1. Top » 
  2. 2009年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

「かっこいい」を発信?

本屋の文庫のコーナーで、松ケンが期間限定で表紙に
なってる「銀河鉄道の夜」他2点の角川文庫が棚に
並べて置かれていた。
……口をポカーンと開けたまま眺めて3分。
いや~~、なんなのあの表紙の写り方。
あの雰囲気の出し方は凄いよね。松もだけど
カメラマンもすげ~と思うワケで。
今日は買わなかったけど、その本屋の
ポイント5倍DAYの時に買ってやるさ!!!
で、貼ってあったポスターにも…みとれる。
かっこいいなあ、かっこいいなあ、
かっっっっっこいいなああああああ。
こんなかっこいい要素しっかり持ってんのに、
ノルウェイの森では(髭ないのに)もっさいし、
シャツインしてるし~~~。素敵やん。←楽しいらしい。

なんか最近かっこいいかっこいいばっか言ってるな。
ボキャブラリーなさすぎ。
でもかっこいいものはかっこいいんだもんなあ。


……自分もかっこいいものを生み出したくなってきた。

自分自身はちっとも格好いいところはないけど、
かっこいいものを創り出すことはたぶんまだできる
………かな。

かな。

…かなぁ………。

………う~~~~~~ん。

とりあえず、仕事で入れ墨入りのヤンキーの兄ちゃんを
描かなきゃいけないんで、それが終わってから考えよう。


/MARU
スポンサーサイト

イトカツ優勝&スマスマ・マイコー。

婚カツ最終回は、なんか全部イトカツが持っていったような
気がしてならないのは小生だけじゃろか(笑)。
最後2回は楽しく見れたな~。
しっかし中居さん、太い。前も横も後ろも手も。
ムチムチしとらす。(訳:ムチムチしてらっしゃる)
まさか万年太い小生が、中居さんを「太い」と言って
しまうなんて、10年前には思いもしなかったことだわ(笑)。
で、夏クールのブザービートに興味津々。
…プライドバスケ版みたいな感じ??
初回見てみるか。

任侠ヘルパーのCMで「花」が流れてるから変だな~とは
思ってたけど、主題歌がスマの新曲なんすね。
(まだ曲が準備できてないから花だったんか)
曲名は………ほっと もっと…じゃなくて。
「そっと きゅっと」だそうで(まあちんさん情報ありがとん)。
どんなテンポの曲なんだろ。
で、CD出たらカップリング曲はどんな曲になるんだろ。
カップリング曲好きである小生は、それもまた楽しみなんだな。

昨日のスマスマ、右脳クイズ?は来週に持ち越しなのね。
マイコーのドッキリは、06年当時、とてもテレビ映りが
悪い環境だったんで、綺麗な映像で撮れる~と喜んでたのに、
昨日は大雨・土砂崩れ警報が出まくりで…………、
そりゃ大事な情報だけど……ちょっと泣きましたわ。
マイコーとの記念写真は初出だったんすね。木村さんが
乙女な感じで写っててカワユシ。
でも中居さんの「Takai」ネタは流れなかったなあ、あれ、
わろ~たのに。
MTV Japanで流れたマイコー特集も録画して、スリラー他
数曲のPVを見てみましたよ(3時間あったからいっぺんには
消化できんので、はしょり)。やっぱ格好いいなあ、マイコー。
マイケル・ジョーダンが出てるPVもあったんだねえ。
お互いにバスケやダンスを教え合ったりして、ワキャワキャ
してる場面がなんか微笑ましかったなあ。
当時のマイコーは笑うと顔がすっかり少年になって
しまうんだよね。そこがまたいい。
…おっと、話をスマスマに戻して。
久しぶりのバンバカが楽しかった。
なんかこういう浮かれる感じって、最近のスマスマには
あまり無い気がするから、ちょっとテンション上がったなあ。
最後中居さんがバテまくってたけど(笑)。ま、中居さんが
バテる、ここまでがセットでバンバカなんだよね(笑)。

さて。
今日はキムハ、ブレイク……じゃなかった、キミハ、ブレイク
ですわよ。ミスブレNG集が流れるそうで、ふふふ、楽しみ!
…でも、MW 0章(だっけ)も楽しみなんだな。
さて、21世紀少年とMW、実写版対決はどっちが自分の
好みだろうかねえ。

最近地元は地震速報が多い。
明らかに小生が住む地域が「震度3」って出たことが2回
あったんだけど、2回とも寝転がってた時間に間違い
ないんのに、まったく揺れに気づいてない小生。
というか、周りでも「揺れたね」なんて会話ないし~。
……なぜ。

地元関連でもいっこ、私信。
まめぞうさん、いつもありがとうです。
ローカル誌、見てみました。確かにあれは、吹く(笑)。

/MARU

映画とかドラマとか。

…狂ったようにどしゃぶってる今日なんすが…。
風も強いし、実家のボロ家、大丈夫かな。
今年一度、屋根の一部が壊れたんすよ。あまりに
雨風が(台風並みに)ひどいときがあって。
ホントに絵に描いたようなボロなんでね。ははは(苦笑)。

