1. Top » 
  2. 2008年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

見たくても見れないスマって。

なんだっけ、感謝祭だっけ。
………長すぎるわい!付き合いきれんわい!
ってなことで、つよっさんスマン。長時間拘束されてるつよっさんを
1分ぐらいしか見なかったよ。
(って、録画はしてるけど。どう編集せいっちゅうんだ、これ。)

土曜の王様のブランチで「猟奇的な彼女」第1話の試写会の募集をやってたね。
予告見ると、麗奈ちゃんが容赦なくて素敵だったな(笑)。
あ、これ、けっこう楽しみかも。

で。で。で。
二時間地区の、「とくばん」という名の「とくばん」を見ることが
できましたよ。これが本物のとくばんっちゅ~「とくばん」を。
ありがたいことです。
でも、見て泣きそうになりましたわよ(中身が良すぎて)。
やっぱり倍も放送時間が違うのはこんなに差があるんだと痛感。
2時間で半分以上がスマなんだな………。
こ~~~~~~んな地域で中身の差がある番組なんてさ。
地元局の都合なんだろうけどさ。2時間は2時間で流してもらえないものかな…。
時々しか5人で出ないのに、その時々が見れないのはやっぱ辛いよね。
どの地方に居ようが、スマ好きはスマ好きなんだよ~~~~い。
(そしてまた、「こんな多チャンネル時代に見たい番組がいまだ
見れないなんてさ」なんて、ブログ的ループな愚痴に突入していくのだった。)

とくばん見てて思い出したんだけど。
小生、『ジュブナイル』の時の香取慎吾が大っっっっっ好きなんだよね。
なんでか。
ついでに。
ロンブー出た時のスマステをやっと見た。
かっ、髪がホワホワしてて、かっ、かわええ…………。←ただそれに見とれてた人。

黒バラは…いろんな意味ですげ~な。
楽しくてしかたないだろ、マサヒロ。
(それを見てほくそ笑むヤツがココにいるんだが。)

春の特番続きで、いつ何があってんだかてんでわかんねぇや。
キムラちゃんは元気でしょうか。
選挙活動のときのロゴマークというかキャラクターは…いかがなものかと。
(狙いでしょうが、おせじにも似てねえよ…。)
ワッツ、2週聴けてねえや……。
2週聴かないと、この方の場合は音信不通になった気になってしまいますな。
ははは。

/MARU
スポンサーサイト

今さら、『NANA』。

昨日、ビュッフェのランチをたらふく食べた帰り、同じビルに入ってる
紀伊国屋書店の松ケン特設コーナーへGO!
前の週まで(たぶん)何冊もあった、日本映画Naviや1st写真集やその他
松ケン絡みの映画専門雑誌がものの見事に無くなってて、かなり
寂しい状態になっていた。
…やっぱり今、旬な人なんだなと実感。←自分も「旬」を手伝ってる一人だぜ(笑)。
買い損ねてた「野生時代(先月号)」の状態のいいのが1冊あったんで
それと、すごく気に入ってたんで予備にもう一冊欲しいなと思ってた
L表紙の「H」を戦利品として購入。

新星堂を覗いたところ、DVD半額ワゴンセールのコーナーで
『NANA』のスペシャルエディションをめっけ。
先日から買おうか否か迷ってた某ショップの中古の値段より
安いときたもんだ。これはもう買えってことだなと勝手な
解釈により即購入。
NANAって、もう3年前になるのか~~~(2005年作品)、
まともに見るのはこれが初めてだな~などと思いつつ鑑賞。
(ちなみに原作のマンガは知りまへん。アニメは2~3回ぐらい
偶然遭遇して見たりしとりますが。)
いやあ、なんだ、けっこう面白かったっすよ。
ちょっと食わず嫌いを治された感じがしたよ。
まったくタイプの違う二人の主役・NANA(中島美嘉&宮崎あおい)の
魅力でグイグイ引っ張ってった映画ですな。
飽きずに最後まで見れたよ。やっぱりヒットしただけあるな。
まあ、ストーリーは完結してはおりませんがね、ひとくくりなエピソード
としてはタイミング良く終わってるけど、起承転結で考えると、
結末は無い。
この続きということでそのまま2を見ていいのかな。でも2はキャストが
一部変更になってしまってるのがなんだか残念に思う(その変更した
役者さんがどうとかではないが…見てないし)。特に宮崎あおいちゃんが
2に出てないというのは、彼女の「ハチ」が確立していただけに、
かなり致命的ではなかっただろうか。
面白かったと言いつつも、2は今のところ見る予定はない。
だって、完全に松山ケンイチ目当てで買っちゃった、見ちゃったDVDだから!
ということで、以下、完全に一人の出演者に偏った感想っす。
なので内容がどうとか、脚本が演出がなんて、殆ど何も書いとりませ~~ん。
(「映画の感想」ではないのさ、だからして。)

» 続きを読む

スマというよりも。

「とくばん」という名の「うたばん」地区ですが。
自分にとっては神!的なことが起こってしまったよ。
なんだよ、悟空に大山ドラに南ちゃんなんて。なんだよ、アレ。
3キャラが会話してるって、どうよ。

うたばんよ。
(そこだけ)ありがとう~~~~~~~。

小生もこれで3ヶ月は元気でいられる~~~~~~!!!!!
(てか、いろんな意味でいま精神的にはかなり元気なんだが。笑)

二時間地区の二時間の内容に関してはもう何も言うまい。
放送しない地元局が悪いんだからしょうがねえや………。

あ、「そのまま」の歌セット良かったよね!
歌にとっても合ってたよね!

で、裏であってたサッカー中継でポカリの60秒が流れたね!
無事捕獲できたよベイベー!

そういえばウチに、ポカリスロットやってた頃の
イオンウォーターがまだ残ってるよ!
いつ飲むんだいって感じで!1本!

