1. Top » 
  2. 2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

見たいものとそうでなくなったもの。

下の松L記事、3日かけて書いたもので、気づいたらまあよくも
そんなダラダラと…な具合になっとりますな(誰が読むんだよ…)。

日曜、猟奇的な彼女の二回戦を見やした。…途中まで。
つよっさん、スマン。このドラマは好みじゃないや…。

月曜。世にも奇妙な…のSMAPの特別編。
久しぶり見たよ。やっぱり面白い。
今回は、吾郎さんの『僕は旅をする』がキタなあ……。
前見たよりも切なさを感じてしまった。
慎吾くんは当時のほうが老けてみえるのは何故(笑)。
つよっさんは今より顔がややきつい(これはこれでとてもイイ顔
してるけど)。この人は年々顔が優しくなっていってるんだな。
木村さんは、この作品に関しては今とそう差を感じないなあ。
というか、何度見ても面白すぎっす「BLACK ROOM」。
一番違うのはやっぱりナカイちゃんだね。
小生の中では、この時とフリバの時のナカイちゃんがスーパーベストな
可愛さなので、この「オトナ受験」も好きなのであります。
最後、オトコ免許を持ってないと発覚したときに広末涼子ちゃんから
「オトコじゃなかったの!?」と言われ「おまえ、知ってんだろ!」と
返したところが激ツボであります(笑)。
これ、DVDでも持ってるんですがね、映像特典が全く無しなのが
実に残念でなりませんのよ。
メイキングやインタビューとか入ってたら神だったのに。
『古畑vsSMAP』にしろ、なんか付けてほしかったなあと思う次第であります。
……ケチ。

放送終了後に『CHANGE』の予告がありましたな。動く映像は初公開?
……ちょっと期待して良いでしょか。ふふふふふ。
ファンの間では(今までも)あまり人気のないあのチュルチュル頭。
小生は実は大好きなんであります。
BIRDMANの時も好きだったんであります。
すっげ~可愛い(笑)。
まあ、ドラマではほんの一時のヘアスタイルみたいですが。
好きだなあ。ふふふふふ、ふふふふふ。

『山のあなた』は来月公開。いつ観に行こうかな。

あ、来月っていっても、明日から5月じゃんっ!

/MARU
スポンサーサイト

松山Lから当分抜けられないと自覚した今日この頃。

27日の日曜は、某方の写真展に行って参りやした。
(ピヨでは、どなたのかわかるようにしとります。って、察しは
ついてるでしょ~が。)
開場ちょい前には美術館に到着してたのでありますが、
そんな朝っぱらからすでに数十人は並んでましたね。
やっぱり人気あるなあ…と、完全ビジター状態で鑑賞してきました(笑)。
本人が撮ったもの、撮られたもの、写真家さんとのオマージュ、
コラボ作品など、けっこうな枚数を楽しめました。
たぶんファンの方はいつまでも眺めていたい空間だったのでは
ないでしょうかねえ。
すぐ近くでは帆船が着港してお祭りしてて、天気も良くて涼しい風が
吹いていて、気持ちの良い日でありました。

風が涼しく天気も良く気持ちいい中、しっかり腹ごしらえ(鰻丼食べたよ!)
して、早々家に戻った(友んちにね)二人がしたことは………
というか、完全に小生のブームに快く付き合ってもらった形ではあるのですが。
(いやもう、すんませんいつもこの暴走を受け止めてもらって。)

第一回 松山L鑑賞会!!!

» 続きを読む

『砂時計』試写会感想。

22日に『砂時計』の試写会に行ってきました。
26日から公開の映画ですな。
主演:松下奈緒(少女時代は夏帆)井坂俊哉(少年時代は池松壮亮)
監督:佐藤信介

これもまたマンガ原作でありますが、読んだことなし、
去年の昼ドラ版も見たことない状態での(スマスマのパロしか
知らん)試写となりました。
以下、ネタバレなしで感想。

マンガ→ドラマ→映画…と辿ってきた作品ですが、この映画版は
「映画」としてちゃんと出来てると思います。…2/3ぐらいまでは。
島根の風景が素敵だった。←書いて一瞬「島根だったよね!?」と心配になった小生。
十代の杏と大悟を演じた夏帆ちゃんと池松壮亮くんは素晴らしかった。
ただ、あまりに十代の二人が素晴らしすぎたもので、大人になってからは
ややトーンダウンしたかなあ…な感じがある。
実際、物語の大半(大事なとこ)が十代の約2年間の出来事なワケで…、
大人になった二人(…の役者)に人見知り状態になってしまうのは
あたりまえかもしれない。
それと、杏が大人になってからのところで出てきた某男性は、ちょっと
演出に力が入り無さすぎというか。すぐこの後どうなるか、あの男性を
見ただけで先が読めちゃうってのもどうかと。
それくらい、もろ「そんな役」のために配役されましたってのが
わかりすぎるぐらいわかるってのも悲しいものがあったなあ…。
そして。よく類似した事件が起きて大騒ぎになりますのね。話の伏線
(杏のトラウマの引き金的キーワード)としてはあって良いのかなと
思うのだけど、「またかよ」と思ってしまうのも正直なところ。
リアルそうで実はリアルではない展開。

