも
なくなってしまった。
カラオケ…というか、歌うこと自体は好きですがね。
歌うっていいことだもんね。
自分の声は、細すぎて全く面白味も何もない声質で
好きではないけど。
騒ぎすぎるのも好きじゃないけど。状況にもよるけど、
宴会的なへんな合いの手とか嫌いだもん。
普通に歌(曲)を楽しみたい。

さて、そのカラオケ。
かなり歌ってないから、声出なくなってるだろうし、音域も
ただでさえ狭かったのに、ますます狭くなってんだろな~。
声質も老けたやろうなあ(笑)。
ってか、最近の歌をよく知らないんデスケド。←致命傷。
(歌えるほど憶えてない…。)
最近カラオケ行くのに、楽しみ無くせに若干憂鬱なのは
こういう理由があるからかもしれない。
………古い歌しか歌えない…………。
実は、10代までに憶えた歌はいまだに歌えるのに、
二十歳過ぎてから憶えた歌は、どんなんやったっけと悩むほど
忘れてるのもゴロゴロあるという、恐ろしい事実。
鈴木結女さんとかGAOとか、ボーイッシュで個性的な
声の持ち主のアーチストが好きでよく聴いてた時期が
あったのに、当時はカラオケでもよく歌ってたのに、
今や全然、見事なほどに歌えない。
……自分の老けゆく脳みそが悲しい。悲しいぞ。

ちなみに、スマの「この瞬間、…」も歌えません。
曲自体は好きだし、憶えてはいるけど………
歌うとなると……話は別。
早口はキライです。
(スマは5人でパートに分かれて歌うけど、小生は
一人で歌うんだぞ!)

80年代Jポップ(聖子ちゃんとか明菜ちゃんとか
チェッカーズ)でも歌お。
あ、聖子ちゃんはキー下げないと声出ねぇや。←致命傷2。
…ピンクレディー……。百恵ちゃん……。←どこまで遡るんよ。
あ、懐かしいアニソンでも歌おっと………。←逃げた。
自慢じゃないけど、タイムボカンシリーズはけっこう
歌えます。←あきらかに自慢にならん。

自分に歌唱力があれば是非歌ってみたい曲は…
バラッドの主題歌だぁね。
この歌は沁みる。

英語歌詞が(発音良く)歌えれば是非歌ってみたいのは。
ヒール・ザ・ワールド
…カタカナ英語で歌うのは
とても空しい。←マドンナの曲で体験済み。


/MARU

マイコーと吾郎さんとスマスマと。

マイコー話が続きますが(だって『THIS IS IT』の余韻が
抜けないんだもん)、お友達Cさんのおかげで、今頃になって
87年に日本でBADツアーをやったヤツ(民放でOAされたヤツ)の
Vを見ることができましたよ。
ええ、ネットの投稿動画でなくて、ちゃんとVで!
ブロックノイズ無しの、おっきい画面で!(笑)
それも長年眠ってたVHSでしょうに、録画の状態がすこぶる
良いときたもんだ!
まさか、こんなお宝映像を今になって見ることができる
なんて、夢みたいっす。夢みたいっす~~~!!!
Cさん、本当にありがとう~~~~~。
これを持ってたなんて凄い~~~~。
マイコー若い~~~。
ステージの作りがまだ幾分シンプル~~~。
…87年て、小生がチェッカーズのライブに初めて行った
年だったな……。
スマなんか結成前だよ。うひょ~~~~~。
観客の服装や髪型やメイクに時代を感じるぅ~~~。
もろ80年代~~~~。
…あ、ちょっとおねぇな文になっちまった。