コンビニに寄ったら手塚治虫氏の「MW」が小さい雑誌の
サイズで出てた。ちょうど読み返したかったからラッキー。
これ、断片的にしか読んでなくて、ストーリーを完全に
忘れてしまってたんだよね。同性愛的要素があったって
ことぐらいしか憶えてなくて。←もっと違うところを憶えとけや。
そ~いや明日、MWのスペシャルドラマが放送されるんだよね?
見る見る見る見る。実写がどんな感じになってるのか
楽しみだな~~。
映画を見に行くかは、ドラマで決めよ。

今日は19:30からMTVでM・ジャクソンの追悼特番が3時間
あるそうで。ビデオクリップを沢山流してくれるらしい。
一応録画セットしてきたけど、この悪天候で影響受けなきゃ
いいけどなあ。
やっぱり自分がよく聴いてたBADの頃の彼は
最高にカッコイイよなあ………。

脳男(脳氏とも書く人いるね。こっちが文字の意味的には
正解か)でありますが。
ま~、内容はどんどんツッコんで下さい的なサービス
(…なのか?)がてんこ盛りになっていっとりますが、
それはたぶん犯人側が「なぜそうしたのか?」って動機に
ついての説得力が弱いからだと思うのであります。
事件のインパクトは強烈にできてるのに、動機が弱い。
事件にかかわる人たちの描写が薄い。
でも、そこを強調すると、なんとかサスペンス劇場みたいに
「情」重視な展開になっていくからなあ…。あまりに
トリックに凝ると今度は金田一少年みたいな感じになってくるし。
あくまでも、「(一般にわかりやすい)脳科学」重視で、
猟奇的殺人であって軽快な展開でいきたいってことであれば、
今の作り方でもいいのかもねん。
…ちょっと先が読めちゃうけど。

7月はね、見たいBS・CS番組がけっこうあるんすよ。
日本映画専門チャンネルでは、去年公開された松ケン主演の
DMCがCS初登場(PPV除く)で、初回放送分には軽部さんの
解説がつくらしくて。あの軽部さんがどんなふうにDMCを
語るのか、興味あるから(DVD持ってるけど)見るつもり。
あと、WOWOWでは、ちょっと見てみたいなあと思ってた
ガクトさんのライブでしょ。で、舞台の「ムサシ」(藤原×小栗)
でしょ。あとどっかのチャンネルで劇場版のZガンダムが
なかったっけ。これ、ずっと見そびれてるんだよなあ。
今度ばっかりは見ないと。
…ちゃんとチェックできるかなあ…………。
あ、今週、地上波でヱヴァンゲリヲンがあるんだよね。
小生にとっては初ヱヴァとなりやす(笑)。

/MARU

松ケンだったりスマだったり(タイトル書きようがない)。

最近になって、ニンテンドーDSが凄く欲しくなってきた。
でも、それで(小生が唯一楽しめるジャンルである)RPGを
するのではなくて、脳トレや、漢字の勉強とか、ボケ防止
みたいなものをやりたいんだよね(笑)。レシピとかも役立つし。
RPGもいいけどね……、ドラクエももうすぐ出るしね。
でも小さい画面でゲームをやり続けるのがすごく苦手だから、
ムリだと思うんだよね……。
Wiiの体を動かすゲームとかもすごく興味あるんだけど、
うち狭いから、健康どころか危険が伴うわ(笑)。


昨夜、カムイのドキュメントDVDが出るってことで
浮かれてたけど、収録分数30分予定って………
なんか少ない気がするなあ。
DMCのドキュメントDVDは、たぶん同じぐらいの値段
だったと思うけど、たっぷり60分、中身もよく
詰まった感じで収録されてて、大満足だったんだけどな。
もちょっと分数増やしてほしいなあ、松竹さん。
って、贅沢な注文じゃろかね。

さて、今年も夏のキャンペーンで松ケンを起用
している角川文庫。
またやりやがったな。期間限定の松ケン仕様の表紙もの。
今回は3種。
…………………
…………………買うしかねえな! ←完全にお得意さま。
だって、すごくイイんだもん(web Kadokawa参照)。

だって、すごくイイんだもん。
だって、すごく←もういい。

しっかし、松ケンくんもけっこう次から次に、いい
タイミングでお仕事が続いていってるなあ。
(マネージャーの)フムフムさんの敏腕ぶりが発揮
されてるのだろか。ファンとしては嬉しいことだけど。
(嬉しいと言えば、時々忘れた頃に送られてくる
フムフムさんのメール。近況報告が綴られたもの
なんだけど、あれはもらうとけっこうニヤける。)

といっても、雑誌とか時期的に集中して載りまくるのは、
嬉しいより悲鳴に近いけど(笑)。
松ケンくんってば、なかなか200~300円台の雑誌には
載ってくれないし。
スマメンと時期が重なると「散財しちった~」とテヘっと
してる場合ではなくなるほどの状態になっちゃうし。
……これでも絞って(選んで)買ってるつもりなんだけどね。
たぶん、ハタから見たら狂気のオトナ買いにしか
見えないだろな…。あはははは、あはははは。