とにもかくにも大悟って、女の子からみた理想的男の子像でありますな。
こういう男の子って、日本にいったい何人いるんでしょ(笑)。
杏は…実のところモテモテやん(笑)。こっちも、ある意味女の子が
思う、男の子に対してこういう立場だったら…の理想形なのかも。
話の筋「は12年(だっけ?)に渡る恋愛ストーリー」としては好感が持てる
ものでありました。
久しぶりに一途で無償で純な恋愛ドラマを見た気がしましたん。
とにかく、十代の二人が光ってた。それだけで見た甲斐があったというもの。
それと、砂時計、でけ~。


DVDでは『サウスバウンド』を見ましたが、この感想はまた後日。

/MARU

猟奇的な一回戦。

猟奇的な彼女 第一回戦

オリジナルの映画は予告や映画紹介番組ぐらいでしか見たこと無い。
よって、オリジナルと比較してどうこう言うことが無い分、
先入観無しで素直に見られるのかな~と思って見たこのドラマ版。
(日本版だし、連続ドラマだからして、かなりアレンジ
しまくってるだろうけど。)

» 続きを読む

LcW DVD発売情報(追記・訂正あり)

『L change the WorLd』DVDの詳細は、VAPのLページに載ってます。
特典ですが、ジャンプの広告ではポスターが付いてるのかと
勘違いを起こすような書き方になってしまっとりましたが、
「劇場用ポスターカードセット(3枚組)」なんだそうで、
ポスター…で区切ってはいけなかったんですな。
ポスターカードセットっす。はい。ポスターカードセット!←しつこい。
なので、ネットで頼んでも店頭で頼んでも封入特典として付くって
ことですな。…紛らわしかったぜ。

また、ホリプロの松山ケンイチ携帯サイトに会員登録している人は、
サイトからも予約購入できるようになるそうで、オリジナルの
特典が付くそうであります。

(たぶん価格は定価だと思いますがね。)
※現時点ではまだ詳細発表&予約開始はされてないので、慌てて問い合わせしないようにねん。

値段を取るか特典を取るか、それがモンダイだ。

いやはや、こんな早くDVDが発売されるとは思ってなかったっすよ。
コンプリートセットなんて、3枚組ですよ。
嬉しくて本気で涙出そうになりましたよ。←どんだけ松Lが好きなのさ。
約2時間のメイキングディスクでしょ、いろんな映像が入ったおまけディスクでしょ。
本編と合わせて正味何時間鑑賞になるんでしょかね。
ワクワクしますな。
でも、オーディオコメンタリーは入って無さそうですな。
ちょっと期待してたんだけど…ははは…。

来月は「椿三十郎」のDVDも出るし、劇場では草なぎ剛の「山のあなた」が
公開だし、6/25なんてあっという間に来そうであります。

すでに、じげ友とDVD発売日に、鑑賞会を兼ねてささやかなパーティーでも
やろうと企んどります。
もちろん、串刺しスイーツも準備して(笑)。
(ただコーヒーや紅茶に角砂糖を死ぬほど投入するのは、本当に死にそうに
なるからやめる。)

/MARU


L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

L change the WorLd [通常版]

DMC特報1!※LcW速報追記!

デトロイト・メタル・シティの特報が見れるようになってますね。
公式サイトのMOVIEのところから行けまする。
ねぎっちょがくねくね動いとる。そしてクラウザーさんが~~~。
…特報で、もうワロタよ。

原作は3日おきに1話ずつしか読めないけど(すんません、ちょっとまだ雰囲気に
馴染めないんだな…)、でも「ぶっ!」って笑っちゃうんですわ。
慣れたらハマって読んでしまうかもしれない。
ええ、すんません、マツウザーさんの帯目当てに、いきなり5巻から
買ってしまいましたさ…。


以下追記。

ジャンプ速報。←詳細はジャンプ見ちくり。
『L change the WorLd』のDVD発売決定だそうな~~~~!!!
発売日は6/25(水) ←はや。
コンプリートセット¥6,090 通常版¥3,675
コンプリートセットの映像特典はパンパねえよ!
その他特典もすげ~よ!
L祭りだよ!
小生は発売日は休み取るよ!絶対に。


/MARU

見られなかったものと、見られるもの。

ぴったんこカンカンにつよっさんってこと、頭に全くないまま帰宅。
テレビつけたら、あら、馴染みのお顔が現れた。
え?えええええええええ。出てんじゃん……。
途方に暮れてレコを見ると動いてる。あらっ、ぴったんこを撮ってる!
なんと、珍しく気の利いたことをしているではないか~~~~!!!!

…と思ったのも束の間、夜中に録画したものをチェックしたら……
影も形もねえでやんの。ぴったんこは何処(いずこ)へ……。

……撮ったフリするレコなんて、ぬか喜びさせるレコなんて、
聞いたことねえよ………。凹。

また邦画の試写会に行けることになりやした。
「砂時計」という作品です。
ええ、お昼の連ドラでも人気だった、マンガが原作のアレの映画版です。
スマスマでも吾郎さんと慎吾くんでパロってた、アレの映画版です。
思わず脳内変換しそうです(笑)。
原作もドラマもよく知らないんで、ほぼ初「砂時計」です。
来週、楽しんで来やす。