小生にとっては、高校球児の甲子園の砂のようなものさ!フッ。
(意味不明。)

an・an慎吾をケータイサイズの画像にしてみた。
おお、いいじゃんいいじゃん。
他のメンバーのも作って、ケータイ内にギャラリー作ろうっと。
ということで、小生のケータイにはスマと松Lが混在。

この上ないパラダイスである(笑)。

そうそう、小生のようにスマ好きで松L好きさんが、
小生が知るうちでは……3名(も)いらっしゃいますの。
なんだかとっても嬉しいっす。


/MARU

いろいろ、見てます。

なんとなくファンにはたまらん!的な噂が耳に入っていた、
「その5分前」という5分間のショートドラマがありまして。
(NHK 06年12月 放送)
第一話めの「或る夜の出来事」に松ケンくんが出演しているのだけど、
昨日見る機会があって見たら。ら。ら!
いやいやいやいやいやいやいや。い~~~やいやいやいやいや。
あっはっはっは、あっはっはっはっは。
レンタルビデオ屋さん(それもVHSよ)を舞台にした松ケンくんと
原田知世さんの2人芝居なんだけど、女性向けマンガのようなその
設定がなんともくすぐったく、むふ~~~~っとなる5分間なのだ。
正直言うが、ほんっとにほんっとにほんっとに、バイトの店員役の
松山ケンイチがめちゃくちゃカワイイ。カワイイったら、カワイイ。
同じ年にL演った人とは思えない。
そしてこの設定は、いまだに若い頃と変わらず透明感のある女優さんの
原田知世ちゃん(あえて「ちゃん」と言いたい)だからして成り立つ
小さなほんのりと甘い世界なのである。
ビデオやDVD化されてないものだと思うので見てとは無責任に
言えないけど、松ケンくんに興味あれば、そして見る機会が
あったら是非見てほしい(見たほうがいい)ショートドラマだと
思いやす。

しっかし、原田さんといい、人セクの永作さんといい、
彼の相手はグッと年上でありながらとてもナチュラルでキュートな女性か、
……女子中学生なんだな(←後者はNot 恋人だけど。)笑。

この前の土日に、松ケンくん出演の映画作品をいろいろ見てみやした。
見た作品は以下の通り。

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』『親指さがし』『渋谷怪談2』
『ユメ十夜(第十夜のみ)』『神童』『リンダリンダリンダ』
『カスタムメイド10.30』

感想はぼちぼち書いていこうかなと思いやすが、どれもね、たぶん
松山ケンイチという役者さんに興味をもたなかったら一生見てない
かもしれない作品(笑)。
というか、つい1ヶ月前までは見るなんて思ってもなかった作品ばかり也。
誰かに興味を持つことで、またいろんなところに視野が広がってくのも
楽しいことではありますが、こんなに一気に映画鑑賞して平気な
自分にも感心(笑)。
しっかしなんでこんなにスット~~~ンとハマってるんだろ、自分(笑)。
たぶん、役者のタイプとしてすごく面白味を感じてるんだろうな。

ロボやってたときのインタビューとか見たら、Lやってた人とは
全くもって思えないほど、「ロボ」のキャラのまま受け答えして
雄叫んでいるのがたまらなくツボで。顔つきもまるで違うし、
先日のトークショーで中田監督だったかが「藤井隆に似てると思った」と
コメントされたというのは…納得(笑)。ロボの時は確かにそんな感じだった。
とにかく今は、この若き役者さんの軌跡を拾っていくのが楽しくてならないんだな。

そういえば、スマにハマったのが、上の二人が23才になった頃だった。
そして松ケンくんは今月23才になった。
………年齢の偶然の一致。
ここでハマると、あとが長いということだろかね………。
でもまさか、芸能人にハマるというのは、自分はスマで終わるものだと
思ってたのに。ねえ。(スマにハマったときもありえねえとは思ったが…笑。)
恐るべし、松L効果。
しっかし、松ケンと自分の年齢差を考えると笑っちまいますがね。
ここで語るだけなものなので、それに自分の感性において、良いものは
良いと言いたいだけのことなので、気にせず今後も語っていこうと
思いますわよ。

ええ、良いと思ったものは良いと言いたいのだ。
存在年数がどうであれ。
そんなもの、カンケイナイノダ。

/MARU

英治の涙。

まあるく終わってしまったお花屋さん。
まさか安西センセまでものが汐見家の一つ屋根の下でみんなと一緒に
あっはっは~とやってしまうとは。
それも英治のお誕生日会~~~~~~~!!!!!
あまりにも夢のような終わり方に、半泣き英治と同じ表情になって
しまっとりました。
最後の最後にあの名も無き戦士3号(1号2号はデカイ二人)が
現れるとは!
なんだよ!これじゃあ、なんだこの終わり方は!って怒れない
じゃないか!(怒る構えで見てたらあまりにも見事に畳み込んできやがった!
くそう、ノジマめ~~~。←口が悪すぎデス。)
汐見親子が幸せならいいって、まさかの絵に描いたようなハッピーエンドやないか!
この際たかだか1年足らずであんな立派なバラ造園ができるのかってのは
さておき、エンディングのあの雪映像に続きがあったんかい!な
意地悪な演出もさておき、とにもかくにも、汐見親子のイチャイチャぶりが
健在でなによりでしたよ。
めざましに7時台のクランクアップ映像とかもイチャイチャしとったし、
いいともでもイチャイチャしとったし、もう小生は何も言うことが
ありやせん。←イチャイチャ見て癒されるのであった。
美桜ちゃんの憎まれ口も、竹内結子ちゃんだから許しませう。←何様発言。
よかった。よかったよ、よかった。
終わった直後はホケ~~~~~~~となりましたがな。
9話見たときからDVDはもう買わんと思ってたけど、やっぱり買う。
DVD出たら買う。←結局良いお得意さん。

スマスマ。
いきなり♪そのまま だったのが、ドラマからの流れ的によかったな。
田中麗奈ちゃん好き。
でも映画は(あのテの映画には弱いんで)見れまへん。
TOTO…。
洋楽には詳しくないけど、TOTOはスマには難しすぎるのはよ~くわかった。