はなまるに爆笑の田中さんがゲストで出たそうで。
残念ながら録画してなくて見れてないんだけど(科警研
メンバーと写った写真が公開されたのね)、昨日のAスタの
香川さんは見ましたよ。木村さんとはつきあってるそうで(笑)。
ミスブレの撮影現場はほんとうにいい雰囲気だろうなあと
いう感じが、ドラマの画面からも伝わってくるなあ。
DVDになったら、そういうオフショットみたいな特典映像が
入ればいいなあ。雑談してるとことか、食事してるとことか、
じゃれてるとことか。(劇場版HEROにはあったよね。
メイキングの中にそんな愛しい場面が。)


DVDといえば!
やっと「ユメ十夜」のDVDを買いましたよ!
アウトレット商品で出てたんで。安くで買えてラッキー!
(状態はすこぶる良好。)
今までレンタルしたり、CSやBSで放送されたのを見たりは
してたんだけど、セル版買ってよかった!第十夜の松ケンの
ところだけでも、約6分のメイキングや、舞台挨拶の
ダイジェスト映像が見られたもの。
うひゃひゃひゃひゃ。


さてさて。今日は九十九ちゃん。展開が楽しみ。
その直前のキズナ食堂のEDもかなりお楽しみ。

そういや仰天の3時間SP、後半からしかまだ見れてない。
……消化できるんかの…。←なんかいろいろ溜まってるHDD。

嗚呼、やっぱりスマスマでもやるみたいね、
マイコー追悼。
あの「ぽか~~~ん(ココ参照l)」なスマをまたこういう形で
見ることになろうとは…。


/MARU

メ~キングDVD!!!

『映画 カムイ外伝 ドキュメント 松山ケンイチ≒カムイ』

発売日:9/2(水)
品番:DB-0355
発売・販売元 : 松竹株式会社 映像商品部
価格:¥1,980(TAX in) 
封入特典:オリジナルポストカード

収録内容
撮影風景の完全密着、独占インタビューなどの完全ドキュメント。

商品仕様
2009年/企画:松竹株式会社/本編約30分(予定)+劇場予告篇/
日本語ドルビーステレオ/16:9(一部4:3)/片面一層/カラー/
(C)2009「カムイ外伝」製作委員会

     

衝撃2種。

マイコー、本当に亡くなったのか、マイコー。
朝から何の冗談かと思ってたのに。怪情報だと思ってたのに。
小生、スリラーじゃなくてBADの時だったけど、彼の
アルバムを好きでよく聴いてた時期があったし、スマスマに
マイコーが来たときは素直にすげ~~と思ったしね…。
(あの映像は小生にとっては永久保存版なのだ。)
いろいろ話題がつきない人だったけど、小生はやっぱり
彼はスーパースターだったと思うワケなのさ。
まだ半分冗談に思えてならないんだけど………
本当なんだよねえ……。信じられない。

で、信じられない続きにスマ。
そふとばんくがスマ起用ですって?
ドコモの松ケンもそうだけど、なんでことごとく
(自分が使ってる以外の)他社のCMに、小生の
めっちゃご贔屓さんがぞろぞろ出てくんだい!
なんだい!どうすりゃいいんだい!
嵐のファンになればいいのかーーーーーー????
………。
ほら、そふとばんくはケータイの新規契約したら、
犬のお父さんのストラップくれたりするでしょ。
犬のお父さんのも充分可愛くて貰うと嬉しいものだと
思うけどね。
あれが5スマだったら、小生は瞬間的に飛びつくね。
(…まあ、キャラデザインにもよるが。)
声が出るやつなら尚更ね(笑)。
例えば、そふとばんくでしか見れないスマ動画とか
定期的に配信されようものなら、即飛びつくね。
と~びつ~くね~~~~~~。←誰に言ってんだ。

…と、タイプの違う今日の衝撃き2種書いてみたけど。

あ、もう一つあった。
これは昨日の衝撃だったけど。
9月19日公開の松ケン主演映画『カムイ外伝』の
主題歌が倖田來未に決定となもし。
そ~~~~~きたか。
そ~~~~~~~~~~きたのか。
これは意外だったなあ。←具体的に考えてたワケじゃないけど。
彼女の歌声は好きだけど、さて、相乗効果は
生まれるのか、見てみないとわかんない感じ。
ただのタイアップてのだけは勘弁。
ちゃんと歌詞も、本編にしっかりリンクしたもので
ありますように。
あ~~しかし早く見たいな、カムイケン。
都心部ではもう試写会の情報が出てますな。
ど~せ小生の地元は。公開2日前ぐらいにしか
試写会をやらないに決まってる。
舞台挨拶、見たいもんだなあ……。
………原作読んで待つとするか。


しっかしマイコー。
コンサートが間近に迫ってたマイコー。
昨日まで、どんなことを考えてたんだろう、マイコー。
まだ50才じゃんか、マイコー。
…本当なんだよねえ…。
地元のFMでは、ずっと彼の曲が流れっぱなし。


/MARU

今年も発見!角川文庫。

今年も発見!