» 続きを読む

松山ケンイチ出演映画を観てみたメモ(L以外ね):長い。

やっと、見た作品の感想をUPですわ。
まずはおことわりを。

以下の映画作品は、純粋に作品に興味を抱いて鑑賞したものではありません。
完全に「役者・松山ケンイチ目当て」で鑑賞したものであるが故に、
ムラのある偏った見方をしており、且つ、大して内容に関して掘り下げた
書き方もしておりません。
作品全体の感想も述べてはいますが、そういった理由で
レビューとしてはあまり役に立たないものであります。
また、内容に関して軽くですがネタバレをしてるところもあるかと
思います。←差し支えない程度とは思ってますが。
これから見る予定の方はご注意下さいまし。

しっかし、出る作品によって松ケンくんの顔の雰囲気がまるで違うのが
面白くてならないですよ。
そういや、神童のときだっけな?舞台挨拶かなんかで撮ったと思われる
画像の彼はすっかりロボ顔になってて、「これ、全然ワオ違うやん」と
思ったんだよなあ。
以前見た親指さがしの舞台挨拶では、浴衣着てるのに顔つきは目が
鋭くなっててLっぽかったし(笑)。←というか、隈のないLだよ。
インタビューの受け答えも、その時何(役)をやってるかで、態度に
影響が出てる。
とにかく、映画の公開時にはもう次の仕事をやってる時だから、
全然雰囲気が違っちゃってるんだよね。それって、服装とか髪型の
違いでそう見えるんじゃなくて、かもし出すものがもう全然違ってんの。
顔つきが変わってしまってんの。
それがあまりにあからさまで、面白くてならないんすよ。
ほんっとに、心底面白い。
それも、これはたぶん2006年あたりから力量が発揮されてると見ましたわ。
大和(まだ未見だけど)やデスノート出演が、役者としての彼に相当良い
影響を与えたものだと思われますな。
よくまあこの人、役者の道を選んでくれたなって感じです。
俳優:松山ケンイチへの興味は、当分つきなそう。
これからも枠に囚われずにいろんな役をやってってほしいな。
で、時々、萌えキャラをやってもらえれば(笑)。
本人の根本的なところにすごく「可愛さ」を持ってる人だと思うから、
そういうところを上手く拾ってくれる人たちとまたお仕事して
もらえたら、小生は個人的には嬉しいのだけどね。

とにかく、本人がいろんなことを柔軟に吸収していける人だと
いうことは、この(ハマってからの)短い期間でもよくわかった。
ある部分すごくストイックで、役に影響され、役に影響も与える。
で、役者としてのタイプは違えど、この俳優として仕事をする姿勢が、
とある小生の好きな誰かさんと重なるところがあるなと思った。
たぶん惹かれた理由の一つがそういうとこなのかもしれない。

同じニオイというのは、無意識ななかでも、ある瞬間強く感じるものであります。

では、以下、偏った感想っす(笑)。
(まとめてUPしたんで、新記録的に長い記事になっとります。すんません。)


» 続きを読む

SPORTSのS?

昨日のスマスマは2時間!……ってことに昨日の朝気づいたりしちゃって。
フジからの毎週朝っぱらから届く(起こされる)お知らせメールを
うっと~しく感じていた今日この頃だったけど(ゴメン)、昨日は
ありがたかった。
1台のレコは自分で勝手に時間延長してくれるけど、もう1台は
EPCじゃないからね。手動だからね。

面白かったな~、スマスマ。
吾郎さんがいろんな意味で神だったし(笑)、ハンドボールの
シュート合戦はドツボで、放送終わってから3回ぐらいリピして
しまったよ。ハンドボール、面白いんすよ。ええ、経験者は語るけど
語らせてもらうけど。
木村さんもつよっさんも馴染むの早いね。感心。
中居さんもこっちやればよかったのに。
(あ、シンゴロだとスポーツにならんか……。いや、中居さんが
いても、あの卓球はスポーツというよりただのにぎやかしだったな。
とにかく、あの3人じゃ面白モード炸裂で、まともにやる空気にならない。笑)
歌も思いの外スマはダンスダンスダンスで見惚れちまいましたよ。
(だれだよ、クマクマ可愛く歌って見せてるヤツぁ~~~~~~。)
トラベリング(カタカナかよ)、好きな曲だから嬉しゅうございましたわ。

来週は……「スマの名曲」ではないのかね。

(持ち歌を)歌って踊るスマに飢えてることに気づかされましたよ……。

ところで『クサナギバコ』ってな~~~~によ!!!
「クサナギロン」に「山のあなた」写真集&メイキングDVD付き
ですと~~~っ!!!!予約受付中ですと~~~~~っ!!?
メイキングですと~~~~~~~~~~っ!!!!!?
………4980円……たかっ!!!
………
………
………

……どうせ買うけど。←人生踊らされっぱなし。踊って欲しいのはスマなのに。


/MARU

松ケンを語ろうと思ってることを語る回。

ちょび~っとスマ話も混ざっとりますが、カテゴリーは松ケンで。

Men's JOKERを買った。たぶん初めて買った。
(メンノンとかPOPYEとかは馴染みあるけどね。)
表紙と中のグラビアの松ケンくんにK.O.させられたさ。
あ~、完敗完敗。
ついこの前キムラちゃんにもK.O.くらったんだが、ここでもまた。
試合開始3秒って感じで。
こういう雑誌になると、いきなりモデルモードなんだな、この人。
つくづくスタイルいい人なんだな~とか、着こなしてんな~とか、
二の腕が逞しいぜ!とか、目に独特なムードを持ってるなあとか、
脳内感心しまくりの誉めまくりで、記事を読み(誤植多いぞ、おい)、
しばらく見とれて数分後に我に返りやした。