ここんとこテレビでは特番が続いてて、ここ2週以上TV誌を買ってない
小生は、いつ何があってるのかさっぱりわからなくなっとります。
間違えないのは、明日の「とくばん」は、「とくばん」という名の
「うたばん」だということぐらいさ。フッ。

/MARU

最終回っすね。

今日はとうとうお花屋さんの最終回っすね。
ここ2週、展開にツッコミまくりだったけど(ははは)、
終わるとなると、あの汐見親子に会えなくなると思うと
寂しいものであります。
しかと見届けますぞ、お花屋さん。
(放送時間注意だあね。)

見届けるといえば。
ずっと脱落状態だった佐々木夫妻(でも録画はしてましてん)。
以下、これまた辛口。

*****
最終回はしっかりオンタイムで見やしたが、単刀直入に言えば、
職権乱用で周り巻き込みの犬も食わぬ夫婦喧嘩話を長々
やってしまったって話ですかいな…。
なかなか良い台詞もあるんだけどなあ。それがあの壮絶な
二人の六法バトルにうち消されてしまう小生。見終わって
真っ先に思ったのが、この二人のどちらとも友だちには
なりたくねえ!ってことでありました(苦笑)。←気が休まらなすぎる。
で、最終回のMVPは忍者のような動きをしていた小出くんと、
バク宙着地失敗で吹き出す寸前の表情だったのに見事に
そのままOAされてた山本くんですな(笑)。
とにもかくにも、吾郎さん、お疲れ様でありました。
*****

辛口おわり。

つよっさんの『猟奇的な彼女』は4月20日からだそうで。
これは小生の好みのドラマになるんでしょうかね。
(韓国版は見てないからようわからん。)
もちろん、ちゃんと初回は、見る!

黒バラは今回もファミコン大会。
小生はファミコンは…もうSFCが出始めのころにやっと
「家庭用TVゲーム」なるものをやり出したもんで、
たいしてやってないなあ…。ドラクエかFFぐらいしか。
中古で「うる星やつら」を買ってやったことあるけど、
アクションやシューティング系はダメ。まったくクリアできず。
ひたすらRPGだけやっておりました。
だからドラえもん大山さんの腕には素直に脱帽。
で、ここでもヘタレなマサヒロに乾杯。
完全にマサヒロのオモチャ化しているヨシズミさんにも乾杯。
そして黒バラの、相も変わらぬゆるゆる具合にも大きく乾杯。

あ~、めざましで流れたというお花屋さんクランクアップ映像を
まだ見れてない。
本放送OA前に見たいな。
早く帰らねば。

/MARU

松ケン関連:CS、WOWOW放送予定。

仕事場のごく近所の本屋には、『L FILE No.15』が
フッツ~に数冊は置いてある。←たぶん重刷分。
置いてある場所が地下だからかどうかは知らないが、ここ2週間ほどは
売れたような気配がない。←通って確認すなよ…。
でも、他の5件の本屋さんには重刷分さえも1冊も無い、すなわち
品切れ状態なんだよなあ…。
きっと、ココにあるの、知らない人多いんだろな……。
……あるのにな………。誰か気づけ~~~。

以下はCSかWOWOWで今後放送される松ケンくん関連の映画っす。
自分で見つけた範囲なんで、他にもあったらすんません。
以下のチャンネルが見られる環境で、小生と同じように最近いろいろと
松ケンチェックを始めた方へってことで、一応。
まあ、自分用メモっす(笑)。

【チャンネルNECO】
『カスタムメイド10.30』
2005年 本編:122分
監督:ANIKI 主題歌:奥田民生『Tripper』
出演:木村カエラ 奥田民生 西門えりか 前田綾花 松山ケンイチ 他
3/23 25:20~ 3/27 21:00~
3/29 16:00~
4/12 25:50~ 4/16 13:00~

【ムービープラス】
『リンダ リンダ リンダ』
2005年 本編 :112分
監督:山下敦弘
出演:ペ・ドゥナ 前田亜季 香椎由宇 関根史織
   三村恭代 湯川潮音 山崎優子 甲本雅裕 他
3/23 18:45~

【WOWOW】
『神童』
2007年 本編:121分
監督 : 萩生田宏治
出演:成海璃子 松山ケンイチ 手塚理美 甲本雅裕
   西島秀俊 貫地谷しほり
4/19日 19:50~


/MARU

今後のスマ関連、楽しみだけど…。

書いてなかったけど、ポカリの5人CM、WSで紹介されてるのをしっかり見たよ。
撮影日はたしか寒かったはず。
こういう感じに出来上がったのか~~と感心して見ておりやした。
メイキングがオイシイね。メイキング。
ラグビーボールを受け損ねて顔にヒットさせた吾郎さんがカメラさんに
一言「撮った?」とにこやかに言ってたのが可愛かったなあ…。
やっぱ5人揃うと無条件にワクワクしちゃうね。

え~と、キムラちゃんのドラマはまだ…、ついこのまえ顔合わせしたとか
しないとか。ひぇぇぇぇ。
素人が心配することではないけど、正直「この先やっていけるんやろか!?」
(←注:ちりとてちんではない)と思ってしまいますがな。
チェンジって、いつからスタートなんかいな?
あまりにハードスケだと、またキムラちゃんが肌荒れ起こすぞ~~~~!!!