あまぞ~んから購入したDVDも鑑賞。
ムーンウォーカーはまだだけど。
このへんの感想は追々。

そんなマイコーをパロッたことのある、小生の癒しの王子・
吾郎さんが、昨日の月曜いいともに慎吾くんの代打で
出とりましたな。
フラフープ&へなちょこ側転で、小生はフニャフニャに
なりましたよ。吾郎さん、和む。←それも爆笑付きで。
たれパンダ以上に和む~。
(ホント断らない人だな、ゴロさんってば。そんなとこ
大好きだけど。)フニャ笑いがほんっと可愛い人だ。
あれを見るだけで、小生は心がほっこりするんですわ。
いいとも選手権で「指図」する吾郎さんて(笑)。
「指示」でいいのではなかろうかと、こんな発言にしても
ちっちゃい神が降りてきてる吾郎さんに、ますます
愛おしさを憶えた小生でありました。

スマスマは、初めてさんまさんを羨ましく思いましたよ。
小生も鵜飼いならぬ、「ス飼い」して~~~。←そこかい。
(でも、テープの色間違えとったよ、さんまさん。
木村さんが赤で、ピンクを中居さんにやらねば。←コマカい。)
歌でキムラちゃんが吾郎さんにじゃれてるのを見て、
小生の休憩中だったレーダーが久しぶりに作動したのは
言うまでもない。←何レーダーだよ…。

/MARU

THIS IS IT再び。

金スマ、毎週予約をしてるはずなのに、気づくといつも
予約が解けてるのはなぜ。
6日はオンタイムで見たからよかったけど。
今や尊敬に値するヘルムートのひとり農業を見るのは
好きなんだけど、
予約し損ないとかで、けっこう見逃してるんだよなあ…。
肝心な、中居さんたちが遊びに行った回は見てないし…。

というワケで、ずっと某お二方から面白いから見ろ見ろ
言われている「ダイ・ハード」は裏チャンネルだったんで、
オンタイムでは見ず。←録画はしとります。
そうなんですよ。小生は「ダイ・ハード」をシリーズ全作、
1度も見たことないのでありますよ。
完全なる食わず嫌い。
面白いから見ろと、全く関係のないお二方から
同じように言われとりまして(笑)、1作目ぐらいは
見とかんとイカンかな~と思いますが。
小生はちょっと胸に「キュン」とくる要素のあるものが
好きなんで、ど~してもその基準で選んでしまうから
偏るんだな。
近いうち、見ます、はい。

土曜は、衝動的に(仕事が終わってから)またマイコーに
会いに行きました。ええ、まさにこれだ!THIS IS IT!
客の入りは100人弱ぐらいだったかな。
小生は前寄りの席を(わざと)選んだんで、その列には
(ど真ん中に座る)小生一人きりという、ものすげ~
贅沢な状態に。もうマイコーの舞台独り占め(笑)。
これ、たぶん何度見ても飽きんと思うわ~。
というか、何度も見たくなるわ~。
楽しい。楽しいのにやっぱり切ない。見惚れてるし
聴き惚れてるのに、時々グッとこみ上げるものがあり、
泣きそうになる。
見てるうち、知らない間にまるで神様にお祈りしてるかの
ように、胸元で手を合わせた状態で見入ってたりして、
自分でびっくりする時がある。珈琲を口にしてコップを
椅子に取り付けてある受け皿に戻すときさえも、視線を
手元にちょっとでも落とすのが勿体なくて、もたもた
手探りで戻したりして(笑)。
とにかく全てが素敵すぎて、目が離せない。…リハなのにさ。
いや、リハだからこそ、マイコーの人間性が垣間見れて
余計に魅力を感じているのかもしれないなあ。
ダンサーやスタッフの仕事ぶりや、楽しんでる様子を
丁寧に見られるのも、メイキング好きにはたまらない。
それに、なんだか心が洗われる気がする。凄く澄んだ
優しい穏やかな空気に包まれていく気がする。
一つの目標に向かって大勢で何かを作り上げていく
ことをやってる人は、この映画を見ることで大きな
何かを学べるような気もする。
あ、そうそう、エンディングでスタッフロールだけに
なった瞬間に必ず、さっさと帰りだすせっかちさんが
いるんだよなあ~。
最後の最後にもうワンシーン、ちょっとおちゃめな(いや
本人は大真面目だったかもしれないが)MJが見られると
いうのに。最後まで席を立たないほうがいいですぞ。
日本でも無事にDVD化してくれることを祈りますわ。
といっても、家じゃ映画館のあの迫力は望めないけどね。