先月からこれまでに、雑誌(正確には書籍本が多かったけど)の
バックナンバーを取り寄せたりして松ケンくんのグラビアを
複数点見たりしましたが、グラビアって、映画やたまにテレビで
見る彼とはまた違う独特のムードがあって、か~なり気に入っとります。
どこかけだるい感じがあってね、それが色気に繋がってると
いうか…。
Men's JOKERは、とにかく見た瞬間に素直に「かっこいい…」と
口に出てしまいましたね。他に何て言えばいいのさってほど。
だから完敗(笑)。
(キムラちゃんの時は無言でのけぞりましたが。←この気持ちを
わかってくれる人が10人はいると思う。笑)
ホント、去年ロボ(『セクシーボイス アンド ロボ』)を演った人とは
思えないなあ。雰囲気が完全に別人。
といっても、ロボを演ってた頃と時期が重なるグラビアは、おおいに
ロボっぽいけど(笑)。やはり役に生きる人なのだな。
ロボの時だけ輪郭がポッチャリ見えるのもフシギ。

そんなこんなで、とうとう『セクロボ』のDVD-BOXを購入して
しまいましたよ。
4ケースしか入ってなかったんで、5枚目の特典ディスクは初回限定
だったのかっ!とビビリましたが、なんの、vol.4のケースに特典ディスクも
入っとりました。←すんません、根っからのメイキング好きなもので。
またロボに会える(それも好きな時に)って、嬉しいものであります。
しっかし、小生みたいな人間がいるせいで、セクロボ、今になってまた
売れ行きをジワジワ伸ばしてるようですな。ははは。
というか、本関係も、松ケン関連は入手しにくくなってるんですよ。
Lの映画の影響はかなり大きかったんですな。
って、小生が言ってはなんですがね(笑)。
ファン歴1年以上の方は、いきなり騒ぎになったような感じを抱かれて
いるかもしれないですね。
それだけ松Lや、テレビに露出した松ケンが魅力的だったってことですよ。
(何回魅力的だと言ってるんだろう、自分…。)
どっかのブログさんで、あまりファンが増えるのも嫌、みたいなことが
書いてありましたが。もう遅い(笑)。って、気持ちはよくわかりますがね。
小生は「良い」と言ってくれる人が多いほど素直に嬉しいですが。
彼はどこか(良い意味で)マイナーな匂いを持ってる人だから、固定ファンを
確保しつつ、確実に面白い仕事をやっていけるんじゃないでしょうかね。
周りのスタッフにも愛されてるようですし、きっと現ファンをガッカリさせる
ことはないと思いますが。ええ、勝手に思ってますが。
この辺の勘は、すまっぷ~で養ってますから(笑)。

いろいろと松ケン論でも語ろうかと思って今週ずっと書いてましたが、
どうもまとまらず、先送りすることにしやした。
まだ語るには青いや(笑)。もっと松ケンくんを見ていこう。
書くのはそれからだ。
あ、見た作品の感想はいいかげんUPしていきたいんすけどね。

昨日と今朝はつよっさんの映画「山のあなた」の会見で、「主演」の、
マッサージしまくる草なぎ剛に見惚れるし(笑)。
スマと松ケンくんで忙しい脳内であります。

個人的メモ。
今年は「山のあなた」→「DMC」→「私は貝になりたい」→「カムイ外伝」
という順番で映画館に足を運ぶことになるんですな。
…見事に交互だ。
幸せなことですわ。

/MARU

ギリギリ(でもアウトな)尺やったね@春祭。

昨日は珍しく、チャンネル争いに負けてしまいました。…って、
普段は一人で見ることが比較的多いから、争うこと自体がそう無いですがね。
ということでまともに春祭が見れなかったんすけど…。けど…。
なんか、懐かしいヒット曲を、オリジナル歌手と挑戦者(タレントさん)で
カラオケ採点して点数を競うって番組を見せられとりました。
……オリジナル歌手だけ歌えばええやんか。←それだとただの歌番組。
何が面白いのか小生はわからんかったけど、その裏(も、見せられた)の
モノマネ番組もちょっとお金かけた宴会的なノリで、なんだか品がねえなと
(尊敬するほど「芸」を極めてる感じがないという意味)思いながら
チラ見しとりました。う~ん、バラエティーってなんなのさ。
って、春祭も生なぶん、ずっとゴタゴタゴタゴタしとりますがね(笑)。
こっちはご贔屓さんがいたり、ふだんバラエティーに出ない俳優さんが
お芝居以外の場所でリアルタイムで見られるという貴重な場所で
あるからして、小生はそこに価値を見いだせるんだよ。
中居さんの時折腕時計見ィな進行っぷりも好きだし。
終わりかけの春祭をやっと見たけど、キムラちゃんのヘアスタイル、
あの小鳥が巣を作りそうなちゅるちゅるした感じ、あれ大好きっすよ。
(でもドラマの選挙用ポスターの頭はダッセーよ。←喜)
中居さんの服も可愛かったな。いま究極にほっそいから似合う服だね。
普通の35才は絶対着れない可愛い服。
やっぱキミはアイドーなんだな。可愛いコなんだな(笑)。
しっかし、最後は尺が無さ過ぎるだろ~。
コヒさん出てたボウリングのときの終わり方といい勝負だったな、ナカイちゃん。
上手く終われたものの(キムラちゃんGJ!)、もう10秒はあるべきだったな。
テレビ見てるほうは、いきなり切られて余韻もなんもありゃしないでは
ないか。急に放り出された気分になる。
…って、まともに中身を見てなくて言うほうもなんだけど(苦笑)。
CHANGEの選挙活動ロケは、場所が場所だけに野次馬で大変な
ことになったらしい。
どうか撮影の妨げだけにはならないように、撮影に遭遇した人も
ちょこっとだけ協力してほしいなと切に願う次第であります。