佐々木夫妻の後に、つよっさんのドラマの予告が流れてましたな。
いい感じだが、どこかこっ恥ずかしい気持ちになるのは何故だろう(笑)。
田中麗奈ちゃん好き。

スマスマも個人的に楽しみな企画があるのを耳にしとります(収録済み)。
小生も高校時代に普通に授業の一環としてやってたものに、スマメンが
挑戦されとります。
内容が解禁になってるか知らないんで、ここでは伏せやすが…。
はよ見たい。
もしかしたらスマ新とかで先に紹介されるかもしれないっす。

/MARU

散財月間。

MATSU-L_01

友のメールに「松ケンで散財してanan買えてない」と返信したら、
「ひぇっ!珍しい」と返された。
自分でも珍しいっす。この12年ちょい、散財の原因といえば
スマだけだったから。

…松ケンがアイドル業やってなくて良かった(笑)。
俳優さんだし、まだ出演作品(DVD)と映画専門誌を買う程度で
済んでるから。
といっても松ケン記事が載ってる本って、大抵が高い。
映画専門誌とかが多いから、800~1000円なんてザラ。
書籍扱いだったりしてバックナンバーが手に入りやすかったり、
紙質やグラビアや取材内容が良いのが多くて嬉しい限りなんだけど、
大人買いするには高すぎるなあ……。
一番気に入ってるのはL表紙の「H」。ニナミカさんが撮った
「L FILE No.15」も最初で最後のお宝L写真集だと思うけど、
どっちかというと「H」のLのグラビアのほうがLらしい気がしている。
ニナミカさんのは…あえて、あえてマイナス面を言えばだけど、Lにしては
色彩が鮮やかすぎるのと、完全に女性向けな可愛い、色気のあるLのみ
しか写してないってことが、ちょっとした不満だったりするから。
小生はパソコンに向かってるLや、無機質な空間でのLも大好きなんすよ。
「L FILE No.15」には鋭い目つきの、頭をいっぱい使ってそうなLは
いなかった。
そこだけちょっと残念。

今日こそはこれ見よう、今日こそは…と思いながら、昨夜はつい
アメトークを見てアニメ主題歌話に大笑いしちゃって、終わったら
もう眠くなったりして…。←ただのお子様状態やんか…。
松ケン出演作品を消化できてまへ~~ん!

今夜こそ、レンタルしている「親指さがし」を!
見て!
さっさと返却するんだ!←なるべく長く置いておきたくないらしい(笑)。

落書きは、初めて描いてみた松山L(原作Lではありまへん)。
ボールペンの線ですわ(コピーの裏紙をメモ用紙にしたやつに
ちょろっと描いてみたもの。)
似てるかどうかはさておき、意外と描きやすい…?
ことに気づいたのだった。

/MARU

順調に?見てってます。

今日は春分の日。
ちょっと風邪気味っす。……って、花粉症デブーじゃないことを祈る。
喉イガイガで鼻が水っ鼻(30分に1回は鼻カミ)。目は別に大丈夫なんだけど……。
どう思います? ←誰に聞いとる。

ローソン限定のLのメイキングDVD(前売りに付いてたやつ)を
今頃になって入手できやした。
映画のメイキングではなくて、写真集『L File No.15』のメイキング
(撮影風景)がメイン。
最後らへんに、『L change the WorLd』の完成記者会見(だっけ)の
報告映像が入った、約20分程度の、メニューもチャプターも
ない、ごくシンプルなDVDでありました。
…が。松山Lが好きなら、『L File No.15』を買ってる人なら、
というか、ワタクシめにとっては、こりゃとんでもないお宝DVD
じゃないか~~~!と、その20分間に釘付けになって見ておりました。

撮影に入る前や合間にニナミカさんと話したりしている時は、どんなに
Lのカッコしてても明らかにそこにいるのは「松山ケンイチ」なのに、
いざ撮影に入ると途端に「松山ケンイチ」が消え、そこに「L」がいる。
それも、撮影が進むにつれて今まで見たこともないような、実写Lでしか
見られないような、なんとも言えない不思議な色気のある、いつまでも
眺めていたいような表情をする。
Lでいる彼は、何故がとても印象が中性的になるんだなあ…。
が、撮影が終わった瞬間、そこには「松山ケンイチ」がいて、ニコニコ
してスタッフと「お疲れ様でした」な拍手をしているんですよねえ。
とにかく不思議で不思議で。短いメイキングだけどそういうところが
面白くて、ついリピートしてしまう。
遊園地や街を徘徊するLってのもなんか物珍しくて楽しい衝撃でしたよ(笑)。
写真よりやっぱり動く映像のほうが不思議度が増すなあ、このキャラは。
甘いモノを手にすると撮影の合間でもずっとLになっちゃってるんだなとか、
スワンに乗ってるLの映像のBGMが「白鳥の湖」だったりとか、
個人的ツボも多しで、かなり満足なDVDでありました。
最後に入ってた記者会見でも、控え室かどっかでナンちゃんから
「椿三十郎のメイキングを見たよ。また全然雰囲気が違うね。(←正確では
ありません)」と言われ、あっそうですか?とにこやかに答えてた
無精ヒゲ生やした松ケンくん。…いい笑顔するなあ、この人。
そこには全くLの面影はなく、下北イントネーションの俳優・
松山ケンイチが存在していたのでありました。

いやあ、見れてよかったこのDVD。
ニナミカさんも松Lを撮影できてとても楽しそうだったし(そうか、やっぱり
生松Lは可愛かったか!笑)、これを見て写真集を見直すとまたいろんな
発見ができたりと、ますます松山Lの世界に(しばらくは)ハマって
そうな気がします。

昨日、『蒼き狼』のナビゲートDVDがあることを知って、ネットで
注文入れました。
どこかのブログさんで、松ケン参加の座談会が収録されていることを
知ったからです。これは見たい。
本編は、いろいろ特典がついてる豪華版を中古で買ってるのだけど、
まだメイキングしか見れてないんすよ。←とにかくメイキング見るのが好き。
この映画、公開時は宣伝も凄かったし印象に残ってるけど、公開後は
あまり…どうだったかなんて耳にしなかったな~…と…。
興行的には良くなかったんでしょうかね。
ヤフーででも調べてみるかな。
小生も映画自体へ興味は正直言って薄い(笑)。松ケン見たさだけっす、
見ようと思うのは。←きっぱり。
本編見たら感想書きやす。←他にもまだ見るものあるから…いつになるやら。