早速、新刊1冊めっけて購入(八雲よ八雲!)。
まるで八雲の実写版かと思うような雰囲気で、今年も
リーフレットに帯に栞にと登場の松ケンくん。
なんか表紙のイラストと帯の松ケンが……偶然なんだけど、
なんか似てる気がしてね。
ついこの前見た、ウルミラの陽人と同じ人たぁ~思えないなあ…。
去年に引き続き、角川文庫の松ケンは…………

カッコよすぎだべ。


/MARU

やっと「クニ」が見えた…かな、少し。

婚カツ&スマスマ、ともに辛口なこと書いとります。
楽しく見た方はスルーしておくんなまし。

» 続きを読む

ミラクルクルクル……。

頭がウルトラミラクリンで、どんだんずカーニバル中なので、
気の利いたことが書けません。←いつ気の利いたことを書いたというんだろう。
そういや、ウルミラ公式の横浜監督のブログに、小生が
映画を見て気に入ってた陽人の声(喋り方)について
書いてあったんです。ちょっと感動。
監督のセンスってのもだけど、それを監督の要望どおり
(もしかしてそれ以上)に見事に表現できてる松ケンの
役者としてのセンスと、いい具合の素直さに、ちょっと
感動をおぼえたのでありました。
ちなみにその記事はココ。6/21付の記事です。

で、そうなんすよ。また、角川文庫 夏の100冊に、去年に
続いて…かっけ~松ケンくんが。
また文庫買えってか!まだ読んでないのがけっこうあるのに
また買えってか!くそぅ、角川文庫め~~~。
か~~~ど~~~か~~わ~~~ぶ~~ん~~こ、めぇぇぇぇぇ。
…………現docomoCMではもっさい兄さんなのに、なんでこの
夏の100冊になると、やたらクールでかっこいいのさ。
うがーーーーーーーーーーっ!!!


みすた~ぶれいんのストーリーが展開していくリズムって
けっこう自分は好きではあるんだけど(心に残るかどうかは
別としてエンターテインメントとしてはいいテンポだ)、
九十九のキャラがちょっとずつ変わってきてるような気が
するんだなあ。
それは計算なのか、演じてるうちにそうなってしまったのか、
はたまた小生の思い過ごしか。
5話で確信したのだけど、だんだん、コロンボや古畑に
感じる、ひょうひょうとしながらも犯人をジワジワ
追いつめていく、あの、ちょっと苛っとする、しつこい
イヤラシ~感じが九十九ちゃんにも出てきたような(笑)。
(よくま~犯人さん、付き合ってくれるよな~みたいなね。)
九十九ちゃんてば、喋る声も大きくなってきてますよね(笑)。
初回はハウルっぽいところがあったのに。
しっかし仲間ちゃん、今まで見たこと無い仲間ちゃんの
役が見れるのがいいねえ。
そして、おまけのように毎週拝める『キズナ食堂』EDの
木村さん。九十九仕様の時よりもやけにべっぴんさんに
見えるのは何故なんだべ?髪かな、やっぱり。

んでスルーするつもりでいたこち亀実写版だけど。
(いや今後もスルーのつもりだけど!)
もこみちくんがあまりにもピッタリで笑っちまったい(笑)。
ラサール石井さん、父ちゃん役で出るんだ。ははは……。
…はあ。


/MARU

映画館。

さて、水曜日にわざわざ列車で遠出してウルミラを
見に行った話は昨日書きましたが。
じげ友・散歩者くんとともに出かけ、福岡在住の友にも
映画も御飯もつきあってもらったりして、楽しい1日を
おくることができましわ。
友よみんな本当にありがとう~~~。会えなかった友よ、
またの機会にあそぼうねえ。
で、そのウルミラがあってた映画館、ほぼゲーセンに
陣取られたフロアの隅っこにひっそり存在していた映画館。
(以前はもっとフロアいっぱい使ってあったそうだけど…)
1スクリーンが80席しかないし、画面もその分小さいしで、
ほんっとなんかの研修会で使いそうなほどのキャパ。
一番前の席で見て丁度いいくらいでありました。
で、その狭さになんだかテンションが上がる小生(笑)。
本編前に近日公開作品の予告をいくつか見たけど、
どれも面白そうで、この映画館のピックアップセンスと
自分の好みが合ってるような気になりましたよ。
……うちの地元にもこの系列の映画館、出来ないかな~
…とも思ったり。←まずムリだな。

あ~、やっとCSで放送されたウルミラのPR番組とかを
じっくり見られる。←かなりハショってしか見てなかった。
見ながら本編に思いを馳せよう。
……ええ、もう陽人が恋しいです(笑)。
なんで松ケン演じたキャラって後に引くんだろうなあ……。
もう、ほんっとこの人好き。ものっすごくストライクに
心にも脳みそにも刺激をくれる役者さんなんだな。


そういや、カムイ外伝の関係者向けの試写会がもう始まってる
ようですな。ちょこちょこっとブログに書かれてあるのを
目にするようになりました。
………スーパーアクション巨編ですって?社長。←どこの。
スーパーアクション巨編なんですって!
すーーぱーーーーあくしょーーーーーーーん!!!!
かっけーーーーーー!!!!!←…まだ見とらんじゃろが。
楽しみだなー。きっとあっという間に9月なんて来ちゃうんだわ。