ネットで取り寄せた、ちょっと高い雑誌のバックナンバー。
松ケンくんグラビアが目当てで買ったのはいいが、中をめくっていくと
つよっさんの素敵グラビアがあって……。
あ、そうだ。この本って当時、つよっさん載ってるけどページ少ないし
高いしで、買おうかどうか迷って買わなかったやつだ。
…という、記憶がよみがえったのだった。
わはは、なんか得した気分。
同じ本の中に、小生が好きな、でも全く関係ない二人がいるって
なんか不思議な気分だな。
でもきっと今までもそういう「本の中に同居」状態があったに違いないのだ。
違いないったら違いないのだ。…気づかなかっただけで。
(松ケンすまん。デスノートのときに素直にハマっておくべきだった。)
ただ、殆どを切り刻んでスマメンだけ残して捨ててるんで、
今さら確かめる気もないけどねん。←確かめても泣くしかないしな…。

つよっさんはそろそろ番宣DAYになるね。
ブランチとか出るのかな。だとしても麗奈ちゃんと一緒だから
安心だな。←え。
忘れないようにしなきゃ。

昨日の夕方のスーパーニュースで、バナナのかぶりものした慎吾くんに
遭遇。バナナの新CMも見たのだが……。まったく驚きもせずフッツ~に
受け止める自分にヲタなる年季を感じた今日この頃であった。
(たぶんスマの誰がやっても普通に「あ、新しいCMやるんだ」としか
思わないだろうなあ……。)

あ、最近レコの調子が良くなって、フリーズすることがすっかりなくなった。
HDDは溜まる一方なのに、いつもよく働いてくれるよなあ…。
ありがたいよなあ…。

……この調子でどんどん働けや。←悪魔。

/MARU

『ライブチャット』と写真集をあなどるなかれ。

毎日、何かしらの形で松Lを見ないと気が済まない症候群の
イカレたワタクシめがお送りしております。
皆様、お元気でしょ~か。

関東のお友達からわざわざ買って送ってもらった松ケンくんの
1st写真集「起」が激ツボでなりません。
(Cさん、某パンフ含め本当にありがとうございました。感謝感謝です。)
まさか、写真集で黄ヘル姿を見られるとは思わなんだ。
なんつ~か、その選択の仕方っていうか、あ~~~もうツボでならんわ。
飽きんわ、このにいちゃん素敵やわ。
それと帯にも載ってるけど、あの横顔と、中にももうひとつ特徴的な
横顔の写真があるのだけど、もの凄く良い。
誰だ、松ケンには色気が無い言うてる人は。
とんでもないぞ、このにいちゃんは。←だんだんにいちゃん呼ばわりに。

『カスタムメイド10.30』のナビDVDをレンタルしたはずだったのに、
本編のディスクが入ってたよ……ということを
返却前日になって気づいた小生。
ちゃんとDVDが入ってたケースを確認して借りた記憶があるから、素直に
申し立て。現在貸し出し中だった為、後々無料でレンタルできることに
なりやした。
…中身にそこまで期待してるDVDではないのでありますが…。ははは。
やっぱりレンタル代がもったいないからなあ…。店員さんの速やかな
対応には感謝であります。

ここ1ヶ月の間に見た松ケン出演映画(ドラマ)の感想ってまだ
まともにUPしてなかったなと思いつつ、昨日見たDVDの話を先にして
しまうけど…。
昨日見た『翼の折れた天使たち 第二夜 ライブチャット』がねえ、
思いの外、ほんっと意外にも萌えまくりでして(笑)。
いやあ、こんなんだったとは!こんなんだったとは~~~~!!!!!
予想外デス、オトウサン。
展開ではなくて萌えが、よ。萌えが!
でもねえ、これは話すとそのまま大いなるネタバレになってしまうから
話せないんすよ。悲しいことに。←新作じゃないんだからいいんだろうけどさ。
たぶん小生のように今いろいろ過去の松ケン出演ものを見まくってる
人も少なからずだと思うのでね。(って、けっこうブログ見つけるんすよ。
同じようなことしてる愛おしい方々を。シェイクハンドしたいね。←ルーかよ。)
これは絶対白紙状態で見たほうが良いよ!
(原作知ってたら元も子もないが……。)
とうの昔から知ってた人は、今「そうでしょ、そうでしょ」なんて
思ってらっさるかもしれんけどね。いや~~、そうでしたよ!
(誰に言うとるんだろ…。)
見たらこの「萌え」の意味がわかるから、見てない人は見ろ!←命令かよ。
松Lでハマって、Lのアレとかコレとかが好きな人は、絶対このドラマは
気に入る!堀北真希ちゃんも可愛いから気に入る!(←どさくさ)
かぶと虫さいとうが出てて笑うけど気に入る!(←役柄サイコー)、
一瞬「ん?『HERO』?」とか思う人も出てるし気に入る!(←普通思わねえ範囲…)、
正味時間も40分弱なんで見やすかった。
ということで、まともな感想はもちょっとしてから書こうかなと
思っとります。
あ、つい「堀北真希ちゃんも」って書いちゃった。「も」って。
ええ、「も」の前には青森のにいちゃんが当てはまります。はい。←ほっといて。