あ、あまぞ~~んに注文してたDVDは、今日仕事場に
届きやした。
今夜、スマスマの前後に見ようっと。←東京わんこがMJに負けた日…。


…最近松ケン情報が途絶えまくっとりますが。
ガンツの撮影に入ったばっかり?じゃないかと?思うけど、
頑張っとるかな?
ニノくんの情報をキャッチすれば、松ケンのお仕事ぶりも
見えてくるんだろか。
………スマ以外のジャニくん達には、てんで疎くて困る(苦笑)。
一応ジャニwebに登録してるんだから(毎月315円
引き落とされてるんだから)、あらしちゃんのページも
覗くようにしよっと。

/MARU

歌って踊る姿に魅了されちまってる今日この頃。

松井選手の活躍は、スポーツニュースでしっかり見れましたが。
に、日本シリーズもおもしれーーーーー!!!!
なんだこの接戦!なんなんだこの接戦っ!
ドラマよりもドラマだわーーーーーー!!!!


夜中に、マイコーのデンジャラスツアーの時のVを見ました。
部分的には見たことあったけど、通してみたのは実は初めて。
うんがーーーーーーーー!めっさかっけー!←どこ人よ。
でも前半の衣装は後ろからみたら「…ふんどし?
Tバック?」な感じで、格好いいと言うよりはちょっと
おもしろい…かも。
いやーーー、観客は狂喜乱舞で泣きながら絶叫してる人が
いるし、アリーナから湯気立ってるし、失神者続出だし。
いやでもその気持ちわかるよ。←あの中には居たかないが。
この時のマイコーって(自分の好みから言っても)特に、
尋常じゃなくかっけーーーーーー。
風になびく白シャツ(中はタンクトップ)に黒パンツという
シンプルな装いなのに、それがめっさかっけーーーー。
で、この人のステージが、いろんなアーティストに影響を
与えてるってことがこれでわかるなあ。
ポップアップ使ったり、合間にイリュージョン的なことを
見せたり、リフター使ったり。
なんか、だれかさんたちと思い重なるものがありましたよ(笑)。

ということで、連鎖反応が起きて、そのだれかさんたちの
コンビデオも見たくなってくるワケですのよ。
さすがの昨夜はね、これ以上続けてみたら朝になっちゃうんで
やめたけど。

そんなこんなで、マイコー追悼で特集されたPV特番を保存
せずに消してしまった後悔を今さらながらしつつ、
THIS IS ITを見て以降、とにかく歌って踊るマイコーを
いろいろ見たくてしょうがない病にかかってる小生。
でも、ツアーのセル版DVDって、意外と今現在は
出てないんかな。あんまり見かけない気が。
とりあえず、あまぞ~んとかではマイコーのDVDは(元々
お手頃価格なうえに)割引率も高いんで、こりゃもうPV集を
ちゃんと買おうと思ったのはいいけど、どれを買えば
いいんだ?状態。
各商品のページで読める購入者の方々のレビューを参考に、
グレイテスト・ヒッツ・ヒストリーってのと、
ヒストリー・オン・フィルムVol.2と、ムーンウォーカーを
注文しちまいました。
(もう1種良さそうなのがあったけど、それは在庫が無かった。)
ムーンウォーカーなんて、新品で1000円ちょいって、
どゆことよ。
3枚合わせても、スマコンDVD1組より安い。ひやー。
(↑販売規模が違うので比べてはいけまへん。)
あ、でもムーンウォーカーを除く2枚は、どうやら画質が
イマイチらしいっすね。せっかくのPVなのに、なんでまた。
いずれ、ブルーレイ版とか出るんじゃないかとも思うけどね…。