今月はシタオに陽人にと、いいキャラに出逢えてよか月ですばい。
あ、九十九ちゃんも。


/MARU

『ウルトラミラクルラブストーリー』。

ようやく見てきましたよ、『ウルトラミラクルラブストーリー』。
福岡まで列車で行ってきましたよ~~ん。

以下、ネタバレ無しっす。

面白かったっすね~面白かったすね~面白かったっすね~!
2回見てきましたよ。ビバ!水曜レディースデ~~~!!!
なんつ~、攻めな映画なんだろう。新人監督の強みってのを
思いっきり見せつけられたような、特にエンディングに向かうに
つれ奇想天外さを増し、よりによって最後の最後に、見る側に
挑戦状を叩きつけて、まるでこの映画の主人公の陽人のように、
笑いながら走り去られちゃったって感じで、見てる者が
その場に取り残されたような感じで終わるのであります。
画面が暗転して、100Sが歌う主題歌「そりゃそうだ」に合わせて
スタッフロールが流れる間、最後の数分の展開に関しての解釈に
脳みそがフル回転するか、または人によってはあまりの
シュールさに脳回路がシャットダウンされ、「呆ける」ことに
なるだろうなこの映画(笑)。
小生はおおいに気に入りました。

といっても、全てを納得するには、横浜監督の頭の中を覗く
しかないと思う部分もあります。常識として起こりえないことが
陽人の身に起こるんだから。
ファンタジーとして見るには周りの人たちがあまりに普通で、
陽人の奇行にも慣れたもんでどこか淡々としていて。
(それが長年陽人を見てきた人たちの、付かず離れずの距離感が
絶妙でリアルなんだよね。)
それに、根本にはシュールさが漂っており、ラストでそれが
全開になるから、後半でもうお手上げ~な人もいらっしゃる
ことでしょう。
普通の恋愛ものとして見ると痛い目に遭います、はい(笑)。
自分でいろんな穴埋めをしつつ線を繋げていく作業が必要なのは、
ついこの前見たICWRと同じタイプの映画と言っても過言では
ないかも。

特に、ラスト数分が秀逸(逆に思う人もいるでしょうけど)。
何故こういうラストを用意されてたのか。
解釈は一つに留まりませんのよ。それがまた面白いですよね。
あ~だからこうだったんじゃないか、そ~思ったからこうなったんじゃ、
とか、本当にディスカッションしたくなる映画。
気に入りましたよ。

で、この全編津軽弁(ちがうのは町子先生だけ)の映画。
方言が聞き取れないのではという若干の不安はあったけど、
(確かに地元の園児のほんまもんの津軽弁はちょこちょこ聞き取れ
なかった部分はあれど)、映画見るうえでは殆ど支障ないっす。
すぐ慣れますよってに。
あの女の子二人組の園児さんには、助演女優賞を差し上げたい気分。
で、陽人役の松ケンくん。
………この人が演じたからこそ、この映画は余計に輝きを増した、
そう確信しとります。
監督の松山ケンイチ起用は大正解だったと思います。
ありゃ欲目無しで、この人しかできないわ…(@陽人)。
陽人みたいなコがすぐ側にいたら、しょっちゅう振り回されてる
気がしそうだし、自分のエネルギーを全部吸い取られてるんじゃ
ないかってほど疲れそうだけど(笑)、可愛い(見た目がという
意味ではない)し、どこかほっとけない。
あの津軽弁のイントネーションで「お~ね~が~い~!」なんて
言われたら………やってあげるしかなくなるやんか(笑)。
本当にこの俳優はどこまで魅力的な演じ方をするんだろう。
なんでこんなに地に足がついた、確かにそこに存在する
個性ってのを彼は生み出せるのだろう。
なんか変だけど、ストーリーと関係ない部分で感動して
泣きそうになることがあるんですよ、役に、その息づく
キャラの存在に感動して。活きたキャラのその存在が
嬉しくて。
だからして、彼の演じるその役を、わざわざ遠方まで交通費を
払ってでも、映画代を払ってでも見たくなるのですわ。
金を払ってでも観たい俳優、それが松山ケンイチ。
役以外ではもっさい、バカ正直で不器用そうな兄ちゃんなのになあ(笑)。
沢山引き出しがある俳優ってんじゃなくて、その都度新しい
引き出しをトンカントンカン作っていってる俳優だと小生は思いますわ。
きっと、脳内引き出し職人なんだな、彼は。

麻生さんとのコンビネーションもよかった。
(しっかし町子先生は耳がいいのか、最初から方言をしっかり
ヒアリングできてたなあ。すげ~。)
また近いうちに共演してほしいなあ。

とりあえず、見た勢いのまま書いてみやした。

あ~、早くDVD出てほしい。
というか、遅れてでいいから地元の映画館で上映されないかな。

あ、その昨日見た映画館の話もしたかったんだった。
ということで、またあとで。

いや~、映画って本当に面白いものですねっ!
横浜監督はこの調子で、守りに入らず作っていってほしいですね。
…見た目は全くこういう作品作っちゃうような感じじゃない
ところがまた………面白いです。


P.S.
Mr.BRAIN関連で、キズナ食堂の前の天気予報でも
出演者が登場してる情報、ありがとうございました。
そんなところにも出てるんすか!(笑)
さすがにその枠はローカルの天気予報に切り替わるので、
こっちでは流れてないようです。残念!