…全く個人的都合だけど、キムラちゃんのドラマが5月にズレてホントに
よかったかもしれない。
こんな状態でつよっさんにキムラちゃんにと一気に来られたら、小生はきっと……

萌え死ぬ。 ←言い切ったな…。

ここまで萌え萌え言いまくった記事ってかつてあっただろうか。

…もともとおかしなブログだから別にいっか。

だって、みんなイカスんだからしょうがないじゃ~ん。

今月も雑誌ビンボーになりそうですわ~~~。
(先月大人買い状態だったDVD代の引き落としも今月なんだわ。……わろーとけ。)


/MARU

小生の「祭り」はいつ。

地元で、某・とっても人気のあるあの方の某展覧会が始まった。
小生がファンだったら夢のようなヨダレものな企画なんだろうと思う。
だって、徒歩で見に行けるんだもん。何度でも足を運べるんだもん。
へタスりゃ本人とも会えるなんてこともあるんでしょ?(小生は一切
知らんけど…。)
スマでは味わったことがないから、考えただけでありえないって思っちゃうなあ。
スマに関わるイベントは大抵が「行けない」ってヤツだから。
地元のファンの人たちは暫くお祭りだだよねぇ。
出身地を大事にしてくれる気持ちはやっぱり嬉しいよね。
小生はちとうらやましさを感じてをります。

で。徒歩範囲の小生は………。
やっぱりせっかくだから行ったがいいのかなあ。←ゆるい。ゆるすぎる。
…入場料っていくらだろか。←そこからかい!
客足が落ち着いた頃に行ってみようかな。

そうそう。
今年も、も、五月の連休は連休になりやした。
でも連休って休みの人が多いから(あたりまえだ)、便乗して休むような
感覚があって好きではない。
平日に、働いてる人が多いときに休むのが好き。←ひねくれとるな。
どこか一日、スマ&ケンちゃんビデオ観賞会に付き合ってくれる人
いないかな…。
…心当たりが2人しかいねえよ………。←心当たりにされてるのも迷惑な話だが(笑)。

/MARU

ちょろっと、もやしもん。んでデスノートのL。

カテゴリー、変な分け方してるから振り分けに苦労する。
整頓下手がここにも表れてるのねん…。あはははは、あはははは。


地元で昨日(深夜)からはじまったアニメ「もやしもん」が
面白かった。
なんとなく噂には聞いてたんで、ああ、これがそれか!と
思いながら見たけど。うん、スルンと最後まで1話を見てしまった。
…あの落書きみたいな菌の集団がかわええ………。
……でも、なぜ勝手に録画されてたのだろう…レコよ。
何のキーワードがひっかかったのだろう……。
スマ関連はなかなか拾ってくれないくせに。←事実。
うちのレコって不思議や……。
…まあ、おかげで見ることができたんで幸いだったけど。
久しぶりに毎週見れるアニメができたような気がする。
なんか嬉しい。

そういや、いま松ケンでえらいことになってる小生では
ありますがね(ごめん、今ちょっと好きすぎ。笑)、ハマる
引き金となったといえばデスノート
デスノートってアニメで放映されてたのはもちろん知ってたんすけどね。
結局、とうとう地元では放送されないままだったからして、1話も
見たことないんすよ。一度スペシャルが放送されたときは
録画したんだけど、編集してディスクに落とすときにザッと
見ただけなんで…これじゃあ「見た」とはいえないなあ……。
(ディスクに落としたまんまってことねん。ははははは。)
なのでアニメには殆ど馴染みなし。
レンタルして見ようと思うほどの気力もなかったもんで、
見ないまま現在に至るんだな…。
原作も読んでしばらく経ってしまってるし、ホント面白いけど、
読むのにかなりのエネルギーを使ったんで、読み返すにもすごい
決心がいるというか(笑)。
けど、映画のデスノートはリピ率高いんす。見やすいというのと、
原作の後半の展開より映画の終わり方のほうが個人的には納得がいってると
いうのもあって、小生の場合は映画版がやはり一番好きだなあ。
原作ももう一度ちゃんと読み返したいとは思ってるんだけど……。
読み終わった後に白髪になってないか不安だ(笑)。