やっと『親指さがし』のDVDがあったからレンタルしてきやした。
数本あるのに、全部ずっとレンタル中だったんすよ。
そっか、これ三宅健くんが主役なんだ。
さっさと見て返却しよっと。

/MARU

遅ればせながら、月曜スマ&チラッと貝。

スマスマ。
楽しかったな、EXILE。
男が来てスマのテンション上がるのって、そう多いことではないし。
男っていいよね、つよっさん(笑)。←誤解を招く言い方にワロタ。
シノブさんのレトロなボキャブラリーは、小生でもついていけんぞ(笑)。
(前回の「ちょっとタンマ」が激ツボだったけど。)
なんとなくこっぱずかしくなるのは何故(笑)。
エドなんとかさんのパロディーは、御本人さんが苦手なもので
ノーコメント。(あの手のお笑いはどこを笑っていいのかがわからない…。)
『そのまま』。
相変わらず素敵な旅人中居さん。
慎吾くんは、あの胸元は、誘っとるんか?誘っとるのか!?
キムラちゃんの髪がビューティフルライフになっとる。

前後してお花屋さん。(やっぱり辛口。)
結局、英治は子供の頃から「俺はいいんだ」な子だった。
英治は英治、裏は無し。←ちょっと期待しすぎたなあ、これは。
というか、英治の裏面を担当してしまってたのがシュン(漢字失念)だったのかも。
彼がいたから英治は裏面を持たずに済んでたのかも。
しっかし、マスターのいうとおり、お人好しもここまでくるともう
病気だあね。お金を取り戻してくれたマスターの苦労はどうでも
いいのか。このあたりの英治の優しさは、ある意味偉いけど個人的には
好きではない。
(マスター、もはやただのご近所で仲の良い喫茶店の店主ではない存在に…。)
美桜ちゃんも、あれをツンデレと言っていいのかどうかしらんけど、
結局本当の理由は言わずに英治の前を去った割にはすぐ「助けて」
コールとは。ちょっとなあ……途中までは共感できるところがあったのに
先週から彼女についていけなくなっとります。
だって、明らかに安西センセ、執刀するのは無理だったでしょ。
明らかに。なんでするかな~~~!!!この場合は、冷血シュンが何言おうと
目の前の命を優先でしょ。安西センセも美桜ちゃんも、その場の感情に
流されすぎだよ。先ずはあしたのジョー 美桜パパを
救わないとでしょ!そうでしょ!!←歯痒い。
でだ。最初の数分を見てないから変なこと言ってたら申し訳ないが、
なぜ小野先生とシュンが話してたんだ?
なんでシュンがあんあベラベラ過去を話してるんだ?あの性格で
ここ最近出会った人によ?あんなに自分の生い立ちを話すもんかいな。
小野センセもちょっと関わり過ぎっすよ。←釈ちゃん好きだからいいけどさ。
菱田さんはキーパーソンというか、もはやミュージカルの「歌」的存在。
悪く言うと強引な繋ぎ役。
てな具合で、唯一安心できるのは雫ちゃんの存在のみ。
最終回では違う意味で泣いているかもしれない……。

さらに前後して「がんばった大賞」。
…あってるの忘れてた……(涙)。後半1時間だけ見ましたよ。
ポンちゃん(注:草なぎ剛のこと。最近隠れてそう呼んでいるのだった)は
相変わらずポンちゃんで。ゲストがすべてポンちゃんのフォローに
まわってるのが、もはや恒例になってしまった(笑)。
お花屋さん業が忙しい慎吾くんを見れてよかった。
あれが前半だったら暴れてたよ。←なんだかんだ言って英治萌えする人。

昨日鑑定団を見てたら。
石坂さんから映画の話が(中居さんの名前も)ちょろっと出ました。
石坂さんも(貝の撮影の為に)一日一食生活だそうだ。
当時は食糧事情が良くなかったから(そのために食生活を
制限してる)…と…。まさに、役者魂である。
この映画に精魂込めてるのは、何も監督や中居さんだけではないのだ。
戦争映画はどうしても見るのが辛くて敬遠してたけど、この
映画だけはちゃんと見なきゃ、とその言葉を聞いて、さらに決心した瞬間だった。

/MARU

映画館でのマナー。

映画館内のマナーを考えようよ。

場内に入ったら、もうケータイ使うのやめようよ。

しょっちゅう見てないと死ぬってぐらいなら、映画を集中して
観る気がないってことだから、映画館じゃなくてお部屋で
DVD鑑賞にしようよ。

見てる間ぐらい、しっかり電源を切っておこうよ。

わかんないだろうと思ってか、ケータイ覗いてる人が必ず3~4人は
いるんだけど、ケータイの明かりは隠してても絶対わかるから。
遠くからでもすぐわかるから。かなり目立ってイライラするから。
バイブの音だって、もの凄く聞こえるから。

映画はスタッフロールが出てきた時点で終わりではない。
全部映写が終了して、場内が明るくなってやっと「終了」なんだよ。

本編が終わった瞬間からベラベラ喋り出すのはやめてくれ。
出てからいくらでも喋れ。

スタッフロール中に、さて帰ろ…とばかり、立ち上がってのんびり
上着を着たりするのはやめてほしい。まだ見てる人もいるんだよ。
邪魔でしょうがない。

どうしてもさっさ帰りたいなら、無言で速やかに退場してくれ。
出てから上着着てくれ。

日曜の映画館はマナーが悪すぎた。最悪だった。
最後の曲で余韻に浸りたかったのに。
スタッフロールのあとにもうワンシーンあるのに。
せっかくの映画が台無しだったよ。

最後まで気持ちよく映画鑑賞したい。
人に迷惑をかけないって気持ちだけで随分変わると思うのだが、
そう言う人たちには全く自覚も悪気もないのだろう。
……困ったものだ。

僕音見て。

「そのまま」の歌衣裳はどうやって決めたんすか、ナカイちゃん。
コーディネイトは松本零士氏ですか?ナカイちゃん。
いつ銀河鉄道で旅立つんですか、ナカイちゃん。
……最近のお気に入りです。