/MARU

ICWR2回目行って来た。

昨日TOHOシネマズにICWR(2回目)を見に行ってきたので
ありますが、毎月14日って、シネマイレージカードを
持ってなくてもTOHOシネマズデ~ってことで
1000円で見られるんすねぇ。そういう日があるってのは
実にいいことであります。
だってやっぱり当日券1800円ってのはイタイもの。
さすがに昨日は「ターミネーター4」に多かったみたいです。
あと親子連れが目立ってたけど、何を見に来てたんだろう。
…なんかヒーローものとかあってたっけな。

夕方の回に行ったら、ICWRに入ってたのはだいたい30人ほど。
小生はG列のど真ん中に座ってたんだけど、他の人たちは全員
小生より後ろの席だったもんで、前(視界)には誰もいない
状態。でもって皆さんマナーのいい方ばかりだったんで、静か~
だし、なんだか「貸切?ココ貸切なの?」な、い~い気持ちで
鑑賞して参りましたわ。←映画の中身は血まみれだけど。
…いい気持ちすぎて、途中3回ほど頭がカクンとなりましたがね…。

いや~、ほんと同人誌やりたい衝動に駆られる作品だなあ(笑)。
(こういう表現しかできないボキャブラリーの無さが
情けないデスケド。すんません…。)
十字架探しは結局うまくできませんでしたが、あのシタオの
包帯もよく見りゃ十字架になってるんすよね。
あと、クラインの泊まってる部屋が、だんだんシタオの小屋の
雰囲気と似てきてしまってたり…とか(クラインの「同化」癖は
もう病気なんすかね)。
常に泣きそうな表情をしているドンポとか、やっぱりいろいろ
「どうして、なぜ」を自分なりに考えていくのが面白い作品で
ありますわ。…ま~、リリはやっぱりわからんけど。
(監督には悪いけど、奥さんはあまり上手いとは………。それと、
出てくる女性が同じよ~なメイク(特にアイシャドー)しちゃってる
のは何故なんだい。香港ではあれが定番なんか?)
ということで映画館ではこれで見納め。
特典映像満載での、特典映像満載でのDVD化を待っておくとしやす。
ひとつよろしく。


いいとも増刊号。
座っていいとものコーナーでの、リズムを裏でとる件(くだり)の
慎吾くんが実にカッコヨシで…………。
すんません、そこだけ数回リピしてしまったアホで~す!
そうだよ、キミは格好いいのに。
なんで両さんなんだ。
大体のところは受け入れきれる小生でも、珍しく、ちょっとヤ(笑)。
そうそう、こち亀って(ジャンプを買っていた時期も過去には
あったのだけど)まともに読んだことがなくて、つい最近まで
知らなかったのだけど、両さんって身長が152cm設定
なんだそ~じゃないですか。
なんで長身の慎吾くんが抜擢されたんだろう。
ラサールさんでいいじゃん。(あ、アニメはフジだったか…)
(たしか舞台ではラサール石井さんがそのまま演ってたはす。)
……実写化しなくていいじゃん。

MR.BRAIN
九十九のウヒャヒャ笑いが好きです。聞いててちょっと
ムカツク感じが、実に(笑)。
え~~、来週に続く…だよ、ひ~~~!仲間ちゃんが
血まみれ~~~~。
あ、今回はしっかりキズナ食堂のEDもゲットしましたよ。
先週はまさか流れるとは思ってなくて泣きを見たから。
たった1分半でも、見たらご機嫌になれるのさ。
MR.BRAIN、あと4話。


あ、そうそう、
スマ好きさんから松ケンくんのことで感想いただいたり
してます。
なんか、小生に付き合ってくださってありがとうございます。
すんごい嬉しい。


/MARU

楽しく見たモノ。

…ブログ、時間があったらできるだけ書いてるんだけど、
中途半端になって、あとでUPしようと思って
下書き保存して………、結局そのままってのが………、
もう何コあることか。
今さらもうUPする気もないし、どうしよう、下書きゴミ。

昨日の僕音を見て、かつ~んの上田くんが25歳だとか、
けっこうマイペースな、自分の独特な世界を持ったコ
なのかと勝手なイメージを持ってたけど、実はちゃんと
周りに気を使えるしっかりしたコなんだとわかって、
オバちゃん、好感度UPしちったよ。笑顔も多いしねぇ。
いや、今まで悪かったって意味ではなくて、ろくに
知らなかったんですわ~。
わかるでしょ、歳も把握してなかったぐらいなんだから(笑)。
3人の対談、楽しかったねえ。
パフィーは歌だけだったのがちょっと気の毒。
1984年に、シュガーという女性のバンドがこの曲を
ヒットさせたんだけど、当時は歌番組が天下取ってた時代
だから、嫌ってほど耳にしていたワケだけど……、
この曲、一度聴くとしばらく頭で回るよね……、好き嫌い関係なく。
今日の小生は頭の中がウェディング・ベルだらけ。
困ったもんだ。
さて、肝心なドラマ。展開は…脚本としては仕掛けが実に
上手いのにイマイチな気がするのは、美紀ちゃんがブログで
書いてくれてたけど、……納得。同意。主人公への感情移入の
問題なのかもしれないなと思うのですね、小生も。
肝心なクニのね、心の動きが不鮮明なんだよな。
前にも書いたけど、何故こんなにクニが周りから好かれてるのか、
(まあ、町内の年輩さんからは「いいかげんなヤツ」と言われて
たけど、その、人から言われるほどのいい加減さってのも小生は
中途半端だと思うんだよなあ)決め手が弱いんよ。
とにかく主人公が一番煮え切れないことが、個人的には
ちょっとなあと思う部分でもあり。煮えきれないのが草食系男子って
ことではないでしょ。
とまあ、どうしても婚カツに関しては辛口になりがちでありますが、
僕音での中居・佐藤・上田トークはほのぼのとしてて、実に
楽しかったであります。
そ~か、中居さん、橋爪さんが大好きなんか(笑)。
(そ~いや、サムガのゲストに呼んでるんだっけ。
……聴けないけど。)
周りにバレバレなのかまた微笑ましい(笑)。