小生は元アニヲタであるからか、気に入ったキャラができると
すごく思い入れてしまう傾向がある。
原作読んでた時点でもうを気に入ってたもんで、原作の
あの展開は「うえええええ!?????」で、あとの後半を
かなり乱暴に読んでしまった程。
(どっかで復活しないかという、ささやかな希望を抱えて
ページめくっていたなあ…。どんだけ好きなんだよ。笑)。
前にも書いたかもだけど、『BANANA FISH』以来の衝撃で
ありましたのよ。「このやるせない気持ちをどこにぶつければ
いいんじゃ!症候群」っすよ。
それを映画の…実写版デスノートは上手いこと解消して
くれたから、そりゃ嬉しかったのなんのって。
の命が期限付きになってしまったのは、月とを相打ちさせないと…
な監督の意向が理解できるんで、そこに不満は…ない。
そうすることによって、原作よりも切ないLというものが
誕生したとも言えるから。
まあ、実写L(松L)に関してはまた別の機会に書くとして、
ろくに見てないアニメのLは、山口勝平さんが声をあててる…んすよね?
ちょっとは見たことあるから(DSのCMやら、予告CMやら、編集中に
チラっとやら)雰囲気は知ってはいるけど、馴染みはない。
自分が気に入るLだろうかねえ。
…いい加減、録画したSPをちゃんと見ようかな…。

しっかしニンテンドーDS(だよね?)のLゲームのジャケやポスターに
使われてる書き下ろしLは……あまりにも、あまりにもアカ抜けすぎ。
あんなに美形で格好良かったっけ????
久しぶりに二次元キャラにときめいてしまったではないか(笑)。
やっぱ人に見られてると、どんどんアカ抜けていくんか?Lも。Lさえも。
小生には、原作L松Lが混ざってるように見えたよ。

とにかく、スピンオフをきっかけにまた「L」というキャラに注目
してしまっとりますが……
キャラ立ち最強なのは間違えないな、こいつ。
それも、これだけクセがあるのに原作・アニメという二次元に収まらず、
三次元の実写でも成功したキャラなんて希少。

Lのおかげで松山ケンイチという俳優さんに注目できたといっても
過言ではないと思うしね。

ということで、やっぱり松Lについていろいろ語りたいなあ、と
思う今日この頃。
語ってるうちにDVDが発売されるって運びになれば幸せだなあ(笑)。
(あ~、やっぱりアニメ版、レンタルして見ようかな。ブログネタには
充分なるだろうし。)

ところで、ネット上の画像でちょこちょこみかける「ねんどろいど」の
デスノートシリーズ、可愛いっすね。…買わないけど。
ああいう二等身になると、元々(人間なのに)特異なキャラであるLが
最高に可愛くなるんですな。…買わないけど(笑)。
くれるという人がいたら、遠慮無くいただきやすが。←いねえよ。

/MARU

虜って、このことを言うのだろか。

昨日は仕事が休みでありました。
今週でLcWの上映が終わってしまうし、レディースデ~だしで、
もう行くっきゃないね!ってことで、ホントのホントの見納めをしてきやした。
(見納め見納めって、結局4回通ったことになるのだぁね…。)
松L…何遍見ても飽きないどころか、ずっと見ておきたくなるのはなぜ。
もうね、数年前にあったスカパーのちっちゃい中居さんのCMのように、
箱庭に松L入れてずっと観察しときたいね。
あ~、なんか寂しいなあ。なんでこんな引きずるんだろう。
L終わっちゃうよ、L。…寂しいなあ。
なんでこんな魅力を感じてしまうのだろう。松山L。
彼の役者魂はすばらしいの一言だなあ…。
早いとこDVD出してもらいたい。で、コメンタリー付いたらすんごく
嬉しいんだけどな。
特典映像はあのもうひとつのスピンオフが付くとか付かないとか
うっすら聞いてはいるけど、メイキングをはじめ、舞台挨拶とか、
たっっっっっぷりといろいろ入れてくれたら嬉しいなあ……。
そういうてんこ盛りのための時間なら待てるから。待つから。
あ、でもデスノートのコンプリートDVDの特典ディスクみたいな
懲りかたはいらない(自由がきかない感じでちょっとイライラするんだよ。)
見せるのに変な懲りかたしないで、素直に見やすくしてほしいよ。

そういや自分、デスノート公開時からちょこちょこっと松山ケンイチ
いいって言ってる。ちゃんと(笑)。
「松山ケンイチ」でブログ内検索すると、06年の記事が出てきたよ。
(…って、自分で検索してやんの。ははは、ははは。)
そこで既に点火されてて、LcWで引き金が引かれたってことだな。
成るべくして成ったってことだな。  

いやもうダメです。(何が。)
ハマリかたがハンパじゃないんす。もし彼個人のFCができたら、
即入る勢いだよ。(すでにメルマガには登録しとりますのよ。笑)
ダメだこりゃ。
昨日映画に行く前なんか、『ごくせん』のファーストシーズンや
SPから、ウォーリーを探せのごとく「松ケンを探せ」をやっちゃったよ。
(ついドラマにも見入ってしまっとったが。)
今日も『翼の折れた…』なんたらかんたらの二夜(堀北真希ちゃん主演)を
見る予定だよ。
映ってるかどうかも知らないけど、『カスタムメイド10.30』の
ナビDVDまで借りてきちゃったよ。