局が違うのにトークは吾郎さんと小雪さん@僕音。
話題は合いそうだね、確かに。
でもドラマは脱落してしまった小生。
二人の離婚騒動はもうすこしコメディータッチで表現するのかと
思ってたら、ちょっと違うんだもん。見てて痛快さがあったのは
最初の2話まで。それ以降は「う~ん…」な感じで、見ていても
なんかイライラしちゃって、ついて行けなくなった。
まあ好みの問題だからしょうがないっす。
役者さんがどうとかって気持ちはないもん。
作品として「これは好みではなかった」ってことで。

んでやっぱりカップリング曲は可愛い@僕音。
振りも歌い方も可愛い。むふってなる。
(中居さんの、カラー軍手?軍手だよな?あの形。)
……画面いっぱいのスタッフロールが流れ始めて倒れたけど。
きっ、貴重な映像なのに…なのに~~~~!
そうだった。僕音って、そんなんやった………(泣)。

「そのまま」は、♪き~み~からもらった…のところが
か~~~~なり好きっす。
そうか、雪と勇気をかけてたのね。素敵やん。

/MARU

レンタルオンリー@デスノート

DNprfL

今頃になって、「そういえば、セル版とは別に、レンタル専用で
デスノートのナビゲートDVDが出てたよなあ…」というのを思い出し、
近くのレンタル店に行ってみたけど既に無し。
一度一枚借りてみたことあるんだけど、サラッと見ただけだったんで
あまり記憶になくて、そうなるとまた見てみたくなるってもんで。

近くにないならネットのレンタルを利用できないかと
調べたところ……あったあった、シメシメ。
…ってことで、前編&後編のナビDVDを2枚レンタルいたしましたのよ。

出演者の一人にハマってしまうと、こういうDVDに神を感じるように
なるんですな。インタビューも、スタンバイしてる場面も
以前とは打って変わってヨダレもので見てしまいましたよ。ほほほ。

特に、後編・the Last nameのナビDVDにあたる「profile report from L」
なんて(これは初見)。Lがナビゲートしてるんすよ!正味時間が短いと
おもいきや、マルチアングルや隠し映像がいろいろで、Lがいっぱいなんすよ!
メニュー画面も、あちこちアイコンを押しまくってるとLが
いちいちスイーツの名前を言って反応してくれるんすよ。
画面に(隠し)コマンドが出るとLが「ぴんぽーん」って言ってくれるんすよ!
無視してコマンド押さずに本編ばっかみてると、「…バーカ!」って
言われちまうんですよ!(喜)
……楽しすぎます。
映像も「うおっ!!!」ってのもあって(すなわち萌えどころね)、
松L好きなら見ておかなきゃいけないナビDVDになってましたよ。
…よかった。こういうDVDあったの思い出して。
まだ貸してくれるとこがあって。

小生のようにまだ見てないという方、オススメっすよ。
今ならまだレンタルできるところがある!
立ち上がるなら今だ!←何を煽っとるんだ…。

昨日は「神童」のメイキングを見ました。
ピアノを弾くシーンを練習&撮影しているところ、良かったなあ……。
この作品はそう内容に起伏のない感じっぽいけど、好きかもしれない。
本編がまだ見れてないんで、近いうちに気合い入れて見ますわ。

近所のレンタル屋さんに、松ケン出演作品の特設コーナーが
設けられとりました(小栗くんとかも)。
やっぱり人気あるんだなあ………と、殆ど空になってる
DVDケースを眺めながらなんとも言えない気持ちでいましたよ。

……やっぱLで転んだ人、多いね。ははははは、ははははは。
例に漏れてない人がココにおりますけん。
それも、もうLにとどまってないという…。
やっぱり御本人にそんだけの魅力が(ものすごく)あるんだな。
小生のツボとなる魅力が詰まった人なんだな、きっと。

さて、「ユメ十夜」はいつレンタルできるんだか。


/MARU

8話までは○。

さてさて、今日は撮って出し!な「うたばん」っす。
キムラちゃんの髪に注目っすね。

遅い感想だけど、お花屋さん。(注:辛口。)
あれれれれ~~~、もう9話なのに思った以上に話が掘り下がって
いかないのは何故。
英治には結局、小生がドラマチックな期待をしていた「裏英治」は
存在しなかったってことか。英治は英治のままだったのか。
美桜ちゃんの言動も今回はちょっとな~(共感できね~)…だったし、
全員言葉足らずというか、煮え切らない連中でちょっとイライラ。
小野先生ぐらいだよね、ハキハキモノを言えてるのって。
小野先生といえば。
小学校の先生と学生探偵の二人で(案外すんなり)るりちゃんの過去を
調べられるんだったら、安西センセもできたんじゃね?
人違い復讐しないで済んだんじゃね?
んでマスターの過去。そんなご都合主義な(笑)。
お金まですんなり戻っちゃって、そしたら直哉は結局ど~なんのさ。
というか、直哉と安西センセってなにきっかけで知り合ったんだっけ?
あと2話で納得の終わり方、できるんか?
気になるからちゃんと最後まで見るけど、この9話は見てて
イラっとしとりました。…汐見親子の、砂利チキンを仲良く食べてるシーンは
素敵やったけど。そこだけは素敵やったけど。
ってか、そこだけ1時間見ててもいいけど!