木曜のとんねるすの「食わず嫌い」。
松山のケンちゃん………、あ~もう可愛いなあ、この人。
米びつに虫がわいてた話、素敵だわ(真顔で話してるし。笑)。
そら豆を何故剥くのかって質問をきっかけにテンション落ちまくり。
フカヒレの時なんか味わう余裕もなくどん底状態。ぷぷぷ~~っ!!
わかりやすすぎて面白すぎる。
いや、ファンから言わせてもらえば、そら豆を剥いてくれて
大成功なんだども。
だって、手のアップいただきました~~~!だったから(笑)。
参りましたの時の拗ね具合も…わはははは、わはははは!
ホント可愛いなあ、このお兄ちゃんは。
こうやって見てると純朴でちょっと不器用そうで、
話すとどこかすっとぼけてて可笑しくて、ワンコみたいな
愛嬌もあるコなのに、いざ役に入ると…………
各作品参照のこと。
…面白いなあ。好きだなあ、この人。
…たけしさんの真似はよくやってるんで("平行四辺形"は
個人的に見たのは初)珍しくはなかったけど、ロバートデニーロ
の真似してる人の真似ってのは初めて見た。
……で、麻生久美子さん。ナチュラルでよく笑う、お日様のような
人ですなあ。時効警察はほんの2話ぐらいしか見たことなくて
知らなかったけど、あの最後に歌った不思議な歌は、時効警察関連
なんだね?
食わず嫌いには勝ったのにためらいなく歌っちゃう麻生さん、
好きだわ(笑)。

今夜は九十九ちゃん。スマステは…特集何だっけか。
明日はまたICWRを見に行く予定。シネマイレージで千円千円!
シタオに会える、シタオに。
いろんな場面での隠れミッキーならぬ、「隠れ十字架」を探して
きますわ~~。
で、来週はやっとウルミラ。どんな衝撃が待ってるか、楽しみだ~。
当日同行&遊んでくださる皆様、ご面倒かけますがよろしくねん。


コメント&拍手コメント、ありがとうございます。
ICWR は、内容からして実際興業収入15億行くには難しいと
正直思いますが(イケメン映画ってのは的を射てない煽り文句だし)、
でもあれこれ考えると、深くてね、テーマとなってる三様の「恐れ
(畏れ)」について考えるのが楽しいっつ~か、面白いっつ~か、
なんか、二次創作でもやりたくなるような作品なんすよ。
(いや、大人の事情でやらないけどさ。笑)
ま、イメージ画ぐらいは描いても問題にはならんでしょうが。
…ふふふ。

しっかし、何日か更新できないでいると、ぜったいに
しょうもない(記事に全く関係ない)変なコメントが入るんだよね。
瞬殺される運命にしてるけどね。めんどくせ~。


/MARU

ごちゃごちゃ書いてみる。

遅れて放送されるんじゃないかと思って期待して
待ってたが、結局その気配すらないICWRのPR番組。
…まあ、県内では1箇所でしか上映されてないって
事実があるからしょうがないかもしれんけど。
メ~キング好きな自分としては、ちと悲しい。ち。
はやく、映像特典満載のDVD出してくれ。←早すぎ。

そーーいえばーーーー。
先日の安田記念のウォッカが凄かった!
てぇ~~した牝馬ちゃんだ。もうどんだけ録画をリピしたか。
最近、惚れ惚れ&面白いレースが続くなあ。

あ、明後日の食わず嫌いに松ケンくんが出るんすよ。
もう楽しみで楽しみで。
…どんな罰ゲームやってくれるんかなっと。←負ける前提かい。
映画、早く見たいなあ。

婚カツだけど。
丸い。中居さんが丸い。
最終回を終えた頃にはどうなってんだ、この丸さ。
…ドラマの感想じゃねえやん(笑)。
感想といえば、今出てる木村さん表紙のキネ旬に、婚カツの
批評が載ってたよ。褒めてあった。
確かに、脚本の展開と伏線は絶妙だよね。ちゃんと計算してある。
うん、してある。
……でも、個人的にはな~~んかが足らない気がしてならない。
…何が?って聞かれてもわかんないけど。
たぶん、単純に好みのモンダイだよなあ……。

なんかいろいろ、書きたかったことを飛ばしまくっとります。
ブランチで後輩キャメちゃんをおぶって出てきた木村さんとか。
脳男感想とか。
最新情報は、慎吾くんが三谷さんの舞台に主演(それもNYで)とか。
……なんか、いろいろテレビもヒマになりませんな。
とにかく、HDDを半分以上空けておくのに必死っす!