ということで、歌って踊るマイコーとスマが好きっつー
話で今日は終わるのです。

…なんだそら。

あ、そうそう。
小生が持ってるマイコーのCDは、まさにオンタイムに買った
BAD(中身は諸事情でスリラーになっちゃってるけど)と
グレイテスト・ヒッツのカセット(当時はまだカセットでも
販売されてたんよ~)。んで、DANGEROUS。
でも、耳だけってより、歌って踊るマイコーを見たい派で
あります。

今はDVDやらブルーレイやら、高画質・高音質で擦り切れない
お手軽なものでいつでも好きなVを見られる、良い時代っすね。
市販のビデオがやたら高かった時代を思い出しちまいました。

なにせ、音でいえばソノシートの時代から知ってますからね。
あはははは!
けっこう生きてるぅ~~~~~。


えと。
スマ特番のことで、お二人の方からコメいただきました。
ありがとうございました。
そーだった。スマステ慎吾くんがミタニンにさらわれて
いってるんで(←舞台と言え)、その穴埋め特番って
ことでもあるんですな。ちょっと忘れてた。← …。
まあ、確かにもっと早くOAされるものであったかも
しれないけど、中途半端な時期であっても、OAして
くれるのはありがたいっす。
来週楽しみにしとこっと♪


/MARU

今年もかい!?

先ずは。
ヤンキース松井選手、おめでとーーー!
6打点すげーーーー!!!
MVPすげーーーーー!!!!
でもまだ映像見れてな~~い!
今夜のスポーツニュースは絶対見逃せないわっ!


スマスマ。
任侠パロでも、彦一は本気です(笑)。
ビストロは…。
戸田恵梨香ちゃんが『エンジン』に出てたことを
すっかり失念していた小生。(小生の中ではすっかり
デスノのミサミサ…から知ったような錯覚に。)
木村さんは、嬉しかったろうなあ、あんな風に、自分の
言った一言で良い方向に変われたって言われたら
(まあ、顔には出すまいとしてたけどねん。ふふふ)。
先週のどつよくんもつよっさんにアドバイスしてもらった
こと言ってたっけ。
スマも良き芸能界の先輩になっていってるんだなあ……。
松田翔太くんはお父さんやお兄さんとも違う、
もしかしたら一番親しみやすい感じでありながらも、独特の
雰囲気があっていいよね。
そ~~だ、薔薇のない花屋で共演したやん!←…をい。
(すんません、このドラマOA中に松ケン祭りに突入
したもんで、印象が散漫になってしまっとるんです…。)

新語のコーナー、意外と好き。←新語自体は殆どわからんが。
今回はしっかり慎吾くんも風船割れる時に耳を塞いで
あげてたなあ。前回の木村さんに学んだのか?(笑)。
しっかし全開もだったけど、木村さんは女芸人さんとの
接近戦を楽しんでるよね、心底(笑)。
で、吾郎さんは何気に優しく、で、つよっさんはいつも
あんまりこのコーナーでは印象を残さない(爆)。

歌は、リスペクトシリーズに突入なんかな。
あとの4人は誰を呼ぶんだろ。ちと楽しみ。
…だけど、オリジナルももっと精力的に歌ってほしい。
NHKのSongsとかには絶対呼ばれそうもないしさ。
自分たちの番組でしか、好きに歌える番組が無いじゃ~ん!
↑やっぱり毒を吐きたがるのであった。


とーーこーーろーーでーーーー。
いつのまにやら、また紅白の司会はナカナカコンビにケテーイとな。
他におらんのかい。
……ということは、またスマも出るのか?
また手に汗握る、年越し修行をせなならんのか?
いっそ、スーパースター☆をメインに歌って、お祭り騒ぎに
すりゃいいんだ。
って、また紅白に付き合わないといけないのか~~~~!
うがーーーー。

14日に?
SMAPがんばりますっ!!の特番があるみたいだあね。
詳細は知らないけど………なんか中途半端な時期にやるのね。
…なになに?未公開シーンとリクエスト?リクエストてなに?
まあ、忘れそうな時間帯だから、忘れないうちに予約入れとこっと。