……なんか注射打ったほうがいいだろかね。←たぶん。

夏公開のDMC(デトロイト・メタル・シティ)も、マツウザーさん(松ケンの
クラウザーさん)見たさで行こうと思ってるけど、DMC関連が載ってる雑誌とか、
コミックスとか、そういうのは買うのがコワイ(苦笑)。
どう考えても自分の好みとはかけ離れてるというか、見たらきっと「怖い」と
思うマンガの部類だと直感しとりまして。(小生、マンガのジャンルや絵柄の
好みが激しくて、受け付けないものは嫌いというより怖くなるんすよ…。)
さてどうしたものかお悩み中。
しっかし、原作のクラウザーさんの絵はけっこう目にするから知ってるけど、
正面向きで叫んでるような形相のクラウザーさん…を再現したマツウザーさんが
おみごとでしたな。でも、正面向きはマンガと瓜二つだけどね、斜め角度や横顔は
松ケン本来の端正な輪郭や鼻の形がリアルに出ちゃうから、あのメイクでも
えらいカッコイイ(←本気で言ってる)。それと眼力。
彼は目が大きいワケではないのに、えらく眼力を出せる人なんですな。

…だから、DMC新刊についてる帯(だけ)欲しいんですが。
コミックスやヤングアニマル買う勇気がないんす。←何を怯えとるんだ。
でもあの帯は欲しい。←ワガママやな。
…映画公開されるまでにDMCの免疫をつけておくかな。

…ったら、ネットで1話分を試し読みできたんで読んでみた。
…やっぱり絵はちょっと苦手。歌詞にピー語がいっぱい……。
…でも……ワロタ。
思ったより……読める………かも?かな?……かなあ…。
(でも家にこのマンガを置いておくのにはかなりの勇気が……)
コミックレンタルできたら、借りて読もうかな……。

誰かDMCの5巻に付いてる帯、くれ。←まだ言ってる。

/MARU

「書」から、読む。@スマスマ

中居さんは不思議だ。
「間」という字を、書道というよりアートな感覚で書いた…
ってことまではいいのだが、小生が注目したのはあの筆の線だ。
迷いのない、でも繊細で綺麗な筆払い。
掠れ具合が絶妙。
書道ではないけど、あの筆の使い方は秀逸だと思う。なんであんな
無駄のない、それもどこか女性的な優しい線を書けるのだ。
彼の才能というのは、かなり気まぐれに彼の頭上に降臨するらしい。
一番型にハマってるようでハマってない、不思議な人だ。

一方、木村さんは男らしく太く大胆に、且つとても安定感のある「拓」を
書いていた。紙めいっぱいに、スペースを余すことなく使っているのだが、
はみ出ることはやらない。あれだけ大胆に見せながら、拓の一画めを
短めに収めてしまったところに、彼のちょっとした臆病さが垣間見れて
可愛さを感じるのだ。
字の収まりの良さから、紙全体の大きさというものをしっかり把握して
計算出来る人というのが垣間見える。常に全体を見渡せる、視野が広い
という証拠だろう。

吾郎さんはゆるやかである。最後の6画めもゆるやかに、なんだか楽しげに
フィニッシュしている。習字としては完全に先生から赤筆で直されるところで
ある。こだわりがなくて「こんな感じ?」っていっちゃう、ゆるゆるなのである。
でもなんて優しい「光」なんだろう(笑)。
そして一画目、きちんと止めるはずのところをサッと払ってしまってるのが、
彼が意外と「ま、いっか」的な大らかな部分が出ているように思える。
線は実に誠実な感じで書かれてるから、あれで部分的にしっかり止めたり
曲げたり(笑)してたら、二重丸がついたかもしれないのに、どこか
ツッコミ入れられやすい部分があるのが、彼のおちゃめで可愛いところ
なのかもしれない。

つよっさんの「剛」は、よく見たらちゃんと「剛」と書いているのに、
なぜかその字に見えない感じがする。
前に突っ走ることは(どう掠れようと)平気なのに、どこか遠慮があるように
見える彼の字。時々すごく綺麗な字を書くのだが、それはその時の偶然の
産物で、次書くと小学生の字に見えたりするという、筆跡に特徴が
あるものの、書く度にどこか定まってない印象を受ける面白さをもつ人である。
思い切りがいいけど縦横を含め全体のバランスを見るのは苦手のようだ。
もう一度「剛」を書かせたら、また印象の違うものが生まれたろうなと
思う。それもまた「剛」っぽくない「剛」かもしれない。
どんな「剛」が生まれるかなんて、本人さえもわからない。
中居さんと違う意味で不思議な人である。

慎吾くんはハナっから「書道」をする気はない。
筆を使って、文字を使って、感性を表現する作業をやるという認識の上で
書いている気がする。絵を描く感覚と同じなのだ。
よって、字はこうでなくてはいけないという枠が最初からない。
枠がない書き方をするというのが、彼の枠なのだ。
そういうところが自由きままで格好いいのだが、文字を書くからには
最低それが「動」なんだとわかったほうがいい。
ちょっと読みづらいところに、彼の意地悪さ(笑)が出ていると思う。
後で説明することによって「あああ~…」と感心されたいような、
言い方は悪いが「ひねくれた一面」が顔を覗かせているような気がする。
だがそれは悪意というよりも無邪気な悪戯としてつい許してしまいたい
気持ちにさせられるのは、全体からかもし出される愛嬌からかもしれない。
彼から生み出されるものには、ちょっとした捻くれと、口元が緩むような
愛嬌が存分に塗されている。この愛嬌にはどうしても太刀打ちできない。
それが彼の計算が生むモノなのか、天性のものなのか……。
まだまだ読めない人である。
ただ、「表現する」センスというのは、天性以外何ものでもないのは
確かなことである。

/MARU

Page Top

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。