スマスマ。
カップリング曲かわええ………。振りかわええ。スマかわええ…。

/MARU
  • Genre:

松ケン探し。

カテゴリ、やっぱスマと切り離して作りましたよ。
なんだか松山ケンイチくんに関しては一過性のものではない気がして
きたんで。
脳内で、スマ部屋の隣にかなりひさしぶりに部屋が新築されて、
そこに松ケンくんが入ってきた感じ。完全別室(笑)。
スマは自分の中では永遠のスタンダードであるから不動の位置に
居てくれる存在。
松ケンは、若い役者さんの中で飛びん抜けて興味津々な対象になって
しまった。

» 続きを読む

  • Genre:

どんどん、深み。

小生のように、L(デスノート)再燃、または今になって松Lに
ハマった方向けな情報から。←別にレアでもなんでもない。

ドガッチの『L change the WorLd』の特集ページに、
3/31までの期間限定のコンテンツ有り。
(Lが日テレ系の全放送局をジャックした
3~4秒CMを全部見られるようになってる。コレ楽しい。)

ほんでこちら第2日テレでも期間限定(4/11まで)、デスノート本編の
登場キャラで、夜神総一郎の部下・松田のスピンオフムービー
見れやす。
(注:『L change the WorLd』でカットされたシーンに
新撮分を追加して作られたものなので、デスノート本編を見た後で
松田スピンオフを見たほうが繋がりがわかってイイっすよ。
もちろんLも登場しやす。)

『L change the WorLd』公式サイト松ケン公式サイトにも
いろいろ楽しめるコンテンツあり。

カテゴリに「マイブーム」とか作ろうかな。
……さすがに「松ケン」とは作りにくいし(笑)。

» 続きを読む

ほんわか。

いや~、よかったっすね!Mステ!
よかったっすね!『そのまま』。

中居さんが今にも999に乗り込みそうなカッコしてらしたのが
気になったけど。(旅人にしちゃ少し派手ではあったが。)
慎吾くんがお花屋さんモードのままだった。っつ~か、なんかやけに
細かったな。長時間のドラマ撮影で萎んでるんか?(EDの
ヘン顔慎吾に和んだ小生。)
ああ、なんかほんわかいい曲だよなあ、そのままって。
歌にスマのなんともいえない良い表情が乗って、心を和ませてくれるんだもん。
最後の吾郎さんのソロなんかさ。目を瞑った表情が好き~。

僕音はスマ出演は来週に変更になってたんすね。
予告でカップリング曲歌ってるスマがチラっと流れたけど、
白スマが踊っとる、踊っとる。いやあ、楽しみ。

『HERO』DVD。
ネットで予約入れてたんで、家(うち)に届くのは明日。
ちょうど休みだし、ゆっくりと……特典ディスクを見る予定。

……頭の中で久利生とLが対立しそうだ(笑)。

/MARU

そのまま、引き出し。

昨日、某電器屋さんからケータイに電話がかかってきた。
「4日の日に、SMAPのCDを購入されましたよね?」
なんだか慌てた様子。
確かにその日は『そのまま』をフラゲしたのだけど、なんで
電話番号がわかったんだ?……ああ、ポイントもらうのに
カードを提示したから、履歴が残ってたのか…と、自己解決。
「はい」と返事したら、「実は、特典のシールが付くのですが、
メーカーの通達が遅かったこともあって、渡しそびれてしまいまして…」
まあ、なんともすまなそうにおっしゃるではないかいな。
………ああ、知ってはいたけど、店員に尋ねたりはしなかったもんな、
小生も。

だって、べつにいらんしーーーーーーーー。←堂々本音。

と思いながらも、ご丁寧に電話までかけてきてくれた店員さんへ
敬意を表し、今日しっかりいただきに行って参りやした。

なんとも、昔こういうシールを集めてたなあ……なんて懐かしく
思うような素敵シールでしたな。
小生、貧乏性なんでこういうシールは使いきれないんだよな。
勿体なくて。
けっきょくそのまま引き出しの中。

そのまま…『そのまま』。あ、オチた。←つまらん!つまらんぞ!


そういや今夜のMステはスマさん出るんだわ。
大丈夫か?生『そのまま』
手に汗握る、生『そのまま』
雰囲気は優しい曲なのに、顔こわばって歌う5人とか。
音をさぐりさぐり、小声で歌う(マイクの音量MAXの)スマとか。
歌に陶酔してるのか、踊らないからヒマで不機嫌…なのかわからない
リーダーの表情とか。とか。想像するだけで面白い。←悪魔。


そうそう、お花屋さん。

薔薇ってそっちの薔薇だったのか~~~!
って、バカな脳内遊びをしてしまった8話ラスト(笑)。
(玉鉄でけ~な。「お花屋さんのほうがちょっと背が低い萌え」な自分て…。)
野島氏にしてやられたり。この場に及んで先が見えにくくなるとは。
とにかく汐見親子が幸せな道を辿っていけるような展開を切に望む。
頼んだよ、菱田さん!←なぜ。

/MARU

松ケンに注目するのだ。

ん~ふっふ~~、ん~ふっふ~~。
手に入ったよん、『L File No.5』。
っつ~か、重刷されてんじゃ~~~ん。
本屋に並ぶよ、また。
買えてない方、初版にこだわらなきゃ買えるよたぶん。
初版でなくても帯は付いてるんで安心だねっ。
しっかし……。
『L File No.5』って、完全に同人誌のノリじゃないか。
本物使って豪華な同人誌作っちゃったって感じじゃないか。
L好きな女子向けだよ。松L萌えな女子向けだよ。
……………ふふふふふふふふ~。
楽しすぎる。どうしよう、ものすごく楽しい(笑)。

元々人気キャラだった二次元のLを松山ケンイチが
こりゃまた見事なほどに三次元化して、それがまた
とてもとても魅力的だったために、とうとうスピンオフやら、
Lプロジェクトとか言ってこういうビジュアル本を
出すほど、キャラが一人歩きしちゃって極めちゃった感が
ある松L。
原作者にさえも「Lを殺さなきゃよかった」と言わしめた
三次元L。
今年こうしてまた松Lと再会できたことは本当に嬉しい。
そしてデスノート公開時以上に、今、その松Lにスコーンと
ハマった小生は、同時に今後も憑依型の俳優・松山ケンイチと
いう存在にもおおいに注目していこうと思ったのである。
彼の独特の雰囲気がかなり好きだ。役と本人とのギャップも
また楽しい。そして口の形や長い手足、指の形、声、目ヂカラ、
全てがどこかマンガチックでどこか色気があって、大人のようで
子供のようで、なんかつかみどころがないのに孤高な頑固さを感じ、
どこか素っ惚けてておちゃめなところもあることを可愛く
感じる。なんともおもちゃ箱みたいな面白さがある人だ。