昨日の仰天は、意外な連続殺人犯に絶句。
というか、その何十件もの事件はそのあと無事に解決して
いってるんだろか、それが心配っすよ…。

/MARU

マイコーと同じ日に見たもう1本。

買った前売りで「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を
見てきた話は昨日しましたが。
同じ日に、貰った前売り使って映画のハシゴしてきたのが
コレ、『仏陀再誕』。

アニメです、これ。
作ったのがまあ、普通のなんたら制作委員会とかでは
ありやせんが、そんなことはさておき、普通に見てきたんで
普通に思ったまま感想書きますのことよ。
思ったよりは面白かったっすよ。元アニヲタとしてはダメ出し
したいところは多々あったけどねん。主人公を助けた
大学生の男の子が主人公の○○○だったってシーン、
ちょっとわかりにくいがな~。で、部分的に3Dアニメに
なってたんだけど、ここはべつにせんでええだろ、とか。
やっぱ動きがちょっと、映画にしてはテレビアニメ並み
だったりとか。
物語中盤の、空野センセというキャラの説法は、
宗教がどうとかではなくて、普通に人の道徳としてとても
為になるものだったから、それが一番の収穫かな。
…後半ちょっと話がSFファンタジー色が濃くなって
ぶっ飛んでったっけど。(ぶっ飛んだ展開の割には、
日本の野球ドームで悪と善の対決っちゅ~、規模が大きいのか
小さいのかよくわからない、へんちくりんな闘いになってったけど。)
終盤の空野センセの台詞がちょっとくどい気もしたし。
でも、飽きずに最後まで見れたから、見せる力は充分
もってる作品だったのではと思います。はい。
しっかし、ストーリー中盤過ぎた頃に館内に入ってきた人
(それも明らかにご年輩の方)がいてびっくりしましたよ。
…もったいないじゃん!次の回にすりゃいいのに!
…そういや、日曜だというのに、一人子供の声が聞こえてた
くらいで、ほぼご年輩の方……(男女比率は半々ぐらいか?)
だったような。


この日はある意味、二人の神様の映画を見てきたって
ことに(笑)。
たまにはこういう変わった取り合わせもええですね。
またいらない映画のチケットあったら下さいな。←誰に言うとる。

先月から最近にかけて、地元のユナイテッドシネマに行くたび、
好きな映画を3回各1000円で見られるカードをタイミングよく
貰ってきてたんすけど、結局3枚溜まったんで…
1年の間に9回、好きな日に1000円で見られることに。
日曜に見に行くことが多い身としては、大変助かるので
あります~~~。

今度は何を見に行こうかな。
1日の日曜は満席状態だった『沈まぬ太陽』は……
自分には、ちと重厚すぎる気がして。
吾郎さんが月イチでホメてた映画なんだけどもね。
ちょっと…ジャンル的に苦手かもしんない………。う~む。
これこそ、チケットくれ、だな(笑)。