あ~、誰かとICWRを語りたい。

/MARU

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン。

日曜に『I come with the rain』を見てきちゃった。

個人的には……悪くない。
というか、なんか好き。
そう、「なんか好き」なのだ(笑)。
と同時に、こりゃ好き嫌いにパカッと分かれるなとも
思ったけど。

以下、ザッとした感想。
ネタバレは無いと思イマス。

» 続きを読む

本日公開の気になる2本。

今日から
木村さんが出演しちゃってるI come with the rain と
松ケンくんの津軽弁炸裂映画・ウルトラミラクルラブストーリーが
公開でありますな。

たぶん共通なのは、どっちも見る側の脳みそが柔らかく豊かで
ないと整理がつかない物語でなかろうかと小生は思うのですが。

見た後おおいに語り合いたい気もするのでありますが、
前者は先ずは一人で観にいってみるとしやす。

今日、初日観にいかれる方、ドンと受けてたってきてくださいませ。
小生は明日を楽しみにしとこ。
あ、今日仕事が終わってから、「T.」を買いにだけは行くかもしれない(笑)。
TOHOシネマズ限定発売の本。……限定って魅力的な言葉だけど、
すっげ~めんどくせえ(笑)。

/MARU

更新しとらんかった!

もしかして6月になって初めての更新ですかね?
そーなんだわ。ひぃ~。

皆様、お久しぶりであります。

小生は現在進行中で修羅場ってます。

修羅場ってる間に、スマスマとぷっすまにも
つよっさんが戻ってきましたよ。
(ぷっすま、ワロタわ…。腹いたくなるほど)

書きたいことがないワケではないけど、
あれこれ語る余裕がちょっとない状態っす。

でも、WS は可能な限りチェックして見てたりしますのよ。
婚カツも、九十九ちゃんもちゃんと見てますのよ。
(なんかクニがだんだん渋くなってきてないか?
…膨れ具合と比例して。←をい。)
んで、このところよく流れてたICWRの3人インタ。
彼等は実にいい雰囲気ですな。
ズームインで流れたインタビューで、木村さんから
コメントを無茶ぶりされたハートネット氏。何の番組の人から
取材受けてるか把握できてなかった彼が、コソコソっと
「え、な、なんの番組なの?」みたいなことを木村さんに
聞いてた様子がツボでした。
で、木村さんの一答。「モーニングショー」←的確(笑)
通訳さんにではなく直に木村さんに聞いてたってことは、
やはりある程度は英語でコミュニケーションとれてたって
ことなんだろうなと思って、微笑ましくなったりしてね(笑)。

ということで、日曜に映画見に行く予定っす。
2046の時のように、自分の期待する内容と多少違っちゃったな
と思うことも充分有り得るけど、なんかこの映画、自分の好みな
感じのニオイがするんだよなあ(笑)。

2046、映画館で見た以来、やっと最近になってまた見て
見ようかなって気になってきましたよ(笑)。
DVD持ってるけど、たぶん本編は再生しないままだった
ものなあ(←え)。いえ、別に嫌いではないんすよ。
ちょっと「なげ~よこの映画」と思ったりしちゃった
ぐらいなことはありますがね…。
独特な世界観に酔う感じが、リピートしたい気に
させてくれないっていうか(笑)。
でも、二度と見たくないってことではないんだよな。
……何言ってるかわかんなくなってきた。
とにかく、全編見るのはくたびれそうだから、ハショって
好きなとこだけ見ようかな。…ははは。

…キムラちゃん&松ケングラビア祭り&銭ゲバのDVD-BOX
買ったんで、貝DVDがおあずけになっとります。
来月になったら絶対買うから。映像特典見たいやん。
今の膨れつらかした太MAX中居さんに見慣れて来た今日
(こんにち)、細MAXの頃の中居さんをいきなり見たら、
きっと思わず手を合わせて拝んでしまうかもしれないと
思ってしまう小生であります。
しっかしあのヘアスタイル、何がどうなってああなってんだ。
で、ビストロのオーナーのヅラ姿はいつまで続くんだ。

ということで、今月も更新が途絶えることが多いかもです。
皆さん、元気に6月をお過ごし下さいまし。

んで、拍手コメ、記事コメ、毎度ありがとうございます。
細々とやってるこのブログ、お付き合いいただいてるだけでも
ありがたい限りであります。
(なのに返事無精。小生って最悪やな…。申し訳ないっす…。)

先月、スマ曲を語りたいアンケートで回答下さった方、
どうもありがとうございました。
アンケートしてたのにタグを付けてるわけでも、どっかに
リンクさせてもらってたワケでもなかったせいか、
いや~~~、少なかった~!(笑)。

もうちょっとブログをPRしたほうがいいのか?
(する内容が無いでしょが……)
やっぱりねえ、絵を入れたほうがいいんだよなあ。
画像を入れたほうがいいんだよなあ。
随分な間、文字だけのブログで、大して気の利いた情報も
ないんじゃね…。
…………ま、いっか。

結果報告はかならずやりますんで、ちょっとばかし
待ってておくんなまし。

では修羅場に戻ります、はい。


/MARU

Page Top

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。