これから過去の出演作品など、少しずつ見ていこうと思ってる。
(セクシーボイスアンドロボも全話見きれてないから
見たいしなあ。)
いやあ、楽しみが増えた。

来年は『カムイ外伝』に主演なんて素晴らしすぎる。
(今年公開のマンガ原作のヘビメタもの?は、原作知らんから
ようわからんけど…。)
なんかどんどん自分にストライクを投げて来られてるような気がして、
こういう気分は久しぶりで、とてもワクワクしている小生なんだな。

今まで触れたい気がしてたのになんとなく躊躇していて、
でもデスノートの舞台挨拶の模様とかは録画してたり、
先日偶然見れたおしゃれイズムも録画ボタンポチッとな
しちゃったりな自分は、SMAPにハマり始めた頃と同じこと
やってて、なんだか可笑しい、くすぐったい気分である。
ふふふふふふ~♪

/MARU

『クロサギ』公開直前試写会。

昨日『クロサギ』の試写会に行って来ましたん。

以下、簡単な感想でありますが、小生ドラマも原作も知らない
全くの「ビジター」であるが故の辛口めな感想になっとります。
なので、もともとドラマが好きだった方、主役ファンの方は
読まないほうがよろしいかと思います。
(あくまでも個人的感想なんで、文句は一切受付ませんのことよ。)


» 続きを読む

注文でけた『L File No.15』。

いやいやいやいや。
昨日、手に入らないとグチってたLのビジュアルブック
『L File No.15』。
3000円近くもする、ちょっと高い『L File No.15』。
某通販サイトでは中古価格が6000円以上になってた『L File No.15』。
昨日の夕方、入荷したらメールで知らせてもらえるようにと、
「品切れ」ではなくて「入荷待ち」扱いになってる
ショッピングサイトに登録してみてたら…。
その日の夜にケータイメールにお知らせが入りましたのよ。
……入荷しましたですと~~~~~!!!!?
ご注文はお早めに、ですと~~~~!!!!?
まさか、その日のうちにそんな知らせが来ちゃうなんて。
なんかスゴクね?スゴクね????なんかスゴ ←落ち着けよ。
慌ててケータイから注文入れましたわよ。
注文することにこんなに興奮して焦ったのは初めてでしたわよ。
ついでに、集英社の通販サイトで小説すばるの1月号
(L change the worldの小説と松Lグラビア&インタビューが
載ってたヤツ)も注文を入れ、一段落した小生であります。
前者も後者も、近所のコンビニ&書店に入荷することに
なってるから送料いらんし、便利な世の中になったもんだなと、
今回は特にありがたみを感じましたわよ。

今朝パソからショッピングサイトを覗いてみたけど、
ビジュアルブックはすでに(また)入荷待ち状態、本の売り上げ
ランキングの1位になってましたよ……。
小生みたいに連絡待ちだった人、多かったんだなあ…。
L人気(カメラマンの蜷川さん人気も?)凄いなあ。

さて、残る問題は映画パンフ。
今日は仕事終わってからユナイテッドシネマに行くつもり。
……入荷してる望みはかなり薄いけど……。

明日は公開直前の『クロサギ』の試写会に行って来やす。

お花屋さん&スマ話はまた別に。

/MARU

「ライラの冒険」「L」「ジャンパー」

ミニブログPIYOにケータイからオンタイムで書き込みしてみたけど、あらためて。

3月1日映画の日に、映画を3本観てきました。
軽く感想でも書いてみようと思います。
ネタバレはしてないつもりだけど、念のため閉じておきますわ~。

» 続きを読む

Page Top

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

MARU

  • Author:MARU
  • 年齢: スマ年長より年寄り
    職業: 多分デザイン関係。
    一言:
    SMAP群れ班っす。
    とにかく5人とも好きなのさ。
    (他ジャニGにはめっぽう疎い)
    松山ケンイチに弱い。
    マイコー(M・ジャクソン)の残してくれたモノを大事にしたい。
    フィギュアスケートのでーさん(高橋大輔選手)に、いろんな意味で魅せられ中。

    このブログは…
    SMAP・松ケン・マイコー・でーさん話や趣味・雑感などなどを好き勝手に書く「小生」なのに「俺様」テイストブログ。ちなみにスマは95年秋ごろからハマリだす。松ケンに関しては08年3月から(デスノ好きだった為、その流れでLcW観て)ハマり、マイコーは09年11月にTII観て改めて凄さを認識(可愛さも)。でーさんはバンクーバーオリンピック&世界選手権の「eye」と「道」の演技で衝撃受けたのがきっかけ。加えて、普段のほにゃんぶりを知って一気にファンに。


    おおまかなタイトル遍歴↓
    『ちゆきまるのスマなみ日記』
        ↓
    『スマなみぶろぐ』
        ↓
     『まるろぐ。』
        ↓
    『スマツなみぶろぐ』
        ↓
    『小生の元気玉。』

    ※2002~2005年の始めらへんまでは、Web日記に書いておりましたので、ぼちぼちとですが、ブログに「過去日記」として再UPしていっております。かなりのスローペースです。
    抜けてる年があるのはそのせいです。はい。
    (↑ちっとも進めてません。すんません。)

    ★ミニブログ『スマなみマルピヨ。』は、現在更新をやめておりますが、過去ログはこちら

    ☆トラックバックは受け付けとりません。
    ☆ランキングにも参加しとりません。
    ☆カウンターもありません。


    UP画像は全て
    無断転載・直リン・無断使用禁止
    …であります。



    【メッセージはこちらへ】
    めーる








    -天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
全記事表示
全タイトルを表示
最新の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。