/MARU

マイケル ジャクソン『THIS IS IT』。

1日の日曜に見てきましたよ。
見に行く2日前にしっかり座席券を確保。
中段よりやや前寄りのど真ん中の席で鑑賞したTHIS IS IT。

まるで公開リハを特等席で見せてもらってる錯覚に
陥りそうになる。マイケルが歌って踊り終わる度に
拍手したくなる。見ていて幸せ。楽しい。圧巻。
楽曲の良さもさながら、CDの印象と全く変わらぬ生の
歌声に、心が震える。
そして文句なく格好いい。
ああ、プロだ。彼は(あたりまえだが)正真正銘プロ中の
プロだ。
けど時々少年のように感じることがある。どこが50歳
なんだと疑いたくなるほどに。
そして憧れずにはいられなくなる。
細かいところまで神経を行き渡らせての指示、調整。
今では使ってあたりまえのものを、使い慣れず戸惑い、
スタッフに訴えるものの、「怒ってないよ、愛だよ」と
言いながら指で「LOVE」と描くマイケルが可愛い。
こだわりはあるが、決して傲慢ではない。
「ここが君の見せ場だよ」と、24歳の女性ギタリストに
最高の音を引き出させようと導く姿。
しっかり意見の交換はしあってても、ずっと穏やかで
気配りしてる姿。きっと彼も、この久しぶりのコンサートに
向けての準備を、皆と一丸となって観客を夢の世界に誘う
ためのリハーサルを、心から楽しんでいたに違いない。
彼は、彼自身は、とても人が好きなのだと思えて止まない。
地球環境に関してもとても関心が深い人だった。
彼の「LOVE」が歌に溢れていた。
見てるうちに鼻の奥がツーンとして、目頭が熱くなってきた。
マイケルの「澄んだ魂」を自分の中に潜む「澄んだ心」が
受け止める、それがマイケルのコンサートなのだと
いうことがわかった。

悔やんでももう遅い。
マイケルは突然逝ってしまった。
と同時に、このコンサートの完成型は、幻と化してしまった。
このリハ映像に関しては、完璧主義だったマイケルにとって、
人に見せたくなかった映像だったのではないか?と問う人も
いるけれど、小生は「見せてくれて、映画にしてくれて本当に
ありがとう」と心底思う。
メイキングだけど、リハだけど、それを貴方は完璧にやって
のけている。そしてその空間は、夢と優しさに溢れてる。
全然お涙ちょうだいのような演出なんぞ一切ないのに、後半は
ずっと泣きそうになりながら見ていた自分。
だってね、スクリーンの中の、リハ中のマイケルはこんなに
目標に向かってイキイキとしてるのに。
なのに、本人はもういないのだもの。
つい、何ヶ月か前までは、こんなに精力的にリハをこなして
いた人が。
…見終わった時、拍手が起こった。
自分も思いきり拍手した。
見て良かった。
素直にマイケルにありがとうと言いたい。

この映画はあくまでもコンサートリハ映像をまとめたもので
あり、今や亡きMJの最後のドキュメントなので、「記録映画」
のジャンル。本人に興味なけりゃ見なくても良いと思いますが、
誘われたか何かで見に行った方が、自身のブログなどで
「自分のようにあまり知らない人が見るべきなのかも」と
書いてらっしゃる方が多いのも事実。
本職以外の部分で騒がれ過ぎた彼のイメージしか知らない人は、
これを見たら驚くかもしれませんね。
小生も彼に詳しいワケではないけど、これでもCD買ってたこと
あるし、洋楽を殆ど聴かない小生にとって、彼(とマドンナ)は
特別な存在であることは間違いないんす。
とにかく、ちょびっとでもMJの曲やMJに興味がある人は、
映画館に足を運んで損はないと思います。
DVDやブルーレイになったら見るとか言ってる人は、
(家にご立派なシアターシステムをお持ちでしたら別だけど)
あの臨場感と重厚な音は映画館でしか味わえませんよ。
(それにまだ現時点ではDVD化の情報は無いし。)
…まあ、最寄りの映画館の設備で多少差はありましょうが………。
やはり、音の迫力が違います。
MJの才能とあの魅力ある声と音のシャワーをライブ感覚で
楽しみたいなら、やっぱり映画館だな~と思います。


…これをLAで見てきたんだな、中居さん。
(字幕はもちろん無かったやろうから、MJとスタッフの
会話などは聞き流しだろうがね…)
実際コンサートをやる立場として、THIS IS ITを見てどう
感じただろうなあ。
他のメンバーはもう見たのかな。
いい刺激になったらいいな。いや、なってくれ。
って、言われなくてもなったろうけど(笑)。

スマスマ特別編、楽しみにしとこ。

あ、上映延長ですってね。
だったらもう一回見たい。行けるかな。
この才能は、何度でも見たくなりますな。


ところで、ネットでちょこちょこ映画の感想を読ませて
もらったりすると、マイコーをいついかなる時もずっと好きで
応援していたファンの中には、散々マイコーを変人
呼ばわりしていたのに映画見てコロッと寝返ったように
絶賛しちまってる輩(まあ、世間というか)に関して
「なんだかな~」と思ってたりする方もいるようで。
小生は、マイコーに関してあまりブログに書いてはないように
思うけど、自分で検索したら2003 02/25付の記事で、
当時放送されたマイコー特番のことについて書いてるのが
ありました。←ちょっと日本語を間違ってる箇所があるが。ははは。
ということで、手のひら返した人間ではないということを
言い訳しつつ(笑)、この辺で。


/MARU

一週間遅れで書いてみる。

まるまる1週間何も書いてなかったっすね。
こうなるともう、何書けばいいのかわかんなくなるのう。

先週のスマスマは、一番後輩らしい後輩、KinKi KIdsが
初のご来店。あのほんわかムードと思い出話で随分
和ませてもらいましたわ。
今やキンキも三十路に突入してしまったワケでありますが、
やはりスマの前では(特にどつよくんは)、可愛い後輩
モードを炸裂しとりましたなあ。久々にわんこ系な表情に
なってるどつよくんを見た気がしますわ。
あのかくし芸のモータウンショーは、小生の保存版お宝映像の
一つであります。年一ぐらいで見てるかもしれない(笑)。
ゲームのコーナーも、歌も、とにかく二週続けて久しぶり
(って言うのもなんかトホホなんだけど)面白かったなあ、
スマスマ。
5人がそろう番組はこの1本だけなんだから、初心を
忘れず、SMAPの5人が、視聴者を楽しませてほしい。
どんな大物の、今が旬の、話題の人がゲストで出演されようと、
肝心のSMAPが面白くなきゃ、5人が動いてなきゃ、彼等独自の
色が出てなきゃ、意味がない。

……しまった、スマスマのこととなると、最近はつい
グチってしまう傾向が…(苦笑)。
というか、グループとしての活動、歌の活動がイマイチなのが
小生には不満なんだよなあ…。
だって小生は完全群れ班なんだものっ!!!!!
ここんとこ、よく(自主編集DVDの)歌って踊るスマを
見てるから余計にですねえ……。クドクド。
サクサク曲を出してってる、グループとしての持ち番組も
多い某Gくんたちが羨ましいなあ。
いや、隣の芝生はなんとやら。
スマはスマ。
でも曲出せや。アルバム作れや。
小生は君らの歌がどんなにヘタでも(←あ、ストレート)、
踊りがどんな揃ってなくても、君らの歌声を聴きたいし、
君らの踊りを見たいんだよ~~~~~~~い。

今夜のスマスマは、パロだけど彦一に会えるのが楽しみ。
(予告で見た、残念すぎる面持ちの中居さんの組長にワロタ。)



や~や~や~、ついにカムイフィギュアのページが
できちゃってますなぁ。(→ココ。)
ホクロ。ホクロ。ホクロがあるし。←ここ重要。
アヒル口だし。←ここも重要。
立ち姿も、鋭い眼光も、髪の感じも、ああ、全部
完璧カムイケン~~~~~!!!!!
ホレてまうやろ。
………てなワケで、とうとう、あまぞ~んで
予約ボタンをポチッとなしてしまいましたよ。
こんな(小生にとっては高額な)フィギュアを
買うのなんて初めてだよ。Lのねんどろいどさえも
全く手ェ出さなかったのにさ。←松Lじゃないからだけど。
でもよかった~、20%OFFで。
だって、仕事場で飾ってる(食玩みたいな)島村ジョーの
ちっさいフィギュアぐらいしか持ってないのに。
…ますます世捨て人になっていってる気がしてならないが、
…ま、いっか。←今さらね~(笑)。

昨日は映画を2本見てきましたが、ドラマ話を含めそれはまた
別の記事で。

/MARU

Page Top